ヘイトクライム-大阪地裁は、「在日朝鮮人への差別を助長、増幅させる意図があった」と認定。

 フリーライターの李信恵(リシネ)さんへの「人種差別」行為の訴訟について、毎日新聞に地新聞は2016年9月28日、「インターネット上などの民族差別的なヘイトスピーチで名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人の女性が『在日特権を許さない市民の会(在特会)』と元会長の桜井誠氏(44)に550万円の賠償を求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。増森珠美裁判長は一部について『在日朝鮮人への差別を助長、増幅させる意図があった』と認定し、在特会側に77万円の支払いを命じた。双方とも控訴を検討している。」、と報告した。
 この判決内容について、「増森裁判長は桜井氏の一部の発言や記述について、『人格権を違法に侵害するもの』と指摘。人種差別の撤廃を求める人種差別撤廃条約の趣旨に反した侮辱行為と結論付けた。」、と伝えた。
 また、この裁判は、「原告はフリーライターの李信恵(リシネ)さん(45)。判決によると、李さんはネットニュース上でヘイトスピーチについて批判的な記事を書いた。桜井氏は在特会の会長だった2013〜14年、神戸・三宮での街宣活動で『朝鮮人のババア』と発言したり、ツイッターで『鮮人記者』などと書き込んだりした。」、というものであった。
 さらに、今後について、「李さんはネット情報の拡散被害による精神的苦痛なども訴えたが、判決はこうしたネット被害には踏み込まなかった。在特会側は代理人弁護士を通じ、『判決は一方的で不当』などとする談話を出した。」、と報じた。


 以下、毎日新聞の引用。








毎日新聞-ヘイトスピーチ訴訟 「人種差別」認定 大阪地裁、在特会に賠償命令-2016年9月28日 


 インターネット上などの民族差別的なヘイトスピーチで名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人の女性が「在日特権を許さない市民の会(在特会)」と元会長の桜井誠氏(44)に550万円の賠償を求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。増森珠美裁判長は一部について「在日朝鮮人への差別を助長、増幅させる意図があった」と認定し、在特会側に77万円の支払いを命じた。双方とも控訴を検討している。

 原告はフリーライターの李信恵(リシネ)さん(45)。判決によると、李さんはネットニュース上でヘイトスピーチについて批判的な記事を書いた。桜井氏は在特会の会長だった2013〜14年、神戸・三宮での街宣活動で「朝鮮人のババア」と発言したり、ツイッターで「鮮人記者」などと書き込んだりした。

 増森裁判長は桜井氏の一部の発言や記述について、「人格権を違法に侵害するもの」と指摘。人種差別の撤廃を求める人種差別撤廃条約の趣旨に反した侮辱行為と結論付けた。
 一方、李さんはネット情報の拡散被害による精神的苦痛なども訴えたが、判決はこうしたネット被害には踏み込まなかった。在特会側は代理人弁護士を通じ、「判決は一方的で不当」などとする談話を出した。【向畑泰司】




by asyagi-df-2014 | 2016-09-28 08:01 | 書くことから-ヘイトクライム | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧