沖縄-辺野古・高江から-2016年8月13日

 2016年8月13日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-高江県道規制、県警に改善求める 東村長と区長「住民に負担」-2016年8月13日 05:03


 琉球新報は、「東村の伊集盛久村長と東村高江区の仲嶺久美子区長は12日午前、県道70号での県警による交通規制が住民に支障を来しているとして、県警に対し改善するよう東村役場で申し入れをした。伊集村長は『規制が住民の負担になっている。正常な状態に戻して安全を確保してもらいたい』と要望した。東村役場を訪れた県警本部警備二課の喜納啓信次席は『住民に迷惑を掛けないように最大限努力する』とした。今後の対応については『検討していく』と話した。」、と報じた。
 また、「申し入れは喜納次席と交通部の新木満管理官、仲嶺区長と伊集村長らで非公開で行われた。県警はヘリパッド工事に反対する人たちが工事車両を止めようと、県道70号で阻止行動をしたり車をゆっくり走らせたりして抗議していることに対し、交通に支障を来しているとして、集落周辺や北部訓練場のメインゲート付近で道路を封鎖する交通規制を9日以降実施してきた。周辺地域に住む住民らも県道70号を通れなくなり、村や区に苦情が上がっていた。高江区に住む農家の70代男性は『警察も反対する人もどちらもやめてほしい。いたちごっこで、朝、畑に行けず困っている。ヘリコプターの騒音よりこっちの方が嫌だ』と述べた。仲嶺区長は『混乱が起きている状態なので、避けるようにしてほしい』、伊集村長は『集落の人はそのまま規制しないで通すとか、やり方はいろいろある。あまり規制をかけないようにしてもらいたい』と求めた。」、と伝えた。


(2)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>沖縄県警、県道を1時間通行止め-2016年8月13日 12:34


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設で、沖縄県警は13日午前8時前から約1時間にわたり、北部訓練場メインゲートを挟んだ県道70号を通行止めにした。
 その間、一般車両約10台が足止めになった。集まった市民によると、その間に工事車両とみられる6台がゲート内に入った。午前9時にはヘリパッド建設に反対する市民ら約20人が集まり、『なぜ一般車両を通さないのか』と声を上げた。通行規制は9時すぎに解除された。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察、建設反対の車だけ足止め 市民「思想信条で差別するのか」-2016年8月13日 13:10


 沖縄タイムスは、「警察はこの日も北部訓練場メインゲートからヘリパッド建設予定地N1地区に続く区間を通行止めにした。その間に、建設資材の砂利を積んだダンプが予定地に向かった。その際、足止めされた車列の中から『友人に会う』『畑に行く』と告げた2台を例外的に対向車線に出して通した。続いた3台目が『たかえをこわすな!』と書いたプラカードを掲げると、通行を止めた。」、と報じた。
また、「運転していた福岡市の教員の女性(40)は『警官には何も聞かれていない。もちろんこれから抗議行動をするとも言っていないのに、通行の自由を奪われた。砂利は大事に護衛され、私たちの人権はないがしろにされている』と怒った。ドライブで通りがかったうるま市の男性(58)も足止めに遭い、『国家権力でやりたい放題。説明すらしない』とあきれた。」、と伝えた。
 沖縄タイムスは、「県警は本紙の取材に対し、『先の交通環境が変化すれば後続車両の停止を求めることはある。抗議行動参加車両だけを止め、一般車両だけ通行させることはない』と話している。」、と報じた。


(4)琉球新報-「普天間の即時閉鎖・撤去を」 沖国大でヘリ事故12年の集い-2016年8月13日 15:20


 琉球新報は、「沖縄国際大学に米軍CH53Dが墜落した事故から12年たった13日午後、大学は墜落現場のモニュメント前で『普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い』を開いた。前津栄健学長は『危険この上ない普天間飛行場を即時閉鎖し、撤去することをあらためて日米両政府に求める』との声明を発表した。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)琉球新報-高江県道規制、県警に改善求める 東村長と区長「住民に負担」-2016年8月13日 05:03


 【東】東村の伊集盛久村長と東村高江区の仲嶺久美子区長は12日午前、県道70号での県警による交通規制が住民に支障を来しているとして、県警に対し改善するよう東村役場で申し入れをした。伊集村長は「規制が住民の負担になっている。正常な状態に戻して安全を確保してもらいたい」と要望した。東村役場を訪れた県警本部警備二課の喜納啓信次席は「住民に迷惑を掛けないように最大限努力する」とした。今後の対応については「検討していく」と話した。

 申し入れは喜納次席と交通部の新木満管理官、仲嶺区長と伊集村長らで非公開で行われた。
 県警はヘリパッド工事に反対する人たちが工事車両を止めようと、県道70号で阻止行動をしたり車をゆっくり走らせたりして抗議していることに対し、交通に支障を来しているとして、集落周辺や北部訓練場のメインゲート付近で道路を封鎖する交通規制を9日以降実施してきた。周辺地域に住む住民らも県道70号を通れなくなり、村や区に苦情が上がっていた。
 高江区に住む農家の70代男性は「警察も反対する人もどちらもやめてほしい。いたちごっこで、朝、畑に行けず困っている。ヘリコプターの騒音よりこっちの方が嫌だ」と述べた。
 仲嶺区長は「混乱が起きている状態なので、避けるようにしてほしい」、伊集村長は「集落の人はそのまま規制しないで通すとか、やり方はいろいろある。あまり規制をかけないようにしてもらいたい」と求めた。


(2)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>沖縄県警、県道を1時間通行止め-2016年8月13日 12:34


 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設で、沖縄県警は13日午前8時前から約1時間にわたり、北部訓練場メインゲートを挟んだ県道70号を通行止めにした。
 その間、一般車両約10台が足止めになった。集まった市民によると、その間に工事車両とみられる6台がゲート内に入った。
 午前9時にはヘリパッド建設に反対する市民ら約20人が集まり、「なぜ一般車両を通さないのか」と声を上げた。通行規制は9時すぎに解除された。

(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察、建設反対の車だけ足止め 市民「思想信条で差別するのか」-2016年8月13日 13:10


 警察はこの日も北部訓練場メインゲートからヘリパッド建設予定地N1地区に続く区間を通行止めにした。その間に、建設資材の砂利を積んだダンプが予定地に向かった。

 その際、足止めされた車列の中から「友人に会う」「畑に行く」と告げた2台を例外的に対向車線に出して通した。続いた3台目が「たかえをこわすな!」と書いたプラカードを掲げると、通行を止めた。

 運転していた福岡市の教員の女性(40)は「警官には何も聞かれていない。もちろんこれから抗議行動をするとも言っていないのに、通行の自由を奪われた。砂利は大事に護衛され、私たちの人権はないがしろにされている」と怒った。

 ドライブで通りがかったうるま市の男性(58)も足止めに遭い、「国家権力でやりたい放題。説明すらしない」とあきれた。

 県警は本紙の取材に対し、「先の交通環境が変化すれば後続車両の停止を求めることはある。抗議行動参加車両だけを止め、一般車両だけ通行させることはない」と話している。


(4)琉球新報-「普天間の即時閉鎖・撤去を」 沖国大でヘリ事故12年の集い-2016年8月13日 15:20


 【宜野湾】沖縄国際大学に米軍CH53Dが墜落した事故から12年たった13日午後、大学は墜落現場のモニュメント前で「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」を開いた。前津栄健学長は「危険この上ない普天間飛行場を即時閉鎖し、撤去することをあらためて日米両政府に求める」との声明を発表した。
 前津氏はことし4月の米軍属女性暴行殺人事件に触れ「米軍基地があるが故の危険性は周知の事実だ」と訴えた。学生を代表して名嘉一心さん(20)と城間愛理さん(21)があいさつした。現役学生による朗読ライブも大学図書館AVホールで催された。【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-08-13 16:27 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧