沖縄-辺野古・高江から-2016年10月6日

 2016年10月6日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 「排除された市民らは機動隊にバスとバスの間に閉じ込められ、1時間もトイレに行けず、排ガスを吸わされたことはおかしい」、と強く批判。
おかしいこと、間違っていることについて、それを被った側が証明しなければならない。あそーか、不当労働行為を証明しなければならないのは労働側である、という日本の状況そのものなのだ。、


(1)琉球新報-米海軍P3Cが緊急着陸 ハリアーがエンジン調整 嘉手納-2016年10月6日 13:29


 琉球新報は、「米軍嘉手納基地で6日午前10時50分ごろ、米海軍のP3C哨戒機が緊急着陸した。また、9月22日に本島東沖に墜落したAV8Bハリアー攻撃機の同型機3機がエンジン調整を受けている様子が確認された。」、と報じた。


2)琉球新報-「トイレにも行けず」 高江、座り込み女性に体調不良-2016年10月5日 15:24


 琉球新報は、「米軍北部訓練場の新たなヘリパッド建設に反対する市民ら約200人は、5日午前7時から東村高江のN1地区ゲート前に座り込み『工事を止めて』などのプラカードを掲げながら、抗議の声を上げた。砂利を積んだダンプカー12台と建設資材を搭載したトラック3台が同ゲートに入った。午前9時半ごろ、機動隊などは座り込みの市民らを排除した。この中で、体調不良を訴える女性もいた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は『排除された市民らは機動隊にバスとバスの間に閉じ込められ、1時間もトイレに行けず、排ガスを吸わされたことはおかしい』と強く批判した。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-米軍ヘリパッド:「あきれた答弁」抗議の市民ら県警本部長を批判-2016年10月6日 07:55


 沖縄タイムスは、「沖縄県警の池田克史本部長と県公安委員会の與儀弘子委員は5日の県議会一般質問で、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動中にけがや体調不良を訴えた14人について『抗議参加者同士で接触したり、自ら転倒するなどして負傷した。警察官の行為によるものではない』との認識を示した。新垣清涼氏(おきなわ)、瀬長美佐雄氏(共産)の質問に答えた。瀬長氏は、8月24日に70代女性が後頭部を打ち、搬送された事案の説明を求め、公安委の與儀委員は『抗議者同士でぶつかって倒れたのをビデオで詳細にチェックした』と述べた。この答弁に対し、高江で抗議を続ける市民側は『機動隊に押されて吹き飛んだ人が女性にぶつかり、女性が押し倒された』と反発した。」、と報じた。
 また、「沖縄平和運動センターの山城博治議長は、8月22日に機動隊員に腕をつかまれた女性(87)が右手小指を縫うけがを負ったことを挙げ、『機動隊のすさまじい暴力を私たちは目の前で見て、証拠もある』とした上で、『あきれた答弁で、けがをさせてないと言うなら、具体的な証拠を示すべきだ』と話した。』、と伝えた。


(4)沖縄タイムス-米軍ヘリパッド:G地区で伐採 国、3カ所同時に作業-2016年10月6日 08:16


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設問題で、建設予定地G地区(国頭村安波)の伐採が始まっていることが5日、分かった。現場を見た市民によると、既に大半が終わっている。N1、H両地区は着手されており、これで3地区同時の作業が確認されたことになる。沖縄防衛局は当初、『動物への影響を少なくする』として1地区ずつの方針だった。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>トラックなど32台が訓練場内に-2016年10月6日 13:47


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリ着陸帯(ヘリパッド)建設で、沖縄防衛局は6日も午前中から市民らの抗議をよそに作業を続行した。市民らによると同日午前9時半ごろから、砂利や重機を積んだ大型トラックなど32台が米軍北部訓練場のN1ゲートから基地内に入った。市民らはヘリパッド建設阻止などを訴えるプラカードを掲げ抗議した。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)琉球新報-米海軍P3Cが緊急着陸 ハリアーがエンジン調整 嘉手納-2016年10月6日 13:29


 【嘉手納】米軍嘉手納基地で6日午前10時50分ごろ、米海軍のP3C哨戒機が緊急着陸した。また、9月22日に本島東沖に墜落したAV8Bハリアー攻撃機の同型機3機がエンジン調整を受けている様子が確認された。
【琉球新報電子版】


(2)琉球新報-「トイレにも行けず」 高江、座り込み女性に体調不良-2016年10月5日 15:24


 【ヘリパッド取材班】米軍北部訓練場の新たなヘリパッド建設に反対する市民ら約200人は、5日午前7時から東村高江のN1地区ゲート前に座り込み「工事を止めて」などのプラカードを掲げながら、抗議の声を上げた。砂利を積んだダンプカー12台と建設資材を搭載したトラック3台が同ゲートに入った。

 午前9時半ごろ、機動隊などは座り込みの市民らを排除した。この中で、体調不良を訴える女性もいた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「排除された市民らは機動隊にバスとバスの間に閉じ込められ、1時間もトイレに行けず、排ガスを吸わされたことはおかしい」と強く批判した。
【琉球新報電子版】


(3)沖縄タイムス-米軍ヘリパッド:「あきれた答弁」抗議の市民ら県警本部長を批判-2016年10月6日 07:55


 沖縄県警の池田克史本部長と県公安委員会の與儀弘子委員は5日の県議会一般質問で、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動中にけがや体調不良を訴えた14人について「抗議参加者同士で接触したり、自ら転倒するなどして負傷した。警察官の行為によるものではない」との認識を示した。新垣清涼氏(おきなわ)、瀬長美佐雄氏(共産)の質問に答えた。

 瀬長氏は、8月24日に70代女性が後頭部を打ち、搬送された事案の説明を求め、公安委の與儀委員は「抗議者同士でぶつかって倒れたのをビデオで詳細にチェックした」と述べた。

 この答弁に対し、高江で抗議を続ける市民側は「機動隊に押されて吹き飛んだ人が女性にぶつかり、女性が押し倒された」と反発した。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は、8月22日に機動隊員に腕をつかまれた女性(87)が右手小指を縫うけがを負ったことを挙げ、「機動隊のすさまじい暴力を私たちは目の前で見て、証拠もある」とした上で、「あきれた答弁で、けがをさせてないと言うなら、具体的な証拠を示すべきだ」と話した。


(4)沖縄タイムス-米軍ヘリパッド:G地区で伐採 国、3カ所同時に作業-2016年10月6日 08:16


 沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設問題で、建設予定地G地区(国頭村安波)の伐採が始まっていることが5日、分かった。現場を見た市民によると、既に大半が終わっている。N1、H両地区は着手されており、これで3地区同時の作業が確認されたことになる。沖縄防衛局は当初、「動物への影響を少なくする」として1地区ずつの方針だった。


(5)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>トラックなど32台が訓練場内に-2016年10月6日 13:47


 【東】東村高江周辺のヘリ着陸帯(ヘリパッド)建設で、沖縄防衛局は6日も午前中から市民らの抗議をよそに作業を続行した。市民らによると同日午前9時半ごろから、砂利や重機を積んだ大型トラックなど32台が米軍北部訓練場のN1ゲートから基地内に入った。市民らはヘリパッド建設阻止などを訴えるプラカードを掲げ抗議した。


by asyagi-df-2014 | 2016-10-06 17:39 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧