沖縄-辺野古・高江から-2016年9月2日

 2016年9月2日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 「これらの事故は日本側には知らされなかった。」
 これが沖縄の実態である。



(1)沖縄タイムス-汚水1万9千リットル海へ/薬品を排水管に投棄 米軍基地内のずさんな実態-2016年8月31日 07:13


 沖縄タイムスは2016年8月31日、「米軍基地内のずさんな廃棄物処理によって汚水などの基地外流出が相次いでいたことが、米軍内部文書で30日までに分かった。人為的なミスにもかかわらず、当局が個人の処罰に及び腰になっている様子もうかがえる。」、と報じた。
 詳細について、次のように伝えた。


①情報公開請求で入手した内部文書によると2013年2月、キャンプ瑞慶覧から約1万9千リットルの汚水が基地外に流出し、海に到達する事故があった。基地内に住む海兵隊員が料理油を流し、排水管を詰まらせたのが原因だった。だが、在沖米4軍の住宅関係業務を担う空軍の担当者はこの海兵隊員を懲戒しなかった。担当者は内部の電子メールで『彼は海兵隊員だし、乱暴するかもしれないので、むち打つことができない』と書いていた。個人の処分を避ける一方、正しい料理油の処理方法を広く周知することを決定。米軍放送でテレビCMを流した。」
②「この流出事故は、在日米軍から沖縄防衛局に通報されたが、米軍は内部文書で事故原因を『人為的ミス』ではなく『機器の故障』と分類。環境への影響も『最小限』としており、事故を小さく見せようとした可能性がある。」
③「嘉手納基地では09年11月、煙を発生させる液体薬品を排水管から流した事案があった。製品の説明書で投棄は禁じられていた。」
④「14年7月には貯蔵期限切れの注射用薬品数百リットルを排水管に投棄。報告書には『もし薬品が比謝川に達したら、住民の怒りを買うだろう』と記されていた。」
⑤「牧港補給地区では14年10月、女性の生理用品が集合住宅内で不適切に捨てられ、1900リットルの汚水が漏れた。建物は海から100メートル以内の距離だったが、基地外には流出しなかったとみられる。」
⑥「これら三つの事故は日本側には知らされなかった。」


(2)琉球新報-市民弾圧、政府を批判 辺野古、高江でNGO声明-2016年9月2日 05:03


 琉球新報は、「スイスジュネーブで13日から開催される国連の第33会期人権理事会に向けて、人権団体ヒューマンライツ・ナウ(東京)は8月29日(現地時間)、日本政府が辺野古と高江で、平和的に抗議活動を行う市民らを深刻な暴力で弾圧していると批判する声明を提出した。声明は日本政府に、市民に対する暴力的な排除と過度な警備の中止を求めた上で『県民の自己決定の場への参加を保証し、米軍基地の集中を解くべきだ』などと訴えている。」、と報じた。
また、「声明ではその他に(1)集会の自由の保証(2)報道の自由の保証(3)沖縄県民を先住民族と認める-ことなどを訴えている。ヒューマンライツ・ナウは、国連と協議を行うことが認められた国連特別協議資格を持つ日本のNGO。」、と伝えた。


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>反対市民が工事車両を一時止める 機動隊が排除-2016年9月2日 10:50


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド(ヘリ着陸帯)建設工事に反対する市民らは2日午前、高江のN1ゲート前の県道70号で、工事関係者の車両の前に立って基地内進入を一時止めた。機動隊が排除後、作業服を着た男性が基地内に入った。また、同訓練場H地区のヘリパッド建設工事現場につながる『沖縄やんばる海水揚水発電所』前では、市民ら約20人が集会を開くなど工事関係車両の出入りがないか警戒している。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察車両で作業員輸送か 市民反発-
2016年9月2日 13:40


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド(ヘリ着陸帯)建設工事に関連して2日午前、警察車両が作業員約20人を同基地N1ゲート前まで輸送した。建設工事に反対する複数の市民が確認した。市民は『警察の業務は警備であり、作業員の輸送ではないはずだ』と反発している。市民らによると、警察車両での輸送は初めて。
 県道70号沿いで東村高江のN1ゲートから北側に4キロほど、国頭村安波の県営農地開発事業整備地入り口周辺で、市民らが道路に車両を止め、作業員の車での移動を阻止。機動隊員に守られながら市民の間を通り抜けた後、乗車したとみられる。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-大江健三郎さんも…「辺野古・高江の強権やめよ」有識者が抗議声明へ-2016年9月2日 06:25


 沖縄タイムスは、「沖縄県外の有識者でつくる『普天間・辺野古問題を考える会』(代表・宮本憲一大阪市立大名誉教授)は9日、東村高江周辺のヘリパッド建設などを強行する政府に対し、抗議声明を発表する。ノーベル文学賞作家の大江健三郎さんら計71人(8月31日現在)の有識者が声明に賛同しており、名護市辺野古の新基地建設と高江のヘリパッド建設に対し『沖縄の人権・自治・環境・平和を侵害する不法な強権発動を直ちに中止せよ』と訴える。同会は9日に東京の参院議員会館で記者会見を開き、声明を発表する。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-汚水1万9千リットル海へ/薬品を排水管に投棄 米軍基地内のずさんな実態-2016年8月31日 07:13



 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍基地内のずさんな廃棄物処理によって汚水などの基地外流出が相次いでいたことが、米軍内部文書で30日までに分かった。人為的なミスにもかかわらず、当局が個人の処罰に及び腰になっている様子もうかがえる。

 情報公開請求で入手した内部文書によると2013年2月、キャンプ瑞慶覧から約1万9千リットルの汚水が基地外に流出し、海に到達する事故があった。基地内に住む海兵隊員が料理油を流し、排水管を詰まらせたのが原因だった。

 だが、在沖米4軍の住宅関係業務を担う空軍の担当者はこの海兵隊員を懲戒しなかった。担当者は内部の電子メールで「彼は海兵隊員だし、乱暴するかもしれないので、むち打つことができない」と書いていた。

 個人の処分を避ける一方、正しい料理油の処理方法を広く周知することを決定。米軍放送でテレビCMを流した。

 この流出事故は、在日米軍から沖縄防衛局に通報されたが、米軍は内部文書で事故原因を「人為的ミス」ではなく「機器の故障」と分類。環境への影響も「最小限」としており、事故を小さく見せようとした可能性がある。

 嘉手納基地では09年11月、煙を発生させる液体薬品を排水管から流した事案があった。製品の説明書で投棄は禁じられていた。

 14年7月には貯蔵期限切れの注射用薬品数百リットルを排水管に投棄。報告書には「もし薬品が比謝川に達したら、住民の怒りを買うだろう」と記されていた。

 牧港補給地区では14年10月、女性の生理用品が集合住宅内で不適切に捨てられ、1900リットルの汚水が漏れた。建物は海から100メートル以内の距離だったが、基地外には流出しなかったとみられる。

 これら三つの事故は日本側には知らされなかった。



(2)琉球新報-市民弾圧、政府を批判 辺野古、高江でNGO声明-2016年9月2日 05:03



 スイスジュネーブで13日から開催される国連の第33会期人権理事会に向けて、人権団体ヒューマンライツ・ナウ(東京)は8月29日(現地時間)、日本政府が辺野古と高江で、平和的に抗議活動を行う市民らを深刻な暴力で弾圧していると批判する声明を提出した。声明は日本政府に、市民に対する暴力的な排除と過度な警備の中止を求めた上で「県民の自己決定の場への参加を保証し、米軍基地の集中を解くべきだ」などと訴えている。

 日本は2017年に、国連の人権理事会による全般的な人権状況審査「普遍的定期審査(UPR)」を控えており、辺野古新基地建設や高江のヘリパッド建設現場における市民の強制排除などが厳しい国際世論にさらされる可能性がある。
 国連の人権理事会に詳しい琉球大学の島袋純教授によると、声明の提出は47の理事国を持つ人権理事会への問題提起の意味を持つ。島袋教授は「声明の内容がすぐに議題になるわけではないが、世界中に日本の人権状況が伝わることで、今後の改善勧告につながる可能性もある」と話した。
 声明ではその他に(1)集会の自由の保証(2)報道の自由の保証(3)沖縄県民を先住民族と認める-ことなどを訴えている。ヒューマンライツ・ナウは、国連と協議を行うことが認められた国連特別協議資格を持つ日本のNGO。



(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>反対市民が工事車両を一時止める 機動隊が排除-2016年9月2日 10:50



 【東】東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド(ヘリ着陸帯)建設工事に反対する市民らは2日午前、高江のN1ゲート前の県道70号で、工事関係者の車両の前に立って基地内進入を一時止めた。機動隊が排除後、作業服を着た男性が基地内に入った。
 また、同訓練場H地区のヘリパッド建設工事現場につながる「沖縄やんばる海水揚水発電所」前では、市民ら約20人が集会を開くなど工事関係車両の出入りがないか警戒している。



(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察車両で作業員輸送か 市民反発-2016年9月2日 13:40



 沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド(ヘリ着陸帯)建設工事に関連して2日午前、警察車両が作業員約20人を同基地N1ゲート前まで輸送した。建設工事に反対する複数の市民が確認した。
 市民は「警察の業務は警備であり、作業員の輸送ではないはずだ」と反発している。市民らによると、警察車両での輸送は初めて。
 県道70号沿いで東村高江のN1ゲートから北側に4キロほど、国頭村安波の県営農地開発事業整備地入り口周辺で、市民らが道路に車両を止め、作業員の車での移動を阻止。機動隊員に守られながら市民の間を通り抜けた後、乗車したとみられる。



( 5)沖縄タイムス-大江健三郎さんも…「辺野古・高江の強権やめよ」有識者が抗議声明へ-2016年9月2日 06:25



 沖縄県外の有識者でつくる「普天間・辺野古問題を考える会」(代表・宮本憲一大阪市立大名誉教授)は9日、東村高江周辺のヘリパッド建設などを強行する政府に対し、抗議声明を発表する。ノーベル文学賞作家の大江健三郎さんら計71人(8月31日現在)の有識者が声明に賛同しており、名護市辺野古の新基地建設と高江のヘリパッド建設に対し「沖縄の人権・自治・環境・平和を侵害する不法な強権発動を直ちに中止せよ」と訴える。
 同会は9日に東京の参院議員会館で記者会見を開き、声明を発表する。
 事務局を担当する寺西俊一一橋大学名誉教授は本紙の取材に「安倍政権は、民主主義に基づく法治国家にあるまじき、極めて無法な強権的対応を強めている。本土から声を上げ、さらに賛同の輪を広げたい」と話した。
 同会は昨年4月にも、辺野古新基地建設の作業中止を求め、安倍晋三首相宛てに緊急声明と8千人を超える署名を提出している。


by asyagi-df-2014 | 2016-09-02 20:54 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧