沖縄-辺野古・高江から-2016年11月1日

 新潟で始まった取り組み。
 「沖縄に米軍基地を集中させている原因は本土の側にある。問題解決のための運動を新潟から始めたい」、と。
 取り組みは、大阪、福岡、新潟と拡大している。
 さて、どうするのか。


 2016年11月1日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-基地引き取り 市民動く 新潟「応答する会」 問題解決へ決意-2016年11月1日 11:10


 琉球新報は、標題について、次のように報じた。


(1)沖縄の米軍基地問題について考える市民団体「沖縄に応答する会@新潟」のメンバーが10月31日、新潟県庁で記者会見した。新潟県立大の福本圭介准教授は「沖縄に米軍基地を集中させている原因は本土の側にある。問題解決のための運動を新潟から始めたい」と語った。団体は、沖縄の米軍基地問題を本土による差別の問題としてとらえ、この差別解消のために「本土への基地引き取り」を訴えるグループとして、新潟県内の大学教員と学生6人が今年2月に結成。設立趣旨を説明するため初めて会見した。同趣旨の団体は福岡、大阪などでも発足している。メンバーの左近幸村・新潟大准教授は「かつて新潟にも米軍がいて、反対運動があった。新潟の歴史を学ぶことで、沖縄の問題への理解を深めていきたい」と強調した。
(2)基地問題を身近に考えるために、かつて米軍に接収されていた新潟空港と、その拡張反対運動の経過を学ぶ集会を6日午後1時半から、新潟市中央区のクロスパルにいがたで開く。参加費500円。問い合わせは福本准教授(電話)080(1094)9474。


(2)琉球新報-「土人」発言 鶴保沖縄担当相、差別の見解示さず-2016年11月1日 07:30


 琉球新報は、「鶴保庸介沖縄担当相は31日、北部訓練場のヘリパッド建設現場での県外機動隊員による『土人』発言について『いかに正当化しようが、発言したことを許されるものではない』とした上で『ただ、本当に差別かどうかということになるといろんな問題が出てくると思う』と差別発言かどうかは判断できないとの見方を改めて示した。同日、視察先の宜野座村内で記者団に答えた。鶴保氏は同日、名護市の沖縄工業高等専門学校、宜野座村の宜野座多目的スポーツ施設などを視察し帰任した。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>上陸訓練用歩行ルート 森林管理署が立木伐採の範囲調査-2016年11月1日 08:22


 沖縄タイムスは、「ヘリパッド工事の年内完了の方針に伴い、防衛局は全長約2キロの歩行ルートを整備する上で、伐採された立木を重機で移動させるなど当初計画を変更した。同ルートは米軍が上陸訓練として使うもので、防衛局は、森林管理署の伐採の同意が得られれば工事に着手する見込み。清水署長は取材に『伐採の範囲や種類、立木の高さなどを調べた』とし、『協議書の内容が適当か判断し、問題がなければ同意する』と話した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-<やんばる国立公園>米軍との文書不開示 文書名・件数も公開せず-2016年11月1日 07:36


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


(1)米軍北部訓練場に隣接する「やんばる国立公園」の世界自然遺産登録を巡り、2013年以降に米軍とやりとりした文書の情報開示請求に対し、環境省が9月9日付で一切の不開示を決定していたことが31日、分かった。文書は非公開を前提に作られたもので、公にすれば他国等との信頼関係が損なわれる恐れがあることが理由。存在を特定した不開示文書名のリストや件数も明らかにしていない。
(2)文書は8月、調査団体「インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)」の河村雅美代表が請求した。同団体は「文書の存在を特定しながら、それを裏付けるものは何も示さず、市民への情報公開の観点から問題」とし、行政不服審査法に基づき環境大臣に審査請求する方針。
(3)同省の担当者は本紙の取材に「(米国との関係上)こういう形で出さざるを得ない。文書名のリストを出せば中身の分かる情報もあり、明確に示すのは難しい。件数は、問い合わせがなかったため出さなかった」とした。
(4)河村代表は「北部訓練場から生じる環境保全問題は県民の懸念事項であるにもかかわらず、このような姿勢で地元に説明責任を果たせるのか。今、情報を出さないということは、今後も出さないことを意味する」と問題視。「開示に消極的な姿勢は、世界自然遺産登録に向けた国立公園化が、高江ヘリパッド建設への地元融和策にすぎない表れではないか」と指摘した。
(5)環境省は9月15日、「琉球・奄美」の世界自然遺産登録に向け、北部訓練場に隣接する沖縄本島北部地域を「やんばる国立公園」に指定した。


(5)琉球新報-高江ヘリパッド 連日、機動隊が排除、ダンプ砂利搬入-2016年11月1日 11:34


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設をめぐり、建設に反対する市民らが1日、東村高江のN1地区ゲート前で抗議行動を展開した。午前10時半ごろから、県道に座り込む市民らを機動隊がごぼう抜きで排除し、道路の両側に囲い込んだ。午前10時45分ごろからダンプカーが砂利をゲートに運び始め、午前11時現在、8台分の砂利が搬入されている。」、と7報じた。


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>抗議市民を排除、車両60台で砂利搬入-
2016年11月1日 14:32


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場でのヘリパッド建設に反対する市民らは1日、N1ゲートなどで抗議活動を展開した。同ゲートでは午前10時半ごろから、工事車両通行のために、機動隊が座り込んでいた市民を強制排除。午後1時半までに、砂利を積んだ車両60台、重機や資材を載せた車両4台が訓練場内へ入ったことが確認された。」、と報じた。


 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-基地引き取り 市民動く 新潟「応答する会」 問題解決へ決意-2016年11月1日 11:10


 沖縄の米軍基地問題について考える市民団体「沖縄に応答する会@新潟」のメンバーが10月31日、新潟県庁で記者会見した。新潟県立大の福本圭介准教授は「沖縄に米軍基地を集中させている原因は本土の側にある。問題解決のための運動を新潟から始めたい」と語った。
 
 団体は、沖縄の米軍基地問題を本土による差別の問題としてとらえ、この差別解消のために「本土への基地引き取り」を訴えるグループとして、新潟県内の大学教員と学生6人が今年2月に結成。設立趣旨を説明するため初めて会見した。同趣旨の団体は福岡、大阪などでも発足している。

 メンバーの左近幸村・新潟大准教授は「かつて新潟にも米軍がいて、反対運動があった。新潟の歴史を学ぶことで、沖縄の問題への理解を深めていきたい」と強調した。

 基地問題を身近に考えるために、かつて米軍に接収されていた新潟空港と、その拡張反対運動の経過を学ぶ集会を6日午後1時半から、新潟市中央区のクロスパルにいがたで開く。参加費500円。問い合わせは福本准教授(電話)080(1094)9474。
(新潟日報社提供)


(2)琉球新報-「土人」発言 鶴保沖縄担当相、差別の見解示さず-2016年11月1日 07:30


 【北部】鶴保庸介沖縄担当相は31日、北部訓練場のヘリパッド建設現場での県外機動隊員による「土人」発言について「いかに正当化しようが、発言したことを許されるものではない」とした上で「ただ、本当に差別かどうかということになるといろんな問題が出てくると思う」と差別発言かどうかは判断できないとの見方を改めて示した。同日、視察先の宜野座村内で記者団に答えた。鶴保氏は同日、名護市の沖縄工業高等専門学校、宜野座村の宜野座多目的スポーツ施設などを視察し帰任した。


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>上陸訓練用歩行ルート 森林管理署が立木伐採の範囲調査-2016年11月1日 08:22


 ヘリパッド工事の年内完了の方針に伴い、防衛局は全長約2キロの歩行ルートを整備する上で、伐採された立木を重機で移動させるなど当初計画を変更した。同ルートは米軍が上陸訓練として使うもので、防衛局は、森林管理署の伐採の同意が得られれば工事に着手する見込み。

 清水署長は取材に「伐採の範囲や種類、立木の高さなどを調べた」とし、「協議書の内容が適当か判断し、問題がなければ同意する」と話した。


(4)沖縄タイムス-<やんばる国立公園>米軍との文書不開示 文書名・件数も公開せず-2016年11月1日 07:36


 米軍北部訓練場に隣接する「やんばる国立公園」の世界自然遺産登録を巡り、2013年以降に米軍とやりとりした文書の情報開示請求に対し、環境省が9月9日付で一切の不開示を決定していたことが31日、分かった。文書は非公開を前提に作られたもので、公にすれば他国等との信頼関係が損なわれる恐れがあることが理由。存在を特定した不開示文書名のリストや件数も明らかにしていない。

 文書は8月、調査団体「インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)」の河村雅美代表が請求した。同団体は「文書の存在を特定しながら、それを裏付けるものは何も示さず、市民への情報公開の観点から問題」とし、行政不服審査法に基づき環境大臣に審査請求する方針。

 同省の担当者は本紙の取材に「(米国との関係上)こういう形で出さざるを得ない。文書名のリストを出せば中身の分かる情報もあり、明確に示すのは難しい。件数は、問い合わせがなかったため出さなかった」とした。

 河村代表は「北部訓練場から生じる環境保全問題は県民の懸念事項であるにもかかわらず、このような姿勢で地元に説明責任を果たせるのか。今、情報を出さないということは、今後も出さないことを意味する」と問題視。「開示に消極的な姿勢は、世界自然遺産登録に向けた国立公園化が、高江ヘリパッド建設への地元融和策にすぎない表れではないか」と指摘した。

 環境省は9月15日、「琉球・奄美」の世界自然遺産登録に向け、北部訓練場に隣接する沖縄本島北部地域を「やんばる国立公園」に指定した。

(5)琉球新報-高江ヘリパッド 連日、機動隊が排除、ダンプ砂利搬入-2016年11月1日 11:34


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設をめぐり、建設に反対する市民らが1日、東村高江のN1地区ゲート前で抗議行動を展開した。

 午前10時半ごろから、県道に座り込む市民らを機動隊がごぼう抜きで排除し、道路の両側に囲い込んだ。午前10時45分ごろからダンプカーが砂利をゲートに運び始め、午前11時現在、8台分の砂利が搬入されている。【琉球新報電子版】


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>抗議市民を排除、車両60台で砂利搬入-2016年11月1日 14:32


 沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場でのヘリパッド建設に反対する市民らは1日、N1ゲートなどで抗議活動を展開した。同ゲートでは午前10時半ごろから、工事車両通行のために、機動隊が座り込んでいた市民を強制排除。午後1時半までに、砂利を積んだ車両60台、重機や資材を載せた車両4台が訓練場内へ入ったことが確認された。


by asyagi-df-2014 | 2016-11-01 16:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧