安倍晋三政権は、「共謀罪」新法案の臨時国会への提出を見送る。

 標題について、朝日新聞は2016年9月16日、「『共謀罪』新法案、臨時国会への提出見送り 政府・与党 」、と次のように報じた。


①「政府・与党は、『共謀罪』の要件を変えて『テロ等組織犯罪準備罪』を新設する法案を26日召集の臨時国会に提出しない方針を決めた。菅義偉官房長官は16日午前の閣議後の記者会見で、『予定法案の中には入っていない』と述べた。来年の通常国会に提出し、成立を目指す方針だ。」
②「政府・与党は同法案を臨時国会に提出して継続審議とし、通常国会で成立させる案を検討していた。臨時国会では環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案など他の優先案件があるため、野党や世論の反発が予想される『共謀罪』新法案の提出は見送ることにした。自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は16日午前、東京都内のホテルで会談し、こうした方針を確認。自民党の竹下亘国対委員長は記者団に『(臨時国会には)出さない方向』と語った。16日午前の衆院議院運営委員会理事会では、政府側が提出検討中の法案リストからも外していることを明らかにした。」
③「犯罪の計画段階で処罰する『共謀罪』は、過去3回廃案になっている。このため、『2国会をまたぐことで丁寧にやっていることを示す』(政権幹部)狙いもあり、臨時国会提出案が検討されていた。一方で、他の重要法案への影響を避けるため、先送りすべきだとの意見も根強かった。こうした状況を踏まえ、首相官邸や所管する法務省、自民党の間で調整。その結果、通常国会に先送りすることで決着した。別の政権幹部は『通常国会には確実に提出し、同国会で成立させる』としている。」


 安倍晋三政権の方針が、強固に「通常国会には確実に提出し、同国会で成立させる」、ということにある以上、このことの阻止に向けて、一層の取り組みが必要となる。


 以下、朝日新聞の引用。








朝日新聞-「共謀罪」新法案、臨時国会への提出見送り 政府・与党-2016年9月16日11時25分


 政府・与党は、「共謀罪」の要件を変えて「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する法案を26日召集の臨時国会に提出しない方針を決めた。菅義偉官房長官は16日午前の閣議後の記者会見で、「予定法案の中には入っていない」と述べた。来年の通常国会に提出し、成立を目指す方針だ。

 政府・与党は同法案を臨時国会に提出して継続審議とし、通常国会で成立させる案を検討していた。臨時国会では環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案など他の優先案件があるため、野党や世論の反発が予想される「共謀罪」新法案の提出は見送ることにした。

 自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は16日午前、東京都内のホテルで会談し、こうした方針を確認。自民党の竹下亘国対委員長は記者団に「(臨時国会には)出さない方向」と語った。16日午前の衆院議院運営委員会理事会では、政府側が提出検討中の法案リストからも外していることを明らかにした。

 ログイン前の続き犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」は、過去3回廃案になっている。このため、「2国会をまたぐことで丁寧にやっていることを示す」(政権幹部)狙いもあり、臨時国会提出案が検討されていた。一方で、他の重要法案への影響を避けるため、先送りすべきだとの意見も根強かった。

 こうした状況を踏まえ、首相官邸や所管する法務省、自民党の間で調整。その結果、通常国会に先送りすることで決着した。別の政権幹部は「通常国会には確実に提出し、同国会で成立させる」としている。


by asyagi-df-2014 | 2016-09-17 09:49 | 共謀罪 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧