沖縄-辺野古・高江から-2016年9月22日

 2016年9月22日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 21日に開催された「不当判決に抗議する!翁長知事を支え!辺野古新基地建設反対県民集会」では、「『沖縄の歴史と未来に大きな禍根を残さないため、島ぐるみで、県民総ぐるみで最後まで闘い続ける』とする集会アピール文を読み上げ、満場一致で採択された。」
、という。
 これが、沖縄の民意だ。


(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>沖縄県外の若者らが緊急行動 建設阻止へ環境団体とも連携-2016年9月21日 19:34


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江周辺での米軍ヘリパッド建設に反対する県外の若者有志の会『ヘリパッド建設に反対する緊急行動』と環境・人権団体の代表者らによる共同記者会見が21日、参院議員会館であった。」、と報じた。
 また、「有志の会は、高江での現地行動に参加した京都造形美術大学院生の早瀬道生さん(24)の呼び掛けに応じた、宜野湾市出身で国際基督教大4年の元山仁士郎さん(24)、三重県在住のアルバイト、岡歩美さん(25)らを中心に約40人で結成。メンバーの現地派遣やブログなどでの情報発信、都内などでの街宣活動などを通して、『本土では報道されることが少ない政府による理不尽な基地建設を多くの人に知ってもらい、阻止につなげたい』(元山さん)。早瀬さんも『県道を歩いているだけで機動隊に包囲され、人権侵害だ』と批判した。その上で『沖縄で起きていることは日本全体の問題で、私たち自身の問題だ。日米安保のために沖縄に過剰な負担を強いているのは沖縄以外の都道府県に生きる私たちで、私たちには行動する責任がある』との声明を発表した。」、と伝えた。
 さらに、「会見には、国際環境NGO『グリーンピース・ジャパン』や環境保護団体『FoEジャパン』、人権団体『ヒューマンライツ・ナウ』の代表者らも参加。幅広い観点で地元住民や若者グループらと連携し、ヘリパッド建設阻止に向けた活動を展開するとした。赤嶺政賢衆院議員(共産)、福島瑞穂参院議員(社民)らも参加した。」、と伝えた。


(2)琉球新報-新基地阻止「闘い抜く」  県敗訴判決 1500人が抗議 那覇-2016年9月22日 05:02


 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は「不当判決に抗議する!翁長知事を支え!辺野古新基地建設反対県民集会」を開催した。このの集会について、琉球新報は、次のように報じた。


①「名護市辺野古の埋め立て承認取り消しで国が県を提訴した不作為の違法確認訴訟で県が敗訴したことを受け、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は21日夕、『不当判決に抗議する!翁長知事を支え!辺野古新基地建設反対県民集会』を那覇市の県民広場で開いた。約1500人(主催者発表)が集まり、最高裁での県勝訴に向けて気勢を上げた。」
②「オール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長は『判決は民意や歴史を全く顧みない、全て国の言い分をコピーしたような内容だった。最高裁まで闘う、その後も闘うことを確認する日にしたい』とあいさつした。翁長雄志知事は集会に出席しなかったが、『判決は【辺野古が唯一】との国の主張を追認する内容だった。ここまで露骨に時の為政者にすり寄った不公正な判決が出せるのかとあぜんとした。最高裁には沖縄の現状から目をそらすことなく、公平で良識ある判断を示されることを期待する】とのメッセージを寄せた。23日に上告することも改めて示した。」
③「県弁護団長の竹下勇夫弁護士は『判決は裁判の前に行われた国地方係争処理委員会の審理について一切無視している。判決の中で【埋め立てによる利益と不利益を比較する必要がある】と言っているのに、判決自体がその点を比較せず、国側からの書類だけで【辺野古が唯一だ』と言ってしまっている】と問題点を指摘した。」
④「オール沖縄共同代表の一人、玉城愛さんが『沖縄の歴史と未来に大きな禍根を残さないため、島ぐるみで、県民総ぐるみで最後まで闘い続ける』とする集会アピール文を読み上げ、満場一致で採択された。」


(3)琉球新報-県敗訴の判決文 宜野湾市長選 立候補者名と日付誤記 高裁支部、修正せず-2016年9月22日 10:34


 琉球新報は、「名護市辺野古の埋め立て承認を巡り国が県を訴えた不作為の違法確認訴訟で16日に判決を出した福岡高裁那覇支部が、判決文の中でことし1月24日に行われた宜野湾市長選の日程と、立候補者名を間違えて記載していた。市長選の日は『2月24日』とした上で『現職の佐喜真淳氏が、被告(翁長雄志知事)を支持するオール沖縄が推す伊波洋一氏を抑えて再選した』と記載した。実際は新人の志村恵一郎氏が佐喜真氏の対抗馬として立候補していた。高裁那覇支部は21日、『誤記があるのはご指摘の通り。ただ更正決定まではしない』と回答した。誤記の経緯は不明だとした。」、と報じた。
 また、「違法確認訴訟では県側が提出した準備書面でも宜野湾市長選の日付を『2月24日』と表記していた。」、と伝えた。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>砂利搭載ダンプ20台、北部訓練場内へ-2016年9月22日 12:59


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリパッド建設で、22日も早朝から、建設に反対する市民らが米軍北部訓練場周辺の県道など複数箇所で抗議行動を続けた。市民約20人が集まったNI入り口では、『やんばるの森を壊すな』などと声を上げたが、建設に向けた砂利を積んだダンプのべ20台が入った。そのほか、鉄パイプや水タンクなどを荷台に載せたトラック3台も訓練場内へ入った。警察の機動隊100人以上が警備に当たったが、市民への強制排除はなかった。」、と報じた。



 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>沖縄県外の若者らが緊急行動 建設阻止へ環境団体とも連携-2016年9月21日 19:34



 沖縄県東村高江周辺での米軍ヘリパッド建設に反対する県外の若者有志の会「ヘリパッド建設に反対する緊急行動」と環境・人権団体の代表者らによる共同記者会見が21日、参院議員会館であった。

 有志の会は、高江での現地行動に参加した京都造形美術大学院生の早瀬道生さん(24)の呼び掛けに応じた、宜野湾市出身で国際基督教大4年の元山仁士郎さん(24)、三重県在住のアルバイト、岡歩美さん(25)らを中心に約40人で結成。メンバーの現地派遣やブログなどでの情報発信、都内などでの街宣活動などを通して、「本土では報道されることが少ない政府による理不尽な基地建設を多くの人に知ってもらい、阻止につなげたい」(元山さん)。早瀬さんも「県道を歩いているだけで機動隊に包囲され、人権侵害だ」と批判した。その上で「沖縄で起きていることは日本全体の問題で、私たち自身の問題だ。日米安保のために沖縄に過剰な負担を強いているのは沖縄以外の都道府県に生きる私たちで、私たちには行動する責任がある」との声明を発表した。

 会見には、国際環境NGO「グリーンピース・ジャパン」や環境保護団体「FoEジャパン」、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」の代表者らも参加。幅広い観点で地元住民や若者グループらと連携し、ヘリパッド建設阻止に向けた活動を展開するとした。赤嶺政賢衆院議員(共産)、福島瑞穂参院議員(社民)らも参加した。


(2)琉球新報-新基地阻止「闘い抜く」  県敗訴判決 1500人が抗議 那覇-2016年9月22日 05:02


 名護市辺野古の埋め立て承認取り消しで国が県を提訴した不作為の違法確認訴訟で県が敗訴したことを受け、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は21日夕、「不当判決に抗議する!翁長知事を支え!辺野古新基地建設反対県民集会」を那覇市の県民広場で開いた。約1500人(主催者発表)が集まり、最高裁での県勝訴に向けて気勢を上げた。

 オール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長は「判決は民意や歴史を全く顧みない、全て国の言い分をコピーしたような内容だった。最高裁まで闘う、その後も闘うことを確認する日にしたい」とあいさつした。

 翁長雄志知事は集会に出席しなかったが、「判決は『辺野古が唯一』との国の主張を追認する内容だった。ここまで露骨に時の為政者にすり寄った不公正な判決が出せるのかとあぜんとした。最高裁には沖縄の現状から目をそらすことなく、公平で良識ある判断を示されることを期待する」とのメッセージを寄せた。23日に上告することも改めて示した。

 県弁護団長の竹下勇夫弁護士は「判決は裁判の前に行われた国地方係争処理委員会の審理について一切無視している。判決の中で『埋め立てによる利益と不利益を比較する必要がある』と言っているのに、判決自体がその点を比較せず、国側からの書類だけで『辺野古が唯一だ』と言ってしまっている」と問題点を指摘した。

 オール沖縄共同代表の一人、玉城愛さんが「沖縄の歴史と未来に大きな禍根を残さないため、島ぐるみで、県民総ぐるみで最後まで闘い続ける」とする集会アピール文を読み上げ、満場一致で採択された。


(3)琉球新報-県敗訴の判決文 宜野湾市長選 立候補者名と日付誤記 高裁支部、修正せず-2016年9月22日 10:34


 名護市辺野古の埋め立て承認を巡り国が県を訴えた不作為の違法確認訴訟で16日に判決を出した福岡高裁那覇支部が、判決文の中でことし1月24日に行われた宜野湾市長選の日程と、立候補者名を間違えて記載していた。市長選の日は「2月24日」とした上で「現職の佐喜真淳氏が、被告(翁長雄志知事)を支持するオール沖縄が推す伊波洋一氏を抑えて再選した」と記載した。実際は新人の志村恵一郎氏が佐喜真氏の対抗馬として立候補していた。

 高裁那覇支部は21日、「誤記があるのはご指摘の通り。ただ更正決定まではしない」と回答した。誤記の経緯は不明だとした。

 違法確認訴訟では県側が提出した準備書面でも宜野湾市長選の日付を「2月24日」と表記していた。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>砂利搭載ダンプ20台、北部訓練場内へ-2016年9月22日 12:59


 東村高江周辺のヘリパッド建設で、22日も早朝から、建設に反対する市民らが米軍北部訓練場周辺の県道など複数箇所で抗議行動を続けた。市民約20人が集まったNI入り口では、「やんばるの森を壊すな」などと声を上げたが、建設に向けた砂利を積んだダンプのべ20台が入った。そのほか、鉄パイプや水タンクなどを荷台に載せたトラック3台も訓練場内へ入った。

 警察の機動隊100人以上が警備に当たったが、市民への強制排除はなかった。


by asyagi-df-2014 | 2016-09-22 15:27 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧