沖縄-辺野古・高江から-2016年10月23日

 「警察関係者からは『沖縄の事情を分からないと難しい』などとして短期間出向の実効性を疑問視する声もある。」、と。


 2016年10月23日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報次のように表した。


(1)沖縄タイムス-沖縄で米兵また酒気帯び運転 「2、3杯飲んだ」-2016年10月23日 09:27


 沖縄タイムスは、「沖縄署は23日午前2時48分、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、在沖米海兵隊キャンプ・ハンセン所属で二等軍曹(40)を道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕した。同容疑者の呼気から基準値の約2倍のアルコールが検出され、「クラブでウイスキーをグラスで2、3杯飲んだ」と容疑を認めているという。
同署によると、23日午前1時25分ごろ、北谷町北谷2丁目の町道で、同容疑者の運転する車が駐車場から出るときに、大回りで左折したため、パトカーが追跡し停止させた。同容疑者から酒のにおいがしたため、呼気検査を実施し、酒気帯びでの運転と確認した。」、と報じた。


(2)琉球新報-警察庁、県警に「特別出向」 年度末2カ月半 米軍関係犯罪対策-2016年10月23日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍属女性暴行殺人事件を受け、政府が犯罪抑止のためにまとめた対策の一つ『警官100人の増員』について、警察庁が全国各警察の警官を本年度末の約2カ月半、沖縄県警に『特別出向』させる計画を進めていることが22日、分かった。関係者が明らかにした。米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、大阪府警機動隊員が工事に反対する市民に対して差別的な発言をした問題がある中、県外からの警官派遣に警察関係者からは『反発があるのではないか』と懸念や実効性を疑問視する声が上がっている。『特別出向』は警察庁が今月18日、全国の各警察に『犯罪抑止対策に係る沖縄県警への特別出向』として人員を募るよう指示した。来年1月中旬から3月末までの約2カ月半の予定で、県内の『治安情勢』などで延長される可能性があるが、同年4月には出向人員を半数に減らす計画。米軍関係者らによる事件事故にも対応するため『渉外警ら係』がある県警本部生活安全部地域課自動車警ら隊のほか、本島内の各署への配置が予定されている。」
②「人員はヘリパッド建設の警備に機動隊を派遣した警視庁や大阪府警、千葉県警、神奈川県警、福岡県警、愛知県警からの出向が見込まれる。警察関係者からは『沖縄の事情を分からないと難しい』などとして短期間出向の実効性を疑問視する声もある。」
③「警官100人の増員は政府が米軍関係者による事件事故の再発防止に向け、関係省庁の局長級で構成する『沖縄における犯罪抑止対策推進チーム』が6月にまとめた対策の一つ。事件事故への初動対応のためパトカー20台の増強等を含めた『警察力の充実・強化』に位置付けられている。」


(3)沖縄防衛局、高江にレンタカー放置 2台2ヵ月半、79万円-2016年10月23日 10:19


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設が進む米軍北部訓練場の通称『N1裏』の市民テント前に沖縄防衛局が8月上旬にレンタカー2台を駐車し、2カ月半以上、手つかずで放置されたままとなっている。防衛局は取材に『工事用道路としての使用が可能となった後に速やかに道路として使用できるよう駐車した』と説明し、工事用道路確保の観点から駐車していると明らかにした。21日までの2台のレンタカー代は約79万円となっているという。工事を監視している市民によると、レンタカーは当初、テントへの入り口をふさぐ格好で縦列に2台駐車していた。テントへの通路を確保するため市民らは1台をずらして移動した。駐車以降、エンジンをかけるなど防衛局職員による車両への接触や移動などはないという。」
②「防衛局によると、局がレンタカーを設置したのは8月2、3日。2台とも黒の『わ』ナンバーのレンタカーで、車内をうかがうと何も搭載されていない。防衛局は『7月に工事用道路として沖縄森林管理署から使用許可を得た敷地や周辺で、工事用道路としての使用が可能となった後に速やかに道路として使用できるよう駐車した』と説明した。テントで座り込みに参加している市民らからは『全く動かさず置いているだけなのに、払い続けているレンタカー代もずっと税金で賄われている。名護署は市民の車を撤去するなら、防衛局の車も撤去すべきではないか』との声も上がっている。」


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-沖縄で米兵また酒気帯び運転 「2、3杯飲んだ」-2016年10月23日 09:27



 沖縄署は23日午前2時48分、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、在沖米海兵隊キャンプ・ハンセン所属で二等軍曹(40)を道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕した。同容疑者の呼気から基準値の約2倍のアルコールが検出され、「クラブでウイスキーをグラスで2、3杯飲んだ」と容疑を認めているという。

 同署によると、23日午前1時25分ごろ、北谷町北谷2丁目の町道で、同容疑者の運転する車が駐車場から出るときに、大回りで左折したため、パトカーが追跡し停止させた。同容疑者から酒のにおいがしたため、呼気検査を実施し、酒気帯びでの運転と確認した。


(2)琉球新報-警察庁、県警に「特別出向」 年度末2カ月半 米軍関係犯罪対策-2016年10月23日 06:30



 【東京】米軍属女性暴行殺人事件を受け、政府が犯罪抑止のためにまとめた対策の一つ「警官100人の増員」について、警察庁が全国各警察の警官を本年度末の約2カ月半、沖縄県警に「特別出向」させる計画を進めていることが22日、分かった。関係者が明らかにした。米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、大阪府警機動隊員が工事に反対する市民に対して差別的な発言をした問題がある中、県外からの警官派遣に警察関係者からは「反発があるのではないか」と懸念や実効性を疑問視する声が上がっている。

 「特別出向」は警察庁が今月18日、全国の各警察に「犯罪抑止対策に係る沖縄県警への特別出向」として人員を募るよう指示した。来年1月中旬から3月末までの約2カ月半の予定で、県内の「治安情勢」などで延長される可能性があるが、同年4月には出向人員を半数に減らす計画。米軍関係者らによる事件事故にも対応するため「渉外警ら係」がある県警本部生活安全部地域課自動車警ら隊のほか、本島内の各署への配置が予定されている。

 人員はヘリパッド建設の警備に機動隊を派遣した警視庁や大阪府警、千葉県警、神奈川県警、福岡県警、愛知県警からの出向が見込まれる。警察関係者からは「沖縄の事情を分からないと難しい」などとして短期間出向の実効性を疑問視する声もある。

 警官100人の増員は政府が米軍関係者による事件事故の再発防止に向け、関係省庁の局長級で構成する「沖縄における犯罪抑止対策推進チーム」が6月にまとめた対策の一つ。事件事故への初動対応のためパトカー20台の増強等を含めた「警察力の充実・強化」に位置付けられている。(仲村良太)



(3)沖縄防衛局、高江にレンタカー放置 2台2ヵ月半、79万円-2016年10月23日 10:19



 米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設が進む米軍北部訓練場の通称「N1裏」の市民テント前に沖縄防衛局が8月上旬にレンタカー2台を駐車し、2カ月半以上、手つかずで放置されたままとなっている。防衛局は取材に「工事用道路としての使用が可能となった後に速やかに道路として使用できるよう駐車した」と説明し、工事用道路確保の観点から駐車していると明らかにした。21日までの2台のレンタカー代は約79万円となっているという。

 工事を監視している市民によると、レンタカーは当初、テントへの入り口をふさぐ格好で縦列に2台駐車していた。テントへの通路を確保するため市民らは1台をずらして移動した。駐車以降、エンジンをかけるなど防衛局職員による車両への接触や移動などはないという。

 防衛局によると、局がレンタカーを設置したのは8月2、3日。2台とも黒の「わ」ナンバーのレンタカーで、車内をうかがうと何も搭載されていない。防衛局は「7月に工事用道路として沖縄森林管理署から使用許可を得た敷地や周辺で、工事用道路としての使用が可能となった後に速やかに道路として使用できるよう駐車した」と説明した。

 テントで座り込みに参加している市民らからは「全く動かさず置いているだけなのに、払い続けているレンタカー代もずっと税金で賄われている。名護署は市民の車を撤去するなら、防衛局の車も撤去すべきではないか」との声も上がっている。
(滝本匠)


by asyagi-df-2014 | 2016-10-23 17:56 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧