沖縄-辺野古・高江から-2016年9月3日

 2016年9月3日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 今、沖縄で起こっていること。
 「『不偏不党・公平中立であるはずの警察が、工事事業者の便宜を図った』と批判し、警察法2条1項で定める警察の責務を逸脱した行為で『責務を離れた行為をすることを警察法は明確に禁じている』と指摘」(小口幸人弁護士)。
 もはや、やりたい放題。
 日本は、法治国家の体をなしていない。


(1)琉球新報-北部ヘリパッド工事、警察が作業員輸送 車両でゲート前へ-2016年9月3日 05:02


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設現場に近い、国頭村安波の県道70号で2日、抗議市民らに足止めされていた工事作業員約10人を、警察が警察車両3台で東村高江の同訓練場『N1地区』ゲート前まで乗せた。警察はこれまで作業員の車両を先導したり、通行を阻止する市民を排除したりしていたが、作業員を警察車両に乗せて直接ゲートまで運んだのは初めて。建設に反対する市民らは『やり過ぎだ』などと怒りの声を上げた。」、と報じた。
 この県警の対応について、「県警は『警察官が(足止めの)現場からゲートに戻る際に、同じ方向に歩いて向かっていたこともあり、安全確保と(トラブルの)予防措置のため乗せた』と説明した。」、と伝えた。
 さらに、「小口幸人弁護士は『不偏不党・公平中立であるはずの警察が、工事事業者の便宜を図った』と批判し、警察法2条1項で定める警察の責務を逸脱した行為で『責務を離れた行為をすることを警察法は明確に禁じている』と指摘している。」、と報じた。


(2)沖縄タイムス-沖縄県警が市民に謝罪 高江ヘリパッド抗議でのレッカー移動で車に傷-2016年9月3日 05:00


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリパッド建設の抗議行動で1日、ジャッキによる移動で車を傷つけたとして、県警が抗議に参加していた所有者の北上田毅さんに謝罪した。北上田さんによると、これまでも車を傷つけられた市民はいるが、県警が認めたのは初めてだという。」、と報じた。
 また、「左前輪横についた傷は大きさ約10センチ。県警側がその場で謝罪し、事故処理した上で修理費を負担するとの説明をしたという。北上田さんは『最近の排除は荒っぽさが増している。早く工事を終えたい国の焦りが影響しているのでは』と話した。」、と伝えた。


(3)琉球新報-N1ゲート前に300人 機動隊も車両40台、400人集結-2016年9月3日 09:53


 琉球新報は2016年9月3日、高江の様子を次のように伝えた。


①「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、新たなヘリパッド建設に反対する市民ら約300人は3日午前6時すぎ、N1地区ゲート前で集会を始めた。集会と同時にN1ゲートより東村高江側にある高江橋で、市民ら約50人が車両を止めたり、座り込んだりして、ダンプカーや作業車をゲート内に入れない抗議行動を展開している。午前8時30分現在、高江橋周辺に市民の車両約50台が止められている。N1ゲート前で行われている集会への参加者は高江橋の手前で車を止め、徒歩で向かっている。」
②「基地の県内移設に反対する県民会議が8月29日の幹事会で9月から毎週2回(水・土曜日)、ヘリパッド建設阻止を目的にした一斉行動を行うことを決めており、3日はその初日。午前8時現在、ダンプカーによる砂利搬入や作業員を乗せた工事関係車両は確認されていない。集会が始まってから1時間をすぎた午前7時半ごろ、平和市民連絡会のメンバー55人が大型バスで駆け付け、集会参加者から拍手で迎えられた。退役軍人でつくる「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」琉球沖縄支部のダグラス・ラミスさん(80)ら6人も参加している。」
③「機動隊は午前5時前から車両約40台で現場に集結した。市民が集会や抗議行動をしている地点の周辺で機動隊約400人が待機している。」
④「市民らは午前4時半すぎから東村高江の集落の手前にある大泊橋に車両数台を止め、工事作業員の乗った車両の通行阻止行動を始めた。その際、N1ゲートに向かう警察車両約40台の車列が橋の手前の県道70号にずらりと並び、異様な光景が広がった。」
⑤「N1ゲートで始まった集会で沖縄平和運動センターの山城博治議長は『早朝からものすごい数の警察が集結し、抗議行動を排除しようとしている。私たちの体は押さえ付けられても、県民の怒りは押さえ付けることはできない。きょう一日、複数の場所で工事関係車両をゲート内に入れない抗議行動を展開していこう』と呼び掛けた。糸数慶子参議院議員も登壇しあいさつした。」


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)琉球新報-北部ヘリパッド工事、警察が作業員輸送 車両でゲート前へ-2016年9月3日 05:02


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設現場に近い、国頭村安波の県道70号で2日、抗議市民らに足止めされていた工事作業員約10人を、警察が警察車両3台で東村高江の同訓練場「N1地区」ゲート前まで乗せた。警察はこれまで作業員の車両を先導したり、通行を阻止する市民を排除したりしていたが、作業員を警察車両に乗せて直接ゲートまで運んだのは初めて。建設に反対する市民らは「やり過ぎだ」などと怒りの声を上げた。

 市民によると午前9時半ごろ、N1ゲートから北側約4キロの県道を、作業員の車両が警察車両に先導されながらゲートに向かい南下。市民らは県道上に車13台を止めて通行を阻止した。午前11時50分ごろ、作業員は機動隊の誘導でゲート方向に歩いて向かった後、その先に止まっていた警察車両に乗り込んだ。
 同ゲート前に乗り付けた赤色灯のついたワゴン車やパトカーなどの警察車両から作業員が降り、ゲートに入っていったという。目撃した市民らは「警察は公正中立ではないのか」「市民らの車は足止めするくせに」と反発した。
 県警は「警察官が(足止めの)現場からゲートに戻る際に、同じ方向に歩いて向かっていたこともあり、安全確保と(トラブルの)予防措置のため乗せた」と説明した。
 小口幸人弁護士は「不偏不党・公平中立であるはずの警察が、工事事業者の便宜を図った」と批判し、警察法2条1項で定める警察の責務を逸脱した行為で「責務を離れた行為をすることを警察法は明確に禁じている」と指摘している。


(2)沖縄タイムス-沖縄県警が市民に謝罪 高江ヘリパッド抗議でのレッカー移動で車に傷-2016年9月3日 05:00


 東村高江周辺のヘリパッド建設の抗議行動で1日、ジャッキによる移動で車を傷つけたとして、県警が抗議に参加していた所有者の北上田毅さんに謝罪した。北上田さんによると、これまでも車を傷つけられた市民はいるが、県警が認めたのは初めてだという。

 左前輪横についた傷は大きさ約10センチ。県警側がその場で謝罪し、事故処理した上で修理費を負担するとの説明をしたという。北上田さんは「最近の排除は荒っぽさが増している。早く工事を終えたい国の焦りが影響しているのでは」と話した。

 抗議は、東村の伊集盛久村長が工事車両の通過を拒否している農道を警察車両などが通過したことへのものだった。

 米軍北部訓練場への工事車両の侵入を阻止するため、市民らは道に車を止める抗議を展開。警察側は車を強制的に移動し、工事車両などを通過させている。


(3)琉球新報-N1ゲート前に300人 機動隊も車両40台、400人集結-2016年9月3日 09:53


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、新たなヘリパッド建設に反対する市民ら約300人は3日午前6時すぎ、N1地区ゲート前で集会を始めた。集会と同時にN1ゲートより東村高江側にある高江橋で、市民ら約50人が車両を止めたり、座り込んだりして、ダンプカーや作業車をゲート内に入れない抗議行動を展開している。午前8時30分現在、高江橋周辺に市民の車両約50台が止められている。N1ゲート前で行われている集会への参加者は高江橋の手前で車を止め、徒歩で向かっている。
 基地の県内移設に反対する県民会議が8月29日の幹事会で9月から毎週2回(水・土曜日)、ヘリパッド建設阻止を目的にした一斉行動を行うことを決めており、3日はその初日。午前8時現在、ダンプカーによる砂利搬入や作業員を乗せた工事関係車両は確認されていない。
 集会が始まってから1時間をすぎた午前7時半ごろ、平和市民連絡会のメンバー55人が大型バスで駆け付け、集会参加者から拍手で迎えられた。退役軍人でつくる「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」琉球沖縄支部のダグラス・ラミスさん(80)ら6人も参加している。
 機動隊は午前5時前から車両約40台で現場に集結した。市民が集会や抗議行動をしている地点の周辺で機動隊約400人が待機している。
 市民らは午前4時半すぎから東村高江の集落の手前にある大泊橋に車両数台を止め、工事作業員の乗った車両の通行阻止行動を始めた。その際、N1ゲートに向かう警察車両約40台の車列が橋の手前の県道70号にずらりと並び、異様な光景が広がった。
 N1ゲートで始まった集会で沖縄平和運動センターの山城博治議長は「早朝からものすごい数の警察が集結し、抗議行動を排除しようとしている。私たちの体は押さえ付けられても、県民の怒りは押さえ付けることはできない。きょう一日、複数の場所で工事関係車両をゲート内に入れない抗議行動を展開していこう」と呼び掛けた。糸数慶子参議院議員も登壇しあいさつした。【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-09-03 20:07 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧