沖縄-辺野古・高江から-2016年9月26日

 2016年9月26日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 「同盟力」。
 米軍の情宣にあらためて、抉られる。
 その結果が、「同盟国の利点として『第三海兵遠征軍の日本防衛能力を高める』とする一方、沖縄にとっての利点に『ジア太平洋地域各国での演習に毎月配備され、沖縄での配備・訓練の時間を削減』という点を挙げた。」、とするならば、辺野古・高江は、沖縄は、日米両政府に、日米両国民に向けて、「否」を突きつけるしかないのではないか。


「アジア太平洋地域各国での演習に毎月配備され、沖縄での配備・訓練の時間を削減」という点を挙げた。


(1)琉球新報-米軍が宣伝「オスプレイ音静か」 市民感覚と隔たり 基地内催しでビラ配布-2016年9月26日 05:02


 琉球新報は、「在沖米海兵隊が24、25の両日、普天間飛行場(宜野湾市)で開いた基地を一般に開放するイベント『フライトライン・フェア』で、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて『CH46ヘリコプターと比べ全体的に音が静か』『より高く、より速く飛行するため人口密集地での飛行を減少』などと環境への負担軽減を強調する内容のチラシ=写真=を配布した。市に寄せられる騒音の苦情は年々増えており、米側の説明と市民感覚との隔たりが改めて浮き彫りとなった。会場に展示していたオスプレイ2機のうち1機の機体内を開放し、『同盟力』と題したチラシを置いていた。同盟国の利点として『第三海兵遠征軍の日本防衛能力を高める』とする一方、沖縄にとっての利点に『ジア太平洋地域各国での演習に毎月配備され、沖縄での配備・訓練の時間を削減』という点を挙げた。」、と報じた。


(2)琉球新報-グリーンピースがFBで辺野古・高江を発信 平和と自然守る闘い-2016年9月26日 11:00


 琉球新報は、「国際環境保護団体グリーンピースは21日から、フェイスブック上で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設や東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡る県民の闘いを伝える映像を公開している。映像内容を『日本の祖父母たちは勇ましい闘いの中で、平和と沖縄の希少動物の生息地を守るために立ち上がっている』と紹介し、シェアを呼び掛けている。」、と報じた。
 また、「映像は約1分間。沖縄には米国外で最大の米海兵隊基地があると紹介。機動隊とその車両で封鎖されたキャンプ・シュワブのゲート前の写真と共に『しかし海兵隊は基地を拡張したい』とし、それが意味することは『破壊』と指摘した上で、やんばるの豊かな森、サンゴ礁、色鮮やかな魚などを紹介している。」、「ゲート前で抗議運動する市民や機動隊により排除される市民らの様子を映し出した写真と共に『沖縄の人々は過去20年間、基地の拡張に反対している。しかし、日本政府はその計画を強行している』と伝え、県民の多くが諦めていないと強調した。」、と伝えた。


(3)琉球新報-搭乗ヘリ騒音79デシベル 稲田防衛相の沖縄視察 「配慮欠ける」と識者-2016年9月26日 11:15


 琉球新報は、「稲田朋美防衛相が24日に米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設予定地を視察した際、東村高江のN4地区付近の測定機で午前10時5分に最大79・2デシベルの騒音を記録していたことが25日、分かった。渡嘉敷健琉球大准教授(環境・音響工学)によると『地下鉄の車内』に相当する。午前10時1分には78デシベル、同10時10分に73・4デシベル、同10時18分に65・4デシベルを記録した。」、と報じた。
 このことについて、「渡嘉敷准教授は『視察だけなら民間の小さなヘリや自衛隊機の中でももっと音の小さなヘリもある。音の大きなCH47を使うのは、地上にいる住民への配慮が欠けていると言わざるを得ない』と指摘した。」、と伝えた。


(4)沖縄タイムス- 沖縄タイムス辺野古・高江取材班ツイート


 沖縄タイムスは、「9月26日午前11時、東村高江のヘリパッド建設のため、警察車両に先導された砂利を積んだダンプ4台がN1から入りました。市民によると今日はこれで計26台のダンプが入りました。」、とツイートしました。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。







(1)琉球新報-米軍が宣伝「オスプレイ音静か」 市民感覚と隔たり 基地内催しでビラ配布-2016年9月26日 05:02


 【宜野湾】在沖米海兵隊が24、25の両日、普天間飛行場(宜野湾市)で開いた基地を一般に開放するイベント「フライトライン・フェア」で、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて「CH46ヘリコプターと比べ全体的に音が静か」「より高く、より速く飛行するため人口密集地での飛行を減少」などと環境への負担軽減を強調する内容のチラシ=写真=を配布した。市に寄せられる騒音の苦情は年々増えており、米側の説明と市民感覚との隔たりが改めて浮き彫りとなった。

 会場に展示していたオスプレイ2機のうち1機の機体内を開放し、「同盟力」と題したチラシを置いていた。同盟国の利点として「第三海兵遠征軍の日本防衛能力を高める」とする一方、沖縄にとっての利点に「アジア太平洋地域各国での演習に毎月配備され、沖縄での配備・訓練の時間を削減」という点を挙げた。


(2)琉球新報-グリーンピースがFBで辺野古・高江を発信 平和と自然守る闘い-2016年9月26日 11:00


 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】国際環境保護団体グリーンピースは21日から、フェイスブック上で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設や東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡る県民の闘いを伝える映像を公開している。映像内容を「日本の祖父母たちは勇ましい闘いの中で、平和と沖縄の希少動物の生息地を守るために立ち上がっている」と紹介し、シェアを呼び掛けている。 ー

 映像は約1分間。沖縄には米国外で最大の米海兵隊基地があると紹介。機動隊とその車両で封鎖されたキャンプ・シュワブのゲート前の写真と共に「しかし海兵隊は基地を拡張したい」とし、それが意味することは「破壊」と指摘した上で、やんばるの豊かな森、サンゴ礁、色鮮やかな魚などを紹介している。

 またゲート前で抗議運動する市民や機動隊により排除される市民らの様子を映し出した写真と共に「沖縄の人々は過去20年間、基地の拡張に反対している。しかし、日本政府はその計画を強行している」と伝え、県民の多くが諦めていないと強調した。


(3)琉球新報-搭乗ヘリ騒音79デシベル 稲田防衛相の沖縄視察 「配慮欠ける」と識者-2016年9月26日 11:15


 【東・国頭】稲田朋美防衛相が24日に米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設予定地を視察した際、東村高江のN4地区付近の測定機で午前10時5分に最大79・2デシベルの騒音を記録していたことが25日、分かった。渡嘉敷健琉球大准教授(環境・音響工学)によると「地下鉄の車内」に相当する。午前10時1分には78デシベル、同10時10分に73・4デシベル、同10時18分に65・4デシベルを記録した。

 渡嘉敷准教授は「視察だけなら民間の小さなヘリや自衛隊機の中でももっと音の小さなヘリもある。音の大きなCH47を使うのは、地上にいる住民への配慮が欠けていると言わざるを得ない」と指摘した。


(4)沖縄タイムス- 沖縄タイムス辺野古・高江取材班ツイート


 9月26日午前11時、東村高江のヘリパッド建設のため、警察車両に先導された砂利を積んだダンプ4台がN1から入りました。市民によると今日はこれで計26台のダンプが入りました。


by asyagi-df-2014 | 2016-09-26 16:01 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧