沖縄-辺野古・高江から-2016年8月18日

 2016年8月18日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-米退役軍人団体VFPの「辺野古新基地建設反対決議」全文-2016年8月16日 14:17


 沖縄タイムスは2016年8月16日、「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」の年次総会での「辺野古新基地建設反対決議」を報じた。
 この決議で、次のことを要求している。


「VFP全チャプターに対し、沖縄県民を支持するよう求め、短期的要請事項として以下3点をそれぞれの地域社会で決議するよう奨励する。
 (1)宜野湾市普天間の第1海兵航空団を沖縄県から撤去すること。
 (2)県民の民主的権利を尊重し辺野古における新基地建設工事を中止するとともに、辺野古新基地建設計画を撤回すること。
 (3)事故率の高いオスプレイを沖縄県から全機撤収すること。」


(2)沖縄タイムス-給油中の米軍小型揚陸艇から燃料7リットル漏れる-2016年8月18日 05:00


 沖縄タイムスは、「17日午前9時半ごろ、うるま市の米海軍ホワイトビーチの桟橋で、給油中の米軍の小型揚陸艇から燃料の軽油約7リットルが海上に流出した。中城海上保安部によると、同11時ごろまでに、米海軍が吸着マットで軽油を回収した。中城海保によると、油漏れの揚陸艇は全長約30メートルで、輸送揚陸艦グリーン・ベイ搭載の船。桟橋上のタンクローリーから揚陸艇に給油中だったが、揚陸艇のタンクの容量を超えて給油し続けたのが漏れた原因とみられる。」、と報じた。


(3)琉球新報-飲酒運転の米兵逮捕 容疑で那覇署 「自粛」終了後3人目-2016年8月18日 05:03


 琉球新報は、「那覇署は17日午前6時12分ごろ、那覇市久茂地の道路で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、米軍キャンプ・シュワブ所属の海兵隊員三等軍曹(26)を道交法違反容疑で現行犯逮捕した。容疑者の呼気からは基準値の約2倍のアルコールが検知された。同容疑者は『アルコールは抜けていると思った』などと容疑を一部否認しているという。」、と報じた。
 なお、「米軍属女性暴行殺人事件を受けて在沖米軍が軍人や軍属に対し飲酒や深夜外出の自粛を命令、要請した『哀悼期間』が終了してから飲酒運転による米軍人の逮捕者は3人目となった。」、と伝えた。


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-米退役軍人団体VFPの「辺野古新基地建設反対決議」全文-2016年8月16日 14:17


 退役軍人らでつくる米市民団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」の年次総会が13日、米カリフォルニア大学バークレー校で開かれ、名護市辺野古の新基地建設や高江ヘリパッド工事の中止を求める2本の沖縄関連決議案を可決した。「辺野古新基地建設反対決議」の全文は以下の通り。



 アジア太平洋地域の平和と持続可能な民主主義の基軸

 70年以上にわたり、沖縄県は米軍基地の負担を強いられてきた。
 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約に基づき米軍基地の駐留は認められているものの、日本政府は狭い沖縄(国土面積の0・6%)に75%の在日米軍基地を押し付けている。
 2015年9月15日にカリフォルニア州バークレー市議会、続いて同年12月21日にマサチューセッツ州のケンブリッジ市議会が、普天間海兵隊航空基地移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画に反対し、沖縄県民と連帯する決議案を可決した。
 普天間航空基地の返還に日米が合意してから21年が経過したが、老朽化・遊休化が進む同基地を、辺野古に新設する最新鋭の巨大基地で代替するとの条件付きの合意にすぎない。
 この新基地建設事業は沖縄県民にさらなる屈辱を与えるのみならず、間違いなく壊滅的な環境災害を引き起こす。ジュゴンをはじめ多くの絶滅危惧種が生息する大浦湾の汚れなきサンゴの園に、9年間トラック350万台分もの土砂を投入することになるからである。
 沖縄県民の大多数、ならびに選挙で選ばれた沖縄県知事および名護市長は、同新基地の建設に断固反対である。
 よって、VFP全チャプターに対し、沖縄県民を支持するよう求め、短期的要請事項として以下3点をそれぞれの地域社会で決議するよう奨励する。
 (1)宜野湾市普天間の第1海兵航空団を沖縄県から撤去すること。
 (2)県民の民主的権利を尊重し辺野古における新基地建設工事を中止するとともに、辺野古新基地建設計画を撤回すること。
 (3)事故率の高いオスプレイを沖縄県から全機撤収すること。



(2)沖縄タイムス-給油中の米軍小型揚陸艇から燃料7リットル漏れる-2016年8月18日 05:00


 17日午前9時半ごろ、うるま市の米海軍ホワイトビーチの桟橋で、給油中の米軍の小型揚陸艇から燃料の軽油約7リットルが海上に流出した。中城海上保安部によると、同11時ごろまでに、米海軍が吸着マットで軽油を回収した。

 中城海保によると、油漏れの揚陸艇は全長約30メートルで、輸送揚陸艦グリーン・ベイ搭載の船。桟橋上のタンクローリーから揚陸艇に給油中だったが、揚陸艇のタンクの容量を超えて給油し続けたのが漏れた原因とみられる。

 同11時15分ごろ、米海軍から中城海保に油漏れの通報があり、海保職員が現場を調査した。付近海域への油の流出や漁業への影響はないとい



(3)琉球新報-飲酒運転の米兵逮捕 容疑で那覇署 「自粛」終了後3人目-2016年8月18日 05:03




 那覇署は17日午前6時12分ごろ、那覇市久茂地の道路で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、米軍キャンプ・シュワブ所属の海兵隊員三等軍曹(26)を道交法違反容疑で現行犯逮捕した。容疑者の呼気からは基準値の約2倍のアルコールが検知された。同容疑者は「アルコールは抜けていると思った」などと容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は17日午前5時15分ごろ、那覇市久茂地の道路で酒気を帯びた状態で自動車を運転した疑い。パトロール中だった警察官が、右折する際にウインカーを出さなかった容疑者の車両を発見。呼び止めると同容疑者から酒のにおいがしたことから、アルコール検査をしたところ、呼気から基準値約2倍のアルコールが検知された。

 米軍属女性暴行殺人事件を受けて在沖米軍が軍人や軍属に対し飲酒や深夜外出の自粛を命令、要請した「哀悼期間」が終了してから飲酒運転による米軍人の逮捕者は3人目となった。


by asyagi-df-2014 | 2016-08-18 17:29 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧