米軍再編-最新鋭ステルス機F35、岩国配備へ。米軍再編の中で、基地機能の強化が。

 標題について、朝日新聞は2016年8月22日、「外務、防衛両省は22日、山口県と同県岩国市に対し、米軍が来年1月から最新鋭ステルス戦闘機F35を岩国基地(同市)に配備すると伝えた。国内の米軍基地へのF35の配備は岩国が初めて。岩国基地所属のFA18スーパーホーネット3部隊のうち1部隊(12機)をF35B(10機)に、同年8月にAV8ハリアー部隊(8機)をF35B(6機)に更新すると説明して理解を求めた。」、と報じた。
 なお、「F35を来年国内に配備することは、2013年10月の日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)で合意している。F35はステルス性能や高度の電子戦能力を備えた第5世代の最新鋭戦闘機。垂直離着陸が可能な海兵隊仕様のF35Bのほか、空軍仕様のF35Aなどがある。」、と伝えた。


 米軍再編とは、日本にとって、基地機能の強化による国民の負担増ということでしかない。


 以下、朝日新聞の引用。








朝日新聞-最新鋭ステルス機F35、岩国配備へ 来年1月、国内初-2016年8月22日18時21分


 外務、防衛両省は22日、山口県と同県岩国市に対し、米軍が来年1月から最新鋭ステルス戦闘機F35を岩国基地(同市)に配備すると伝えた。国内の米軍基地へのF35の配備は岩国が初めて。岩国基地所属のFA18スーパーホーネット3部隊のうち1部隊(12機)をF35B(10機)に、同年8月にAV8ハリアー部隊(8機)をF35B(6機)に更新すると説明して理解を求めた。

 F35を来年国内に配備することは、2013年10月の日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)で合意している。F35はステルス性能や高度の電子戦能力を備えた第5世代の最新鋭戦闘機。垂直離着陸が可能な海兵隊仕様のF35Bのほか、空軍仕様のF35Aなどがある。


by asyagi-df-2014 | 2016-08-25 05:49 | 米軍再編 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧