沖縄-辺野古・高江から-2016年8月19日

 2016年8月19日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。
 「交付金制度の創設を自民党県議団に文書で要請」から、「県議団は自民党本部と政府にも交付金制度創設を要請」、という流れは、日本がこれまで陥ってきた悪しき「道程」なのではないか。
高江の闘いは、「沖縄平和運動センターの山城博治議長は『これから本格的な建設工事が始まると予想される。だが来年2月まで工事が長引けば、ノグチゲラの営巣期間で4カ月の中断を余儀なくされる。週2回は拡大した抗議行動を行い、完全に砂利の搬入などを止め、工事を長引かせて中断に追い込もう』」、と今後の運動が提起された。


(1)沖縄タイムス-夜間の林道、9月から通行規制 希少種保護で沖縄・国頭-2016年8月19日 05:00


 沖縄タイムスは、「国頭村は9月5日から希少種の捕獲防止を目的に、村内の全ての林道で夜間の通行を規制する。9月15日に予定されている『やんばる国立公園』指定を前に、村は林道の出入り口20カ所に立て看板を設置し、協力を呼び掛ける考え。今後、夜間に林道へ立ち入る場合は村への事前申請が必要になる。村によると、毎年9~10月はオキナワマルバネクワガタの繁殖シーズン。昨年同時期、捕獲目的で夜間に約40台の車が林道に入ったのが確認されている。夜間の通行規制は希少種に指定されているナミエガエルやケナガネズミ、イボイモリなどの夜行性動物が車にひかれるのを防ぐ目的もある。」、と報じた。
 また、「村世界自然遺産対策室の東江賢次室長は『希少種保護のために協力をお願いしたい』と呼び掛けている。」、と伝えた。


(2)琉球新報-「高江に交付金を」東村、自民県議団に要請 着陸帯建設巡り-2016年8月19日 05:04


 琉球新報は、「東村の伊集盛久村長は17日、米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の運用で地元が受けている騒音被害への補償として高江区への交付金制度の創設を自民党県議団に文書で要請した。飛行ルートの変更や早朝・夜間の飛行中止なども求めた。村がヘリパッド建設に伴い交付金を求めるのは初めて。県議団は村の要請を受け、週明けにも東京を訪れ自民党本部と政府にも交付金制度創設を要請する。」、と報じた。
 また、次のように伝えた。


①「自民党県議団への要請は村役場で非公開で行われた。伊集村長は要請書の中で、2015年に運用が始まったN4地区のヘリパッドは集落に近く、低空による離着陸訓練が繰り返されていると指摘した。その上で早朝や夜間訓練が増加し騒音による地域住民への不安や負担が増大していると訴えた。」
②「伊集村長は交付金制度のほか(1)早朝・夜間訓練を行わないこと(2)住宅地や学校上空を飛行しないこと(3)飛行ルートの変更(4)騒音測定器の追加整備-も求めた。」
③「役場での要請には高江区の仲嶺久美子区長も同席し、騒音の現状を県議団に説明した。
伊集村長はヘリパッド建設容認の立場。区はこれまで建設の反対決議を2度、全会一致で可決している。交付金の要請は伊集村長が行い、仲嶺区長は区として要請しなかった。村には、米軍北部訓練場があることで国からの交付金はあるが、ヘリパッド建設に関する補償金についてはこれまで議論されていなかった。」


(3)琉球新報-沖縄市長、キンザー倉庫移設受け入れへ きょう協議会-2016年8月19日 05:02


 琉球新報は、「防衛省は18日、沖縄市の米軍嘉手納弾薬庫知花地区への米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の倉庫群移設に関する協議会を設置し、初会合を19日に省内で開催すると発表した。同省によると協議会は、移設に向け沖縄市の要望などへの対応を話し合う。桑江朝千夫沖縄市長は19日、移設受け入れを表明する予定だ。」、と報じた。
 また、「協議会は防衛省の地方協力局次長、沖縄防衛局次長、沖縄市副市長らで構成。19日の初会合に合わせ、桑江市長と若宮健嗣防衛副大臣が省内で会談する。協議会は昨年10月、若宮氏が市役所で桑江市長に受け入れを要請した際、交通渋滞や経済振興などの課題解決を協議するために設置が確認されていた。桑江市長は受け入れに向けた条件として、1万人規模の多目的アリーナ建設や運動場などの整備も提示していた。」、と伝えた。


(4)琉球新報-約120台の車列で抗議 北部ヘリパッド建設-2016年8月19日 06:26


 琉球新報は、軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らの抗議行動について、次のように報じた。


①「東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは19日午前5時すぎ、N1地区ゲートへの砂利搬入に対する抗議行動を開始した。市民らは約120台の車両で車列を組み、東村平良の村役場付近から同訓練場のメーンゲートに向けて徐行運転で移動する。途中、機動隊車両や砂利を搬入するトラックと遭遇した場合、その時点で抗議を行う。」
②「東村平良の村役場付近の駐車場には午前4時ごろから、抗議する市民らが乗った車が続々と集結した。当初は午前5時半に出発する予定だったが、予想を超える多くの車が集まり、駐車場に入り切らなくなったため、予定を早めて5時すぎにはメーンゲートに向けて出発した。」
③「砂利搬入を含めたヘリパッド建設に関する作業は旧盆を挟む14日から18日まで停止されていた。19日から作業が再開される予定になっていることから、再開初日のこの日、集会と銘打った早朝の抗議行動への参加を広く呼び掛けていた。午前5時半現在、平良からメーンゲートまでの道中で機動隊車両による検問や封鎖は確認されていない。」


(5)琉球新報-約400人が抗議の声 車両180台がメインゲートに集結 北部ヘリパッド建設-2016年8月19日 07:53


 琉球新報は、「東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民ら約400人は19日午前6時半すぎ、同訓練場のメーンゲート前でN1地区ゲートへの砂利搬入に対する抗議集会を始めた。市民らは午前5時すぎ、約180台の車両で車列を組み、東村平良の村役場付近から同訓練場のメーンゲートに向けて徐行運転で移動した。市民らはゲート付近に車を止め、メーンゲートを完全に封鎖する形で座り込んでいる。」、と報じた。
 また、「集会は参加者全員が腕を組み、『座り込めここへ』など2曲を合唱し始まった。沖縄平和運動センターの山城博治議長は『これから本格的な建設工事が始まると予想される。だが来年2月まで工事が長引けば、ノグチゲラの営巣期間で4カ月の中断を余儀なくされる。週2回は拡大した抗議行動を行い、完全に砂利の搬入などを止め、工事を長引かせて中断に追い込もう』と述べ、今後の運動を提起した。その後、参加団体の代表が次々にあいさつした。」、と伝えた。


(6)琉球新報-トラック10台が砂利搬入 北部訓練場のヘリパッド建設 機動隊150人が市民らをごぼう抜き-2016年8月19日 16:27


 琉球新報は、「沖縄県の東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、10トントラック10台が19日午後1時から2時15分にかけて、新たなヘリパッドの建設先の一つ、N1地区のゲートに砂利を搬入した。砂利搬入を含めたヘリパッド建設に関する作業は旧盆期間を挟む14日から18日まで停止されており、砂利搬入が行われたのは6日ぶりだった。」、と報じた。
 また、「建設に反対する市民ら約400人が参加した午前6時からの集会は、午前10時で終了した。約130人が残り、メインゲートとN1地区ゲートの前で座り込みなどによる抗議行動を展開した。そのため、通常より約5時間、砂利の搬入が遅れた。搬入の際、約150人の機動隊員が市民らをごぼう抜きにするなどし強制的に排除した。市民らは「機動隊員の暴力を許さないぞ」「地元に帰れ」などと抗議の声を上げた。」、と伝えた。
 抗議行動終了後、「沖縄平和運動センターの山城博治議長は『多くの皆さんの参加で砂利の搬入を遅らせることができた。今後も週2回は大規模な抗議行動を行い、砂利搬入を遅らせることで工事を中断に追い込もう』と呼び掛けた。」、と報じた。


(7)琉球新報-辺野古訴訟が結審、9月判決 初の司法判断へ-2016年8月19日 19:58


 琉球新報は、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分を撤回しない翁長雄志知事の対応が違法であることの確認を国が求めた訴訟は19日、福岡高裁那覇支部で結審した。判決期日は9月16日に指定されており、普天間問題を巡る国と県の対立に初の司法判断が示される。敗訴した側は上告するとみられ、早ければ年度内にも最高裁で最終的な結論が出る見通しだ。国と県は確定判決に従うことを確認している。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-夜間の林道、9月から通行規制 希少種保護で沖縄・国頭-2016年8月19日 05:00


 【国頭】国頭村は9月5日から希少種の捕獲防止を目的に、村内の全ての林道で夜間の通行を規制する。9月15日に予定されている「やんばる国立公園」指定を前に、村は林道の出入り口20カ所に立て看板を設置し、協力を呼び掛ける考え。今後、夜間に林道へ立ち入る場合は村への事前申請が必要になる。
.
 村によると、毎年9~10月はオキナワマルバネクワガタの繁殖シーズン。昨年同時期、捕獲目的で夜間に約40台の車が林道に入ったのが確認されている。夜間の通行規制は希少種に指定されているナミエガエルやケナガネズミ、イボイモリなどの夜行性動物が車にひかれるのを防ぐ目的もある。

 村世界自然遺産対策室の東江賢次室長は「希少種保護のために協力をお願いしたい」と呼び掛けている。


(2)琉球新報-「高江に交付金を」東村、自民県議団に要請 着陸帯建設巡り-2016年8月19日 05:04


 【東】東村の伊集盛久村長は17日、米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の運用で地元が受けている騒音被害への補償として高江区への交付金制度の創設を自民党県議団に文書で要請した。飛行ルートの変更や早朝・夜間の飛行中止なども求めた。村がヘリパッド建設に伴い交付金を求めるのは初めて。県議団は村の要請を受け、週明けにも東京を訪れ自民党本部と政府にも交付金制度創設を要請する。

 自民党県議団への要請は村役場で非公開で行われた。伊集村長は要請書の中で、2015年に運用が始まったN4地区のヘリパッドは集落に近く、低空による離着陸訓練が繰り返されていると指摘した。その上で早朝や夜間訓練が増加し騒音による地域住民への不安や負担が増大していると訴えた。
 伊集村長は交付金制度のほか(1)早朝・夜間訓練を行わないこと(2)住宅地や学校上空を飛行しないこと(3)飛行ルートの変更(4)騒音測定器の追加整備-も求めた。
 役場での要請には高江区の仲嶺久美子区長も同席し、騒音の現状を県議団に説明した。
 伊集村長はヘリパッド建設容認の立場。区はこれまで建設の反対決議を2度、全会一致で可決している。交付金の要請は伊集村長が行い、仲嶺区長は区として要請しなかった。
 村には、米軍北部訓練場があることで国からの交付金はあるが、ヘリパッド建設に関する補償金についてはこれまで議論されていなかった。
(阪口彩子)


(3)琉球新報-沖縄市長、キンザー倉庫移設受け入れへ きょう協議会-2016年8月19日 05:02


 防衛省は18日、沖縄市の米軍嘉手納弾薬庫知花地区への米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の倉庫群移設に関する協議会を設置し、初会合を19日に省内で開催すると発表した。同省によると協議会は、移設に向け沖縄市の要望などへの対応を話し合う。桑江朝千夫沖縄市長は19日、移設受け入れを表明する予定だ。

 協議会は防衛省の地方協力局次長、沖縄防衛局次長、沖縄市副市長らで構成。19日の初会合に合わせ、桑江市長と若宮健嗣防衛副大臣が省内で会談する。
 協議会は昨年10月、若宮氏が市役所で桑江市長に受け入れを要請した際、交通渋滞や経済振興などの課題解決を協議するために設置が確認されていた。桑江市長は受け入れに向けた条件として、1万人規模の多目的アリーナ建設や運動場などの整備も提示していた。


(4)琉球新報-約120台の車列で抗議 北部ヘリパッド建設-2016年8月19日 06:26


 【ヘリパッド取材班】東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは19日午前5時すぎ、N1地区ゲートへの砂利搬入に対する抗議行動を開始した。市民らは約120台の車両で車列を組み、東村平良の村役場付近から同訓練場のメーンゲートに向けて徐行運転で移動する。途中、機動隊車両や砂利を搬入するトラックと遭遇した場合、その時点で抗議を行う。
 東村平良の村役場付近の駐車場には午前4時ごろから、抗議する市民らが乗った車が続々と集結した。当初は午前5時半に出発する予定だったが、予想を超える多くの車が集まり、駐車場に入り切らなくなったため、予定を早めて5時すぎにはメーンゲートに向けて出発した。
 砂利搬入を含めたヘリパッド建設に関する作業は旧盆を挟む14日から18日まで停止されていた。19日から作業が再開される予定になっていることから、再開初日のこの日、集会と銘打った早朝の抗議行動への参加を広く呼び掛けていた。
 午前5時半現在、平良からメーンゲートまでの道中で機動隊車両による検問や封鎖は確認されていない。【琉球新報電子版】


(5)琉球新報-約400人が抗議の声 車両180台がメインゲートに集結 北部ヘリパッド建設-2016年8月19日 07:53


 【ヘリパッド取材班】東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民ら約400人は19日午前6時半すぎ、同訓練場のメーンゲート前でN1地区ゲートへの砂利搬入に対する抗議集会を始めた。市民らは午前5時すぎ、約180台の車両で車列を組み、東村平良の村役場付近から同訓練場のメーンゲートに向けて徐行運転で移動した。市民らはゲート付近に車を止め、メーンゲートを完全に封鎖する形で座り込んでいる。

 午前7時半現在、機動隊による県道70号の封鎖や検問、砂利を搬入するトラックの車列は確認されていない。
 集会は参加者全員が腕を組み、「座り込めここへ」など2曲を合唱し始まった。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「これから本格的な建設工事が始まると予想される。だが来年2月まで工事が長引けば、ノグチゲラの営巣期間で4カ月の中断を余儀なくされる。週2回は拡大した抗議行動を行い、完全に砂利の搬入などを止め、工事を長引かせて中断に追い込もう」と述べ、今後の運動を提起した。その後、参加団体の代表が次々にあいさつした。【琉球新報電子版】


(6)琉球新報-トラック10台が砂利搬入 北部訓練場のヘリパッド建設 機動隊150人が市民らをごぼう抜き-2016年8月19日 16:27


 沖縄県の東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、10トントラック10台が19日午後1時から2時15分にかけて、新たなヘリパッドの建設先の一つ、N1地区のゲートに砂利を搬入した。砂利搬入を含めたヘリパッド建設に関する作業は旧盆期間を挟む14日から18日まで停止されており、砂利搬入が行われたのは6日ぶりだった。

 建設に反対する市民ら約400人が参加した午前6時からの集会は、午前10時で終了した。約130人が残り、メインゲートとN1地区ゲートの前で座り込みなどによる抗議行動を展開した。そのため、通常より約5時間、砂利の搬入が遅れた。
 搬入の際、約150人の機動隊員が市民らをごぼう抜きにするなどし強制的に排除した。市民らは「機動隊員の暴力を許さないぞ」「地元に帰れ」などと抗議の声を上げた。
 抗議行動終了後、沖縄平和運動センターの山城博治議長は「多くの皆さんの参加で砂利の搬入を遅らせることができた。今後も週2回は大規模な抗議行動を行い、砂利搬入を遅らせることで工事を中断に追い込もう」と呼び掛けた。
【琉球新報電子版】


(7)琉球新報-辺野古訴訟が結審、9月判決 初の司法判断へ-2016年8月19日 19:58


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分を撤回しない翁長雄志知事の対応が違法であることの確認を国が求めた訴訟は19日、福岡高裁那覇支部で結審した。判決期日は9月16日に指定されており、普天間問題を巡る国と県の対立に初の司法判断が示される。

 敗訴した側は上告するとみられ、早ければ年度内にも最高裁で最終的な結論が出る見通しだ。国と県は確定判決に従うことを確認している。

 この日は第2回口頭弁論があり、翁長知事の尋問を実施した。
(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2016-08-19 21:17 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧