沖縄-辺野古・高江から-2016年10月11日

 2016年10月11日、沖縄-辺野古・高江の今を、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-高江で記者排除 報道の自由侵害に当たらない 政府が答弁書-2016年10月11日 13:19


 琉球新報は、「政府は11日、米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、8月に取材中の本紙記者ら2人を機動隊が強制排除したことに関し『報道の自由は十分に尊重されている』などとして、問題はなかったとする答弁書を閣議決定した。仲里利信衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。」、と報じた。
 また、「仲里氏は質問主意書で、8月20日に本紙記者らが排除されたことについて『民主主義の根幹を支える報道の自由を侵害する極めて悪質な行為であり、また基本的人権を無視する行為として断じて許すことができない』と問題視。記者の『排除』を判断したのは沖縄県警なのか、報道後の対応の変化などについて質問した。」、「記者への警備対応は『沖縄県警が沖縄県警における米軍基地移設工事等に伴う警備の方針や内容を判断している』と説明。報道の自由を侵害するとの指摘には『当たらない』と否定した。現場での取材に対しては『報道の自由は十分に尊重されている』とした。」、と報じた。


(2)琉球新報-翁長知事、移設工事容認を否定 北部訓練場年内返還「歓迎」発言 県議会特別委で謝花公室長-2016年10月11日 13:51


 琉球新報は、沖縄県議会の米軍基地関係特別委員会の様子について、次のように報じた。


①「県議会は11日午前10時から、米軍基地関係特別委員会を開いた。8日に来県した菅義偉官房長官が翁長雄志知事との会談で、北部訓練場の約半分を年内に返還する方向で米側と交渉していると述べたことについて、翁長知事が会談後の記者会見で『歓迎する』と表明したことへの質問が相次いだ。この発言について、翁長知事は同訓練場の部分返還の条件となっているヘリパッド移設工事も容認したのかという質問に対し、謝花喜一郎知事公室長は『今朝知事にも確認したが、そういうことは毛頭ないと明言していた』と否定した。照屋守之氏(沖縄・自民)への答弁。照屋氏への答弁で謝花氏は『高江のヘリパッドはオスプレイの使用にしろ、地域住民の日常生活、抗議活動などさまざまな課題がある中で、県がヘリパッド容認とは直ちに言える状況ではない』と述べた。」
②「謝花氏は翁長知事が8日の菅氏との会談で、ヘリパッドでのオスプレイ運用や、強行的な工事の進め方など、従来政府を批判してきた点には言及しなかったことについて、知事に直接確認したとした上で、諸課題については、知事が後日、(菅氏に)申し上げたいと伝えた、と説明した。知事は『課題も認識している』ことから、菅氏本人には年内返還を「歓迎する」ではなく『承った』との表現で応じたと説明した。渡久地修氏(共産)への答弁。」
③「照屋氏がヘリパッド移設計画に反対する選択肢はあるのかと質問したのに対し、謝花氏は『ヘリパッドでオスプレイが使われることには反対だ。工事が強行に進められている中で今、容認はできない』とした上で『県庁内で【反対か賛成か】という議論はできていない』とした。」


 以下、琉球新報の引用。








(1)琉球新報-高江で記者排除 報道の自由侵害に当たらない 政府が答弁書-2016年10月11日 13:19


 【東京】政府は11日、米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、8月に取材中の本紙記者ら2人を機動隊が強制排除したことに関し「報道の自由は十分に尊重されている」などとして、問題はなかったとする答弁書を閣議決定した。仲里利信衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。


 仲里氏は質問主意書で、8月20日に本紙記者らが排除されたことについて「民主主義の根幹を支える報道の自由を侵害する極めて悪質な行為であり、また基本的人権を無視する行為として断じて許すことができない」と問題視。記者の「排除」を判断したのは沖縄県警なのか、報道後の対応の変化などについて質問した。

 記者への警備対応は「沖縄県警が沖縄県警における米軍基地移設工事等に伴う警備の方針や内容を判断している」と説明。報道の自由を侵害するとの指摘には「当たらない」と否定した。現場での取材に対しては「報道の自由は十分に尊重されている」とした。
【琉球新報電子版】


(2)琉球新報-翁長知事、移設工事容認を否定 北部訓練場年内返還「歓迎」発言 県議会特別委で謝花公室長-2016年10月11日 13:51


 県議会は11日午前10時から、米軍基地関係特別委員会を開いた。8日に来県した菅義偉官房長官が翁長雄志知事との会談で、北部訓練場の約半分を年内に返還する方向で米側と交渉していると述べたことについて、翁長知事が会談後の記者会見で「歓迎する」と表明したことへの質問が相次いだ。この発言について、翁長知事は同訓練場の部分返還の条件となっているヘリパッド移設工事も容認したのかという質問に対し、謝花喜一郎知事公室長は「今朝知事にも確認したが、そういうことは毛頭ないと明言していた」と否定した。照屋守之氏(沖縄・自民)への答弁。


 照屋氏への答弁で謝花氏は「高江のヘリパッドはオスプレイの使用にしろ、地域住民の日常生活、抗議活動などさまざまな課題がある中で、県がヘリパッド容認とは直ちに言える状況ではない」と述べた。

 謝花氏は翁長知事が8日の菅氏との会談で、ヘリパッドでのオスプレイ運用や、強行的な工事の進め方など、従来政府を批判してきた点には言及しなかったことについて、知事に直接確認したとした上で、諸課題については、知事が後日、(菅氏に)申し上げたいと伝えた、と説明した。知事は「課題も認識している」ことから、菅氏本人には年内返還を「歓迎する」ではなく「承った」との表現で応じたと説明した。渡久地修氏(共産)への答弁。

 照屋氏がヘリパッド移設計画に反対する選択肢はあるのかと質問したのに対し、謝花氏は「ヘリパッドでオスプレイが使われることには反対だ。工事が強行に進められている中で今、容認はできない」とした上で「県庁内で『反対か賛成か』という議論はできていない」とした。
【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-10-11 20:23 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧