沖縄-辺野古・高江から-2016年8月26日

 2016年8月26日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-高江の警備「過剰」 知事、抗議排除を批判-2016年8月26日 05:02


 琉球新報は、「翁長雄志知事は25日、県庁で定例記者会見を開いた。米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)工事の現場で市民と機動隊のもみ合いが続いている状況について『機動隊を500人とも800人ともいわれる形で動員すれば、過剰警備であることは間違いない』と指摘した。県外の機動隊員が、翁長知事が任命権を持つ県公安委員会の要請で派遣されている点について『その意味では大変忸怩(じくじ)たるものがある』と述べた。」、と報じた。
 また、次のように続けた。


①「政府が参院選の翌朝に移設工事を再開したことにも触れ『(国は)県民に寄り添い、しっかり話し合いをする姿勢とはほど遠い』と政府姿勢を批判した。」
②「機動隊派遣を巡る県公安委員会の判断に関連しては『公安委員会の在り方は公正公平、独立性も含めて中立の要素を持っていると認識している』とも述べた。」
③「ヘリパッド建設に伴う森林伐採や赤土流出防止については『森林伐採や赤土の問題などは法律条例の問題にも関わってくる。法治国家なのだからしっかり対応してほしい』と国に注文した。その上で『県はオスプレイの配備撤回も求めている。これも丁寧な説明がなければ、信頼関係という意味ではおかしいのではないか』と語り、改めてオスプレイの配備撤回を求めた。」


(2)琉球新報-辺野古陸上工事を先送り 政府、来月の判決後に-2016年8月25日 19:49


 琉球新報は、「政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ陸上部での工事再開について、移設を巡る県との再訴訟の高裁判決が言い渡される来月16日の後に先送りする方針を固めた。裁判所の判断に影響が出るのを避ける狙いがあるとみられる。政府関係者が25日、明らかにした。関係者によると、当初は8月中の着手を検討していた。政府は辺野古での工事を全面的に中断しているが、陸上部については『県と交わした和解条項が中止を定める埋め立て工事とは関係ない』として、再開の意向を7月に沖縄県側へ伝えている。」、と報じた。


(3)琉球新報-辺野古 陸上工事は判決後 国、訴訟への影響回避-2016年8月26日 10:44


 琉球新報は、「政府は、米軍普天間飛行場の移設先となる名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ陸上部での工事再開について、移設を巡る県との再訴訟の高裁判決が言い渡される来月16日の後に先送りする方針を固めた。裁判所の判断に影響が出るのを避ける狙いがあるとみられる。政府関係者が25日、明らかにした。関係者によると、当初は8月中の着手を検討していた。政府は辺野古での工事を全面的に中断しているが、陸上部については『県と交わした和解条項が中止を定める埋め立て工事とは関係ない』として、再開の意向を7月に県側へ伝えている。防衛省によると、陸上工事では移設予定地にある隊舎などを外側の区域に移転する。作業で使用するコンクリート製造施設も建設する。県側は「埋め立て工事と関係がない事業なのかはっきりしない」(幹部)として難色を示している。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>緊張続く高江 「N1」周辺などで抗議活動-
2016年8月26日 15:13


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは26日も早朝から「N1」「N1裏」と呼ばれる通路やその周辺などで抗議活動を続けた。N1地区では午前11時ごろ、投げた小石が誤って警察車両に当たったとして、うるま市の30歳代の女性が警察に一時拘束され、約1時間後に解放された。またN1裏地区では午後1時ごろ、付近の林道に設置したフェンスの撮影をするためとして、機動隊員60人以上が市民らのテントに接近。にらみ合いとなるなど依然緊張した状態が続いている。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)琉球新報-高江の警備「過剰」 知事、抗議排除を批判-2016年8月26日 05:02



 翁長雄志知事は25日、県庁で定例記者会見を開いた。米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)工事の現場で市民と機動隊のもみ合いが続いている状況について「機動隊を500人とも800人ともいわれる形で動員すれば、過剰警備であることは間違いない」と指摘した。県外の機動隊員が、翁長知事が任命権を持つ県公安委員会の要請で派遣されている点について「その意味では大変忸怩(じくじ)たるものがある」と述べた。

 政府が参院選の翌朝に移設工事を再開したことにも触れ「(国は)県民に寄り添い、しっかり話し合いをする姿勢とはほど遠い」と政府姿勢を批判した。
 機動隊派遣を巡る県公安委員会の判断に関連しては「公安委員会の在り方は公正公平、独立性も含めて中立の要素を持っていると認識している」とも述べた。
 ヘリパッド建設に伴う森林伐採や赤土流出防止については「森林伐採や赤土の問題などは法律条例の問題にも関わってくる。法治国家なのだからしっかり対応してほしい」と国に注文した。その上で「県はオスプレイの配備撤回も求めている。これも丁寧な説明がなければ、信頼関係という意味ではおかしいのではないか」と語り、改めてオスプレイの配備撤回を求めた。


(2)琉球新報-辺野古陸上工事を先送り 政府、来月の判決後に-2016年8月25日 19:49


 政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ陸上部での工事再開について、移設を巡る県との再訴訟の高裁判決が言い渡される来月16日の後に先送りする方針を固めた。裁判所の判断に影響が出るのを避ける狙いがあるとみられる。政府関係者が25日、明らかにした。

 関係者によると、当初は8月中の着手を検討していた。政府は辺野古での工事を全面的に中断しているが、陸上部については「県と交わした和解条項が中止を定める埋め立て工事とは関係ない」として、再開の意向を7月に沖縄県側へ伝えている。
(共同通信)


(3)琉球新報-辺野古 陸上工事は判決後 国、訴訟への影響回避-2016年8月26日 10:44


 政府は、米軍普天間飛行場の移設先となる名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ陸上部での工事再開について、移設を巡る県との再訴訟の高裁判決が言い渡される来月16日の後に先送りする方針を固めた。裁判所の判断に影響が出るのを避ける狙いがあるとみられる。政府関係者が25日、明らかにした。

 関係者によると、当初は8月中の着手を検討していた。政府は辺野古での工事を全面的に中断しているが、陸上部については「県と交わした和解条項が中止を定める埋め立て工事とは関係ない」として、再開の意向を7月に県側へ伝えている。

 防衛省によると、陸上工事では移設予定地にある隊舎などを外側の区域に移転する。作業で使用するコンクリート製造施設も建設する。県側は「埋め立て工事と関係がない事業なのかはっきりしない」(幹部)として難色を示している。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>緊張続く高江 「N1」周辺などで抗議活動-2016年8月26日 15:13


 【東】東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは26日も早朝から「N1」「N1裏」と呼ばれる通路やその周辺などで抗議活動を続けた。

 N1地区では午前11時ごろ、投げた小石が誤って警察車両に当たったとして、うるま市の30歳代の女性が警察に一時拘束され、約1時間後に解放された。

 またN1裏地区では午後1時ごろ、付近の林道に設置したフェンスの撮影をするためとして、機動隊員60人以上が市民らのテントに接近。にらみ合いとなるなど依然緊張した状態が続いている。


by asyagi-df-2014 | 2016-08-26 16:30 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧