沖縄-辺野古・高江から-2016年8月11日

 2016年8月11日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。
 警察は、「市民が工事車両を阻止する『牛歩戦術』と同じ行動」をとり、反対する市民の車を押さえ込むため、わざと低速で車を走らせている。
地元の生活を巻き込んだ異常な行為がまかり通っている。その中で、逮捕者まで生じる事態となった。


(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察が「牛歩」で市民抑止 地元生活にも影響-2016年8月11日 05:10


 沖縄タイムスは、「沖縄県の東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設問題で、警察は10日、反対する市民の車を押さえ込むため、わざと低速で車を走らせた。市民が工事車両を阻止する「牛歩戦術」と同じ行動。高江集落の出入り口を含め3カ所で通行止めも行い、市民側との攻防は地元の生活を巻き込んで激化している。」、と報じた。
また、沖縄タイムスは、この様子を次のように伝えた。


①「福岡、沖縄両県警の車両最大3台が、直線で約3キロしかない高江集落から北部訓練場メインゲートまでを、午前8時半から約40分間かけて走った。建設資材の砂利を積んだダンプが先行していて、阻止しようとする市民の車を近付けない狙いがあったとみられる。時速はほぼ5キロ以下。徒歩で追い付いたネット中継『IWJ』のスタッフが撮影を始めると速度を上げ、引き離すと低速に、ということを繰り返した。スタッフの阿部洋地)さん34は『都合が悪いから撮影されたくなかったのだと思う』と苦笑した。」
②「高江集落から県道70号に出る交差点は午前7時半ごろから15分ほど通行止めに。巻き込まれた通勤の住民らの抗議を受け、解除された。」
③「仲嶺久美子区長は建設反対の立場は変わらないとしながら、『いつまでこんなことが続くのか。抗議運動の支援者も警察も、ここで人が暮らしていることを理解してほしい』と訴えた。警察に対し、東村役場を交えた協議を申し入れた。」
④「ほかに新川ダム入り口、メインゲート前が一時通行止めにされた。」


(2)琉球新報-牛歩作戦で搬入に遅れ 抗議中に男性1人が現行犯逮捕 ヘリパッド問題-2016年8月11日 13:54


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題に関して、大型トラック10台が11日午前、米軍北部訓練場N1地区ゲートに資材を搬入した。建設に反対する市民らは、県道70号を北上する資材を積んだトラックや警察車両など30台の前を車やバイクでゆっくり走る『牛歩戦術』」で資材搬入を通常より遅らせた。抗議活動の最中、公務執行妨害の容疑で男性1人が現行犯逮捕された。」、と報じた。
 このことについて、「逮捕者が出たことについて沖縄平和運動センターの山城博治議長は『みんなで連携しながら楽しく、時には毅然とした態度で抗議活動をする考えに変わりはない。もう一度、みんなで気を引き締めながら、抗議活動を続けていきたい』と話した。」
、と伝えた。


(3)琉球新報-東村高江でヘリパッド建設反対の男性逮捕 公務執行妨害の疑い 反対活動の逮捕者は初-2016年8月11日 15:03


 琉球新報は、「東村高江の県道70号で、名護署は11日午前8時35分、警察官に原付バイクの停止を求められた男性(36)=名護市=が、バイクを突然発進させ警察官を転倒させたとして、公務執行妨害の疑いで、名護市の自称建設作業員の男性を現行犯逮捕した。男性はヘリパッド建設への反対活動に参加していたという。反対活動で逮捕者が出るのは初めて。逮捕容疑は11日午前8時34分ごろ、東村高江の県道70号で、男性警察官に原付バイクの停止を求められた際に、突然発進して腕をつかんでいた警察官を引きずり転倒させた疑い。名護署によると現場は高江共同売店から約2キロ。北向けに走っていた警察車両の前方で、男性が原付バイクの発進と停止を繰り返していたため、警察官が停止を求めて男性の腕をつかんだところ、急発進したという。男性は「今は話せない」と、容疑を否認している。発生場所は、東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らの座り込み現場からは離れており、男性は1人で行動していた。」、と報じた。



 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>警察が「牛歩」で市民抑止 地元生活にも影響-2016年8月11日 05:10


 沖縄県の東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設問題で、警察は10日、反対する市民の車を押さえ込むため、わざと低速で車を走らせた。市民が工事車両を阻止する「牛歩戦術」と同じ行動。高江集落の出入り口を含め3カ所で通行止めも行い、市民側との攻防は地元の生活を巻き込んで激化している。

 福岡、沖縄両県警の車両最大3台が、直線で約3キロしかない高江集落から北部訓練場メインゲートまでを、午前8時半から約40分間かけて走った。建設資材の砂利を積んだダンプが先行していて、阻止しようとする市民の車を近付けない狙いがあったとみられる。

 時速はほぼ5キロ以下。徒歩で追い付いたネット中継「IWJ」のスタッフが撮影を始めると速度を上げ、引き離すと低速に、ということを繰り返した。スタッフの阿部洋地(ひろくに)さん34は「都合が悪いから撮影されたくなかったのだと思う」と苦笑した。

 高江集落から県道70号に出る交差点は午前7時半ごろから15分ほど通行止めに。巻き込まれた通勤の住民らの抗議を受け、解除された。

 仲嶺久美子区長は建設反対の立場は変わらないとしながら、「いつまでこんなことが続くのか。抗議運動の支援者も警察も、ここで人が暮らしていることを理解してほしい」と訴えた。警察に対し、東村役場を交えた協議を申し入れた。

 ほかに新川ダム入り口、メインゲート前が一時通行止めにされた。


(2)琉球新報-牛歩作戦で搬入に遅れ 抗議中に男性1人が現行犯逮捕 ヘリパッド問題-2016年8月11日 13:54


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題に関して、大型トラック10台が11日午前、米軍北部訓練場N1地区ゲートに資材を搬入した。建設に反対する市民らは、県道70号を北上する資材を積んだトラックや警察車両など30台の前を車やバイクでゆっくり走る「牛歩戦術」で資材搬入を通常より遅らせた。抗議活動の最中、公務執行妨害の容疑で男性1人が現行犯逮捕された。

 大型トラックによる資材搬入は通常、午前8時から10時の2時間程度で8~10台分の資材が運ばれる。午前に行われた牛歩作戦の影響で、11日午前の資材搬入は午前9時42分から午前11時23分までかかり、通常より遅れた。行動に参加している佐々木弘文さんは「みんなの連携が取れたことで、資材搬入を大幅に遅らせることができた」と話した。

 逮捕者が出たことについて沖縄平和運動センターの山城博治議長は「みんなで連携しながら楽しく、時には毅然(きぜん)とした態度で抗議活動をする考えに変わりはない。もう一度、みんなで気を引き締めながら、抗議活動を続けていきたい」と話した。【琉球新報電子版】


(3)琉球新報-東村高江でヘリパッド建設反対の男性逮捕 公務執行妨害の疑い 反対活動の逮捕者は初-2016年8月11日 15:03


 東村高江の県道70号で、名護署は11日午前8時35分、警察官に原付バイクの停止を求められた男性(36)=名護市=が、バイクを突然発進させ警察官を転倒させたとして、公務執行妨害の疑いで、名護市の自称建設作業員の男性を現行犯逮捕した。男性はヘリパッド建設への反対活動に参加していたという。反対活動で逮捕者が出るのは初めて。

 逮捕容疑は11日午前8時34分ごろ、東村高江の県道70号で、男性警察官に原付バイクの停止を求められた際に、突然発進して腕をつかんでいた警察官を引きずり転倒させた疑い。

 名護署によると現場は高江共同売店から約2キロ。北向けに走っていた警察車両の前方で、男性が原付バイクの発進と停止を繰り返していたため、警察官が停止を求めて男性の腕をつかんだところ、急発進したという。男性は「今は話せない」と、容疑を否認している。

 発生場所は、東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らの座り込み現場からは離れており、男性は1人で行動していた。
【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-08-11 18:14 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧