沖縄-辺野古・高江から-2016年9月25日

 2016年9月25日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


「『戦争、強制接収、米軍統治、そして現在の基地集中があり、歴史がほとんど変わらないのに、再編計画がどうだとか言っても、県民は簡単に理解しない』と強調した。」
 これは、沖縄県知事と防衛省との会談での発言である。
 この歴史に始まることを、安倍晋三政権は、深く理解しなければならない。
それは、「例えば彼らが『これは沖縄の負担軽減だから』と言ったって、『われわれにとって、これは痛みでしかないんです』ということがある。それが歴史だ」(沖縄タイムス)、ということを肝に命じることだ。


(1)琉球新報-工事の強行を批判 北部訓練場のヘリパッド建設で沖縄県知事 初訪問の防衛相と会談-2016年9月25日 05:02


 琉球新報は、標題について次の様に用の報じた。


①「就任後初めて沖縄県を訪問した稲田朋美防衛相は24日、翁長雄志知事や沖縄本島北部の基地所在市町村長、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設地周辺の東村高江区長らと相次いで会談した。翁長知事は22日に起きた米軍ハリアー機の沖縄本島東沖での墜落事故に抗議し、原因究明までの飛行中止と徹底解明、再発防止策を求めた。」
②「翁長知事は名護市辺野古の埋め立てを巡る不作為の違法確認訴訟で最高裁に上告したことも伝え『地方自治制度を軽視し、県民の気持ちを踏みにじる不当なものだ』と述べた。ヘリパッド建設については「十分な説明がないまま、法的根拠もはっきりしない中で自衛隊ヘリを導入するなど容認しがたい状況が続いている」と工事強行の政府姿勢を批判した。」
③「ハリアー墜落の抗議を受けて稲田防衛相は『「沖縄の皆さんが不安の下で暮らしていることをしっかり受け止めなければならない』と話し、遺憾の意を示した。知事との会談前に在日米軍のチャールズ・G・シュローティ副司令官に原因究明と再発防止を求めたと説明、安全確認されるまでハリアーの飛行停止を確認したと述べた。」
④「米軍普天間飛行場の移設について稲田防衛相は『安倍政権は普天間の危険除去のために辺野古への移転を方針としている。(県と)見解の相違はあるが、一つ一つ目に見える形で負担軽減に真剣に取り組んでいる』強調した。」


(2)琉球新報-負担の「固定化」拒む 沖縄県知事・防衛相会談 県、「軽減」で国と温度差 -2016年9月25日 05:03


 琉球新報は、沖縄県知事と防衛相との会談の様子について、次のように報じた。


①沖縄県の翁長雄志知事は24日、就任後初めて来県した稲田朋美防衛相との会談で、22日に起きた米軍ハリアー戦闘攻撃機の沖縄本島東沖での墜落事故に言及した。繰り返される米軍事故に対する政府の対応の甘さを批判し、『何ら現状が変わらないのは大変残念だ』と不快感を示した。知事が『変わらない』と批判した背景には、沖縄戦を起点に過重な基地負担を押し付けられてきた歴史がある。
②「県は当初、会談冒頭に就任祝いの花束贈呈を予定していたが、22日の墜落事故を受けて『そんな雰囲気ではない』と急きょ取りやめた。県庁の廊下で稲田氏を迎えた翁長知事も、稲田氏本人も、厳しい表情で向き合った。続く会談で知事は、沖縄が米軍統治下にあった歴史などを説明。『戦争、強制接収、米軍統治、そして現在の基地集中があり、歴史がほとんど変わらないのに、再編計画がどうだとか言っても、県民は簡単に理解しない』と強調した。」
③「政府側との立ち位置の違いが浮き彫りになったのは、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド移設工事を巡り、政府が自衛隊ヘリを投入した理由を県が問いただした場面だった。防衛省側は、過去にも自衛隊による物資輸送などを行った『事例』があると説明した。だが県側は輸送が災害救助や民生目的でもなく、県民が縮小を願う米軍施設の建設に行われた点を指摘し、『「(沖縄を除く)46都道府県とは背景が違うでしょう』と反発した。一方の稲田氏は真剣な表情で耳を傾け、『知事の話に理解を示していた』(幹部)様子だったという。22日の墜落事故については稲田氏が『幸い洋上だったが、もし居住地でああいう墜落事故が起きれば大惨事だった』と述べ、これまで県側が政府に主張してきた内容を防衛相自ら“代弁”する場面もあった。県との対話に腐心する様子がうかがえた。だが稲田氏は『安倍政権は普天間飛行場の危険除去のために辺野古への移転を方針としている』と、普天間の移設問題で譲らない姿勢を示した。」
④「防衛省関係者は『県との訴訟を終え、辺野古を埋め立てる方針に変わりはない。その中で負担軽減の取り組みを一生懸命説明し、沖縄の理解を得られるよう努力する』と稲田氏の姿勢を説明する。」
⑤「23日に県が最高裁に上告した辺野古埋め立て承認を巡る違法確認訴訟で、辺野古移設は『普天間の固定化を避け、沖縄の負担軽減になる』と主張する政府。対する県側は『基地負担の固定化につながる』と反論し、別の方法による普天間返還を求めている。県幹部は会談の中で知事が多くの時間を歴史の説明に割いた理由をこう説明した。例えば彼らが『これは沖縄の負担軽減だから』と言ったって、『われわれにとって、これは痛みでしかないんです』ということがある。それが歴史だ。」


(3)沖縄タイムス-翁長知事と稲田防衛相の議論がかみ合わない理由とは?【深掘り】-2016年9月25日 16:48


 沖縄県知事と防衛相の会談について、沖縄タイムスは、大事なのは「71年前の戦争体験に起因する自衛隊への県民感情を推し量るべきだとの思いだ」、と次のように伝えた。


①「『それが上から目線なんだ』。非公開の会談の中で、知事がこう不快感を示した場面があった。東村高江周辺の米軍北部訓練場内へのヘリパッド建設で、資機材の搬入に自衛隊ヘリを使用したことへ防衛省の幹部が理解を求めたときだった。住民らの抗議行動で工事が進まない状況ではヘリ使用はやむを得なかった-。稲田氏に代わり説明した防衛省幹部の発言に知事は反論した。『沖縄の長い歴史を踏まえないといけない』。県幹部は、知事の発言を『71年前の戦争体験に起因する自衛隊への県民感情を推し量るべきだとの思いだ」と解説する。」
②「知事は会談で、戦後、住民は銃剣とブルドーザーで強制的に土地を接収されたこと、27年間米軍の統治下に置かれ続けたこと、沖縄が日本から切り離された『屈辱の日』に、安倍政権が日本の主権回復記念式典を開いたことなどを説明したという。それは、協議に入る上で『歴史を知っているのと知らないのとでは全然違う』という知事の思いがある。これまで安倍晋三首相や閣僚との会談で沖縄の歴史を訴えてきたのも、その思いがあるからだ。だが、この日の会談でも沖縄の歴史に理解は示さなかった。幹部の一人は、『そこが伝わらないことに一番歯がゆさを感じている』と知事の心中を代弁した。」
③「稲田氏は会談で、従来国側が使う『辺野古唯一』との文言は使わず、普天間飛行場の危険性除去には『辺野古しかない』と述べたという。意味合いとしては同じだが、県内部には『沖縄へ配慮し、強い言葉を回避したのでは』との見方もある。知事は会談後、稲田氏の印象を聞かれ『心の内は分からない』と前置きした上で、『耳を傾けていただいた』と述べた。出席者によると、稲田氏は信頼関係の大切さを繰り返し口にし、安倍首相や閣僚に対し、どんな思いが伝わっていないのか知事に質問したという。幹部の一人は、稲田氏は『これまでの要人に比べ、聞く姿勢が感じられた』と評した。」。ただ、稲田氏は東村がヘリパッド完成後に代償として高江区への直接交付金を求めたことに前向きな姿勢を示した。政府方針に従えば、予算を積み増すという『アメとムチ』」ともいえる従来の政府の懐柔策をかざすことも忘れなかった。                     ④「政府が繰り返し強調する普天間の危険性除去や基地負担の軽減。県幹部は、沖縄の歴史や心情を理解しないまま政府が進める沖縄政策を切り捨てた。『沖縄にとって、痛みでしかない』」。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)琉球新報-工事の強行を批判 北部訓練場のヘリパッド建設で沖縄県知事 初訪問の防衛相と会談-2016年9月25日 05:02


 就任後初めて沖縄県を訪問した稲田朋美防衛相は24日、翁長雄志知事や沖縄本島北部の基地所在市町村長、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設地周辺の東村高江区長らと相次いで会談した。翁長知事は22日に起きた米軍ハリアー機の沖縄本島東沖での墜落事故に抗議し、原因究明までの飛行中止と徹底解明、再発防止策を求めた。

 翁長知事は名護市辺野古の埋め立てを巡る不作為の違法確認訴訟で最高裁に上告したことも伝え「地方自治制度を軽視し、県民の気持ちを踏みにじる不当なものだ」と述べた。ヘリパッド建設については「十分な説明がないまま、法的根拠もはっきりしない中で自衛隊ヘリを導入するなど容認しがたい状況が続いている」と工事強行の政府姿勢を批判した。
 ハリアー墜落の抗議を受けて稲田防衛相は「沖縄の皆さんが不安の下で暮らしていることをしっかり受け止めなければならない」と話し、遺憾の意を示した。知事との会談前に在日米軍のチャールズ・G・シュローティ副司令官に原因究明と再発防止を求めたと説明、安全確認されるまでハリアーの飛行停止を確認したと述べた。
 米軍普天間飛行場の移設について稲田防衛相は「安倍政権は普天間の危険除去のために辺野古への移転を方針としている。(県と)見解の相違はあるが、一つ一つ目に見える形で負担軽減に真剣に取り組んでいる」と強調した。


(2)琉球新報-負担の「固定化」拒む 沖縄県知事・防衛相会談 県、「軽減」で国と温度差 -2016年9月25日 05:03


 沖縄県の翁長雄志知事は24日、就任後初めて来県した稲田朋美防衛相との会談で、22日に起きた米軍ハリアー戦闘攻撃機の沖縄本島東沖での墜落事故に言及した。繰り返される米軍事故に対する政府の対応の甘さを批判し、「何ら現状が変わらないのは大変残念だ」と不快感を示した。知事が「変わらない」と批判した背景には、沖縄戦を起点に過重な基地負担を押し付けられてきた歴史がある。

 県は当初、会談冒頭に就任祝いの花束贈呈を予定していたが、22日の墜落事故を受けて「そんな雰囲気ではない」と急きょ取りやめた。県庁の廊下で稲田氏を迎えた翁長知事も、稲田氏本人も、厳しい表情で向き合った。続く会談で知事は、沖縄が米軍統治下にあった歴史などを説明。「戦争、強制接収、米軍統治、そして現在の基地集中があり、歴史がほとんど変わらないのに、再編計画がどうだとか言っても、県民は簡単に理解しない」と強調した。
■立ち位置
 政府側との立ち位置の違いが浮き彫りになったのは、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド移設工事を巡り、政府が自衛隊ヘリを投入した理由を県が問いただした場面だった。防衛省側は、過去にも自衛隊による物資輸送などを行った「事例」があると説明した。だが県側は輸送が災害救助や民生目的でもなく、県民が縮小を願う米軍施設の建設に行われた点を指摘し、「(沖縄を除く)46都道府県とは背景が違うでしょう」と反発した。
 一方の稲田氏は真剣な表情で耳を傾け、「知事の話に理解を示していた」(幹部)様子だったという。22日の墜落事故については稲田氏が「幸い洋上だったが、もし居住地でああいう墜落事故が起きれば大惨事だった」と述べ、これまで県側が政府に主張してきた内容を防衛相自ら“代弁”する場面もあった。県との対話に腐心する様子がうかがえた。
 だが稲田氏は「安倍政権は普天間飛行場の危険除去のために辺野古への移転を方針としている」と、普天間の移設問題で譲らない姿勢を示した。
■辺野古変わらず
 防衛省関係者は「県との訴訟を終え、辺野古を埋め立てる方針に変わりはない。その中で負担軽減の取り組みを一生懸命説明し、沖縄の理解を得られるよう努力する」と稲田氏の姿勢を説明する。
 23日に県が最高裁に上告した辺野古埋め立て承認を巡る違法確認訴訟で、辺野古移設は「普天間の固定化を避け、沖縄の負担軽減になる」と主張する政府。対する県側は「基地負担の固定化につながる」と反論し、別の方法による普天間返還を求めている。
 県幹部は会談の中で知事が多くの時間を歴史の説明に割いた理由をこう説明した。「例えば彼らが『これは沖縄の負担軽減だから』と言ったって、『われわれにとって、これは痛みでしかないんです』ということがある。それが歴史だ」(島袋良太)


(3)沖縄タイムス-翁長知事と稲田防衛相の議論がかみ合わない理由とは?【深掘り】-2016年9月25日 16:48


 就任後、稲田朋美防衛相が初めて沖縄を訪問し、翁長雄志知事と会談した。知事は、戦後沖縄が抱え続ける重い基地負担と苦難の歴史を説明、沖縄が名護市辺野古の新基地建設に反対する「背景」を説いた。だが、稲田防衛相側はあくまでも現行計画への理解を求めることに終始。認識はかみ合わず、議論は平行線をたどった。(政経部・大野亨恭)

 「それが上から目線なんだ」。非公開の会談の中で、知事がこう不快感を示した場面があった。

 東村高江周辺の米軍北部訓練場内へのヘリパッド建設で、資機材の搬入に自衛隊ヘリを使用したことへ防衛省の幹部が理解を求めたときだった。

 住民らの抗議行動で工事が進まない状況ではヘリ使用はやむを得なかった-。稲田氏に代わり説明した防衛省幹部の発言に知事は反論した。「沖縄の長い歴史を踏まえないといけない」

 県幹部は、知事の発言を「71年前の戦争体験に起因する自衛隊への県民感情を推し量るべきだとの思いだ」と解説する。

 知事は会談で、戦後、住民は銃剣とブルドーザーで強制的に土地を接収されたこと、27年間米軍の統治下に置かれ続けたこと、沖縄が日本から切り離された「屈辱の日」に、安倍政権が日本の主権回復記念式典を開いたことなどを説明したという。

 それは、協議に入る上で「歴史を知っているのと知らないのとでは全然違う」という知事の思いがある。これまで安倍晋三首相や閣僚との会談で沖縄の歴史を訴えてきたのも、その思いがあるからだ。

 だが、この日の会談でも沖縄の歴史に理解は示さなかった。幹部の一人は、「そこが伝わらないことに一番歯がゆさを感じている」と知事の心中を代弁した。

 稲田氏は会談で、従来国側が使う「辺野古唯一」との文言は使わず、普天間飛行場の危険性除去には「辺野古しかない」と述べたという。意味合いとしては同じだが、県内部には「沖縄へ配慮し、強い言葉を回避したのでは」との見方もある。

 知事は会談後、稲田氏の印象を聞かれ「心の内は分からない」と前置きした上で、「耳を傾けていただいた」と述べた。

 出席者によると、稲田氏は信頼関係の大切さを繰り返し口にし、安倍首相や閣僚に対し、どんな思いが伝わっていないのか知事に質問したという。幹部の一人は、稲田氏は「これまでの要人に比べ、聞く姿勢が感じられた」と評した。

 ただ、稲田氏は東村がヘリパッド完成後に代償として高江区への直接交付金を求めたことに前向きな姿勢を示した。政府方針に従えば、予算を積み増すという「アメとムチ」ともいえる従来の政府の懐柔策をかざすことも忘れなかった。

 政府が繰り返し強調する普天間の危険性除去や基地負担の軽減。県幹部は、沖縄の歴史や心情を理解しないまま政府が進める沖縄政策を切り捨てた。

 「沖縄にとって、痛みでしかない」


by asyagi-df-2014 | 2016-09-25 17:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧