沖縄-辺野古・高江から-2016年10月7日

 2016年10月7日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 ハリアーは、2016年10月7日午前8時39分、米軍嘉手納基地を飛び立った。
事故原因は究明されることなく、加害者側の「安全に飛行できるという確信を得た」という勝手な声を残して。
 その上、本来被害者を守らなくてはならない主体者は、「一定の妥当性を確認した。飛行再開に関する米側の判断は一定程度、理解できる」、と加害者を守ることに奔走する。
 「県民が納得しなくても米軍が決めたことはやるという沖縄の現実をまざまざと見せつけられた」、と沖縄県の副知事は、語る。
どう考えても、一地方自治体の責任者に、こんなことを言わせてはならない。


(1)沖縄タイムス-米「軍属」範囲縮小へ補足協定 日米が合意、年内署名も-2016年10月7日 02:00


 沖縄タイムスは、「日米両政府が、米側に優先的裁判権が認められている米軍属の範囲縮小に向け、地位協定を補う『補足協定』の締結で合意していたことが6日分かった。範囲縮小は、米軍属が起訴された沖縄県の女性暴行殺害事件を受け、両政府が打ち出した再発防止策の柱。協定締結で法的拘束力を持たせ、実効性を確保する狙いがある。岸田文雄外相とケネディ駐日米大使らが年内にも署名する方向で調整している。日米外交筋が明らかにした。軍属は、日本国内の米軍基地で働く民間の米国人で、米側によると今年3月末時点で約7千人。対象が曖昧な上、基地を抱える自治体の不満は強い。」、と報じた。


(2)琉球新報-米軍戦闘機が緊急着陸 嘉手納基地 F15フックで停止-2016年10月6日 17:56


 琉球新報は、「米軍嘉手納基地で6日午後2時43分、嘉手納基地所属のF15戦闘機が緊急着陸した。目撃者によると、緊急車両が待機する中、国道側から滑走路に進入した機体は緊急停止用のワイヤーに機体のフックを引っ掛け、停止した。嘉手納基地広報は着陸について『予防的着陸で、けがや損害はない』とした。午前8時半すぎにも同型機が機体の主脚部分が収納できないまま離陸する姿が確認された。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-県警警備部長、機動隊の大量動員と抗議激化の関連否定-2016年10月7日 06:50


 沖縄タイムスは、「沖縄県警の重久真毅警備部長は6日、県議会総務企画委員会で、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設警備に全国から大量配備された機動隊が抗議活動の激化を招いているとの委員らの指摘に対し、『本末転倒だ』と否定した。抗議参加者の安全確保を重視しているとし、機動隊配置の正当性を訴えた。」、と報じた。
 また、「過剰警備だと問題視する委員らは、2007年から続くヘリパッド建設反対運動で逮捕者やけが人がなく、『7月22日の着工まで平和裏に抗議活動していた』と指摘。工事再開で500人規模の機動隊を導入した過剰な警備で現場が緊迫し、逮捕者やけが人につながっていると追及した。これに対し重久部長は、県外機動隊が撤退した場合、抗議活動でけが人が増加し、県内の治安維持にも影響が出ると述べ、『それこそ沖縄にとって不幸だ』と話した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-墜落事故から15日 ハリアーが飛行再開 事故原因特定されぬまま-2016年10月7日 09:18


 沖縄タイムスは、「米海兵隊の戦闘攻撃機AV8Bハリアーが7日午前8時39分、米軍嘉手納基地を飛び立った。9月22日に沖縄本島東沖で墜落してから15日目。事故原因を特定しないままの飛行再開には翁長雄志知事や多くの県民が反対しており、強行される形となった。」、と報じた。
 また、「在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官は5日、記者会見を開き『安全に飛行できるという確信を得た』として飛行再開すると発表。事故原因は現時点で特定できないとしていた。」、と報じた。
 さらに、「安慶田光男副知事は7日午前、県庁で取材に応じ『原因究明がされない中、飛行を再開したことは非常に残念。県民が納得しなくても米軍が決めたことはやるという沖縄の現実をまざまざと見せつけられた』と述べた。」、と伝えた。


(5)沖縄タイムス-ハリアー飛行再開 稲田防衛相「説明した」 米側対策の妥当性を確認-2016年10月7日 13:00


 沖縄タイムスは、「米海兵隊の戦闘攻撃機AV8Bハリアーが飛行再開するにあたってとった日本政府の対応について、稲田朋美防衛相は7日の閣議後会見で『できる限りの情報を公開し、説明もしてきた』と述べ、沖縄との信頼関係の構築につながるとの認識を示した。」、と報じた。
 また、「米側が、安全確保のため、航空機部隊の隊員や整備員に対する徹底的な確認、航空機の安全技術などに関する手順の検証、日本国内に駐留する全てのAV8Bハリアーの徹底的な調査などをしたとの説明を受けた。防衛省は、実施した措置のリスト提供を受け、沖縄防衛局が米側に目的や実施方法を確認。防衛省、自衛隊の専門的知見も活用して評価した。稲田防衛相は「一定の妥当性を確認した。飛行再開に関する米側の判断は一定程度、理解できる」と答えた。引き続き原因究明と安全対策を求める。


(6)沖縄タイムス-ダンプカー43台、過去最多の砂利搬入 米軍ヘリパッド建設-2016年10月7日 14:33


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江の米軍北部訓練場内では7日午前、砂利を積んだダンプカー43台を含む車両47台がN1地区ゲートを通って資機材を搬入した。ゲート前で抗議を続ける市民によると、砂利を搬入した車両台数は7月22日の工事再開以来、最多。ダンプカーは警察車両に引率されて午前9時14分ごろから続々と訓練場内に入った。大型のパワーショベルを積んだトレーラー1台のほか、機材を積んだトラックも入った。」、と報じた。
また、「市民らはプラカードを掲げて『ダンプカーは来るな』と抗議。『ヘリパッドいらない住民の会』の伊佐真次村議は『政府は相当焦っている。今年中には工事を終えるつもりだろう』と話した。」、と伝えた。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-米「軍属」範囲縮小へ補足協定 日米が合意、年内署名も-2016年10月7日 02:00


 日米両政府が、米側に優先的裁判権が認められている米軍属の範囲縮小に向け、地位協定を補う「補足協定」の締結で合意していたことが6日分かった。範囲縮小は、米軍属が起訴された沖縄県の女性暴行殺害事件を受け、両政府が打ち出した再発防止策の柱。協定締結で法的拘束力を持たせ、実効性を確保する狙いがある。岸田文雄外相とケネディ駐日米大使らが年内にも署名する方向で調整している。日米外交筋が明らかにした。

 軍属は、日本国内の米軍基地で働く民間の米国人で、米側によると今年3月末時点で約7千人。対象が曖昧な上、基地を抱える自治体の不満は強い。(共同通信)


(2)琉球新報-米軍戦闘機が緊急着陸 嘉手納基地 F15フックで停止-2016年10月6日 17:56


 【嘉手納】米軍嘉手納基地で6日午後2時43分、嘉手納基地所属のF15戦闘機が緊急着陸した。目撃者によると、緊急車両が待機する中、国道側から滑走路に進入した機体は緊急停止用のワイヤーに機体のフックを引っ掛け、停止した。

 嘉手納基地広報は着陸について「予防的着陸で、けがや損害はない」とした。
 午前8時半すぎにも同型機が機体の主脚部分が収納できないまま離陸する姿が確認された。


(3)沖縄タイムス-県警警備部長、機動隊の大量動員と抗議激化の関連否定-2016年10月7日 06:50


 沖縄県警の重久真毅警備部長は6日、県議会総務企画委員会で、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設警備に全国から大量配備された機動隊が抗議活動の激化を招いているとの委員らの指摘に対し、「本末転倒だ」と否定した。抗議参加者の安全確保を重視しているとし、機動隊配置の正当性を訴えた。

 過剰警備だと問題視する委員らは、2007年から続くヘリパッド建設反対運動で逮捕者やけが人がなく、「7月22日の着工まで平和裏に抗議活動していた」と指摘。工事再開で500人規模の機動隊を導入した過剰な警備で現場が緊迫し、逮捕者やけが人につながっていると追及した。

 これに対し重久部長は、県外機動隊が撤退した場合、抗議活動でけが人が増加し、県内の治安維持にも影響が出ると述べ、「それこそ沖縄にとって不幸だ」と話した。


(4)沖縄タイムス-墜落事故から15日 ハリアーが飛行再開 事故原因特定されぬまま-2016年10月7日 09:18


 【嘉手納】米海兵隊の戦闘攻撃機AV8Bハリアーが7日午前8時39分、米軍嘉手納基地を飛び立った。9月22日に沖縄本島東沖で墜落してから15日目。事故原因を特定しないままの飛行再開には翁長雄志知事や多くの県民が反対しており、強行される形となった。

 在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官は5日、記者会見を開き「安全に飛行できるという確信を得た」として飛行再開すると発表。事故原因は現時点で特定できないとしていた。

 安慶田光男副知事は7日午前、県庁で取材に応じ「原因究明がされない中、飛行を再開したことは非常に残念。県民が納得しなくても米軍が決めたことはやるという沖縄の現実をまざまざと見せつけられた」と述べた。


(5)沖縄タイムス-ハリアー飛行再開 稲田防衛相「説明した」 米側対策の妥当性を確認-2016年10月7日 13:00


 【東京】米海兵隊の戦闘攻撃機AV8Bハリアーが飛行再開するにあたってとった日本政府の対応について、稲田朋美防衛相は7日の閣議後会見で「できる限りの情報を公開し、説明もしてきた」と述べ、沖縄との信頼関係の構築につながるとの認識を示した。

 米側が、安全確保のため、航空機部隊の隊員や整備員に対する徹底的な確認、航空機の安全技術などに関する手順の検証、日本国内に駐留する全てのAV8Bハリアーの徹底的な調査などをしたとの説明を受けた。防衛省は、実施した措置のリスト提供を受け、沖縄防衛局が米側に目的や実施方法を確認。防衛省、自衛隊の専門的知見も活用して評価した。

 稲田防衛相は「一定の妥当性を確認した。飛行再開に関する米側の判断は一定程度、理解できる」と答えた。引き続き原因究明と安全対策を求める。


(6)沖縄タイムス-ダンプカー43台、過去最多の砂利搬入 米軍ヘリパッド建設-2016年10月7日 14:33


 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場内では7日午前、砂利を積んだダンプカー43台を含む車両47台がN1地区ゲートを通って資機材を搬入した。ゲート前で抗議を続ける市民によると、砂利を搬入した車両台数は7月22日の工事再開以来、最多。

 ダンプカーは警察車両に引率されて午前9時14分ごろから続々と訓練場内に入った。大型のパワーショベルを積んだトレーラー1台のほか、機材を積んだトラックも入った。

 市民らはプラカードを掲げて「ダンプカーは来るな」と抗議。「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次村議は「政府は相当焦っている。今年中には工事を終えるつもりだろう」と話した。


by asyagi-df-2014 | 2016-10-07 16:05 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧