沖縄-辺野古・高江から-2016年10月24日

 2016年10月24日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報次のように表した。


(1)琉球新報-沖縄問題 国全体で 日本環境会議 連帯、闘い継続訴え-2016年10月24日 08:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「『環境・平和・自治・人権-沖縄から未来を拓(ひら)く』を主題に、3日間の日程で宜野湾市の沖縄国際大学で開かれた第33回日本環境会議沖縄大会(主催・日本環境会議、同実行委員会)は23日、シンポジウムを行い、7項目の提言を含む大会宣言を採択して閉幕した。沖縄の基地問題やそこから派生する環境汚染、構造的差別などを日本全体の問題として捉え、テーマに掲げた四つの基本的権利を勝ち取るまで連帯して闘い抜くことを確認した。」
②「大会の研究報告や議論を踏まえた大会宣言が全会一致で採択された。政府に対して『沖縄の民意を尊重し、辺野古新基地建設と高江ヘリパッド建設を直ちに中止すべき』とし、基地の環境汚染については米軍に現状回復義務を負わせるよう日米地位協定の改定を提言した。大会終了後の記者会見で桜井国俊実行委員長は「政策提言を知事にも提出したい」と述べた。」
③大会宣言文は英語、スペイン語のほか、中国語、朝鮮語などの東アジア諸国の言語、沖縄語に訳し、日本環境会議の公式ホームページに掲載する。26日に開幕する『第6回世界のウチナーンチュ大会』でも配布する。」
④「今大会の詳報と大会宣言は、来年1月発行の凖機関誌「環境と公害」(岩波書店)で発表する。3日間の大会では基調講演やシンポジウムを含む全体会のほか、六つの分科会が設けられ、延べ400人が県内外から参加した。」


(2)琉球新報-高江着陸帯ダンプカー 、排気管も違反か 横向きに開口-2016年10月24日 10:25


 琉球新報は、「米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、砂利を運搬している複数のダンプカーの排気管の開口の向きが右向きとなっており、新たな法令違反の疑いがあることが23日までに分かった。国土交通省や警察庁が発行している『不正改造車を排除する運動』のパンフレットでは、排気管について『左向きまたは右向きに開口していないこと』としている。市民らは現在も法令違反の疑いのあるダンプカーが使用されていることについて『警察が取り締まらないのはおかしい』などと批判の声を上げている。排気口について、内閣府沖縄総合事務局運輸部は違反の確認を急ぎ、あった場合は早期の是正を指導する方針を示した。これまで法令違反が指摘されてきた過積載につながる懸念がある「さし枠」の設置や助手席の巻き込み防止窓などについては20日から改善措置が図られていた。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-沖縄で九州地方知事会始まる 熊本地震での広域応援など討議-2016年10月24日 14:24


 沖縄タイムスは、「九州と沖縄、山口の9県でつくる九州地方知事会(会長・広瀬勝貞大分県知事)の第148回会議が24日午後、名護市の万国津梁館で始まった。熊本地震での広域応援体制を検証するほか、九州が一体となった地方創生の推進などについて意見を交わす。また、翁長雄志知事は、7月の全国知事会で米軍基地負担軽減を協議する研究会の設置が決まったことに触れ、各知事の理解と協力を求める方針。翁長知事は開催県知事としてあいさつし、『大きな災害の時には九州が一つとなって力を尽くさなければならない。みんなで頑張りたい』」と述べた。」、と報じた。


(4)琉球新報-ダンプカーの排気管、横向きのまま走行 高江ヘリパッド-2016年10月24日 13:34


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは24日、東村高江のN1ゲート前で座り込み、建設に抗議の声を上げた。午前8時50分ごろ、ゲート前で市民ら約30人が座り込み、機動隊が1人1人を抱え上げて排除した後、ダンプカーが時折粉じんを巻き上げながら50台分の砂利などを搬入した。市民らはダンプカーの排気管の開口方向が右向きになっていて違反だと指摘し、警察官にビデオカメラでの撮影など対応を求めたが、警察官は対応しなかった。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)琉球新報-沖縄問題 国全体で 日本環境会議 連帯、闘い継続訴え-2016年10月24日 08:30



 「環境・平和・自治・人権-沖縄から未来を拓(ひら)く」を主題に、3日間の日程で宜野湾市の沖縄国際大学で開かれた第33回日本環境会議沖縄大会(主催・日本環境会議、同実行委員会)は23日、シンポジウムを行い、7項目の提言を含む大会宣言を採択して閉幕した。沖縄の基地問題やそこから派生する環境汚染、構造的差別などを日本全体の問題として捉え、テーマに掲げた四つの基本的権利を勝ち取るまで連帯して闘い抜くことを確認した。

 大会の研究報告や議論を踏まえた大会宣言が全会一致で採択された。政府に対して「沖縄の民意を尊重し、辺野古新基地建設と高江ヘリパッド建設を直ちに中止すべき」とし、基地の環境汚染については米軍に現状回復義務を負わせるよう日米地位協定の改定を提言した。
 大会終了後の記者会見で桜井国俊実行委員長は「政策提言を知事にも提出したい」と述べた。
 大会宣言文は英語、スペイン語のほか、中国語、朝鮮語などの東アジア諸国の言語、沖縄語に訳し、日本環境会議の公式ホームページに掲載する。26日に開幕する「第6回世界のウチナーンチュ大会」でも配布する。
 今大会の詳報と大会宣言は、来年1月発行の凖機関誌「環境と公害」(岩波書店)で発表する。
 3日間の大会では基調講演やシンポジウムを含む全体会のほか、六つの分科会が設けられ、延べ400人が県内外から参加した。


(2)琉球新報-高江着陸帯ダンプカー 、排気管も違反か 横向きに開口-2016年10月24日 10:25


 【ヘリパッド取材班】米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、砂利を運搬している複数のダンプカーの排気管の開口の向きが右向きとなっており、新たな法令違反の疑いがあることが23日までに分かった。国土交通省や警察庁が発行している「不正改造車を排除する運動」のパンフレットでは、排気管について「左向きまたは右向きに開口していないこと」としている。市民らは現在も法令違反の疑いのあるダンプカーが使用されていることについて「警察が取り締まらないのはおかしい」などと批判の声を上げている。

 排気口について、内閣府沖縄総合事務局運輸部は違反の確認を急ぎ、あった場合は早期の是正を指導する方針を示した。

 これまで法令違反が指摘されてきた過積載につながる懸念がある「さし枠」の設置や助手席の巻き込み防止窓などについては20日から改善措置が図られていた。


(3)沖縄タイムス-沖縄で九州地方知事会始まる 熊本地震での広域応援など討議-2016年10月24日 14:24


 九州と沖縄、山口の9県でつくる九州地方知事会(会長・広瀬勝貞大分県知事)の第148回会議が24日午後、名護市の万国津梁館で始まった。熊本地震での広域応援体制を検証するほか、九州が一体となった地方創生の推進などについて意見を交わす。また、翁長雄志知事は、7月の全国知事会で米軍基地負担軽減を協議する研究会の設置が決まったことに触れ、各知事の理解と協力を求める方針。

 翁長知事は開催県知事としてあいさつし、「大きな災害の時には九州が一つとなって力を尽くさなければならない。みんなで頑張りたい」と述べた。


(4)琉球新報-ダンプカーの排気管、横向きのまま走行 高江ヘリパッド-2016年10月24日 13:34


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは24日、東村高江のN1ゲート前で座り込み、建設に抗議の声を上げた。

 午前8時50分ごろ、ゲート前で市民ら約30人が座り込み、機動隊が1人1人を抱え上げて排除した後、ダンプカーが時折粉じんを巻き上げながら50台分の砂利などを搬入した。市民らはダンプカーの排気管の開口方向が右向きになっていて違反だと指摘し、警察官にビデオカメラでの撮影など対応を求めたが、警察官は対応しなかった。【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-10-24 16:52 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧