沖縄-辺野古・高江から-2016年8月5日

 2016年8月5日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。
 「米軍基地と振興政策のリンク」とは、「消化できないものを無理やり」にでも咀嚼しろ、という安倍晋三政権の基本的政策を示す。
 安倍晋三政権の「基地問題」とは、政権の都合が最優先されるもので、そこには、人の命や生き様のあり方は考慮されない。
 見えるのは、頑なな荒さだけである。
 まさしく、「沖縄振興特別措置法は法律の目的として、沖縄の特殊な事情に鑑みるとともに『沖縄の自主性』を尊重することも理念化されている」、という琉球新報の「法の理念と乖離」との指摘はこのことを説明する。
 安倍晋三政権には、時には、指笛を鳴らしながら、ともに踊ってみることを提案する。


(1)琉球新報-「消化できないものお口に」 鶴保沖縄相、予算の減額示唆-2016年8月5日 05:01


 琉球新報は、「鶴保庸介沖縄担当相は4日の就任記者会見で、米軍普天間飛行場移設の作業遅れに関連して『予算額を減らすのは当然。消化できないものを無理やりお口開けて食べてくださいよでは、全国民の血税で使われているお金を無駄遣いしているという批判に耐えられない』と述べた。その上で『基地問題によって、振興策の中身を含め変わっていくのは十分当たり前のことだ。そういう意味では、振興策と基地問題は確実にリンクしている』と述べ、基地問題が沖縄振興策に影響するとの考えを強調した。」、と報じた。


(2)琉球新報-露骨な「兵糧攻め」 政権、島尻氏落選で方針転換 沖縄県は冷静さ保つ-2016年8月5日 05:02


 琉球新報は、「菅義偉官房長官らによる米軍基地と振興政策の『リンク」容認発言で4日、沖縄県内に激震が走った。官邸による初めてのリンク論明言について政府関係者は、島尻安伊子前沖縄担当相が参院選で落選した事に起因すると指摘した上で、淡々とこう語った。「沖縄に関して失うものはない。(もう後戻りできない)ルビコン川を渡ったのだから」、と報じた。
 また、琉球新報は、このことについて次のように伝えた。


①「関係者は、昨年の2016年度予算編成まで官邸を中心に予算を削減する方向で調整していたが、島尻氏の沖縄担当相就任によって『事情が変わった』と打ち明ける。16年度予算は、14年末に就任した翁長雄志知事が初めて編成に関わった予算。官邸は当初から沖縄振興での知事への『兵糧攻め』を考えていた。」
②「別の官邸関係者はリンク論について『パンドラの箱だった』と語る。菅氏は参院選直後、従来からの方針通りに振興を進めることについて否定的な考えを内閣府沖縄担当部局の幹部に伝え、ついには4日の記者会見で質問に答える形で自ら基地と振興のリンクを持ち出した。」
③「ただ、『リンク論』の理屈付けは準備が整っていなかった。菅氏の発言前、ある関係者はリンク論の容認について『国会答弁の形になるのか、時期は分からないが政府方針を改めて(リンク論を)出すことになる』と語り、リンク論の容認はまだ先になると見通しを語っていた。そのため、従来から政策を転換する理屈は整わず、菅氏が記者会見で急きょ持ち出したのが『跡地利用』との関連性だったと事情を明かす。」
④「一方、こうした国の強硬姿勢にも県は冷静さを保っている。県幹部は『原発を受け入れる自治体への電源交付金はまさに振興策とリンクしている。だが、沖縄振興特別措置法はそういう事情でできたものではない』と沖振法の性格を指摘する。その上で『一つ一つに批判して声を上げるよりも、しっかり法の趣旨に基づいて必要額を訴えることが大事だ。政府も冷静になって考えて正常化を考えた方がいい』と語った。」


(3)琉球新報-法の理念と乖離 安倍政権の沖縄予算減額方針-2016年8月5日 05:03


 琉球新報は、「菅義偉官房長官が沖縄の米軍基地と沖縄振興政策の『リンク論』を認め、従来の政府方針を撤回したのは、沖縄関連予算の大幅な減額や、沖縄関連の税制優遇制度延長を厳格に判断することを見通しているからだ。基地と振興を切り離すとしてきた従来の政府方針を撤回し、完全に沖縄を組み敷く姿勢を明確に打ち出した。県に対する再提訴に加え、東村高江周辺のヘリパッド新設強行、名護市辺野古陸上部の工事再開と三正面攻勢の姿勢を見せる政府だが、さらに基地と振興のリンク論で追い打ちをかける格好だ。」、と報じた。
 このことについて、「沖縄振興計画に明記された沖縄の『社会的事情』に跡地利用や基地負担軽減も含まれているとして、リンク論の理屈付けを図った。だが、振興計画の根拠法となる沖縄振興特別措置法は法律の目的として、沖縄の特殊な事情に鑑みるとともに『沖縄の自主性』を尊重することも理念化されている。」、と伝えた。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>事前協議なしの立木伐採「遺憾」 稲田防衛相-2016年8月5日 12:42


 沖縄タイムスは、「稲田朋美防衛相は5日の閣議後会見で、東村高江のヘリパッド建設を巡り、沖縄防衛局が、一部で沖縄森林監督署との事前協議をせず立木を伐採していたと明らかにし『あってはならない遺憾なことだ。今後の工事については、こういうことがないように注意をしながら事業を進める必要がある』と述べた。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-辺野古、再び法廷闘争 高裁那覇支部、9月に判決-2016年8月5日 16:41


 沖縄タイムスは、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国が翁長雄志知事の対応が違法であることの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、福岡高裁那覇支部で開かれた。翁長知事が意見陳述し『政府は沖縄の民意を無視し、過重な基地負担を将来にわたって固定化し続けようとしている』と国の強硬姿勢を批判した。話し合いによる決着の見通しが立たない中、異例の法廷闘争が再び始まった。」、と報じた。
 また、「国側は3月に和解した前段訴訟と争点が変わらず『主張は尽くされた』として早期の判決を求めた。高裁那覇支部は次回期日の19日で結審した上で、判決を9月16日に言い渡すことを決めた。」、と伝えた。


(6)琉球新報-「立ち入り禁止」に市民ら抵抗 N1地区裏ゲート-2016年8月5日 14:03


 琉球新報は、高江の様子を次のように伝えた。


①「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事に反対する市民らが泊まり込を市んでいるN1地区裏ゲートで、5日午前9時半すぎ、沖縄防衛局の職員約十数人が『立ち入り禁止』と書かれた紙民のテントや車両に貼り付けに来た。市民らは『何を張りに来たんだ』『勝手に立ち入り禁止にするな』などと抵抗し、一時もみ合いになった。」
②「その際、市民らは防衛局職員と思われる男性2人を約10分間囲い込んで身分証の提示を強く求めるなどし、混乱した。沖縄平和運動センターの山城博治議長は『N1地区ゲートに設置していたテントも防衛局が勝手に持っていった。根拠を示せなければ泥棒と同じだ』と激しく抗議した。市民らは工事車両の出入りを阻止するため、裏ゲートに設置したテントなどを沖縄防衛局が警察が撤去しないか、24時間態勢で警戒している。」


 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。








(1)琉球新報-「消化できないものお口に」 鶴保沖縄相、予算の減額示唆-2016年8月5日 05:01


 鶴保庸介沖縄担当相は4日の就任記者会見で、米軍普天間飛行場移設の作業遅れに関連して「予算額を減らすのは当然。消化できないものを無理やりお口開けて食べてくださいよでは、全国民の血税で使われているお金を無駄遣いしているという批判に耐えられない」と述べた。

 その上で「基地問題によって、振興策の中身を含め変わっていくのは十分当たり前のことだ。そういう意味では、振興策と基地問題は確実にリンクしている」と述べ、基地問題が沖縄振興策に影響するとの考えを強調した。
 鶴保担当相は、政府が3千億円台の確保を約束している沖縄関係予算の規模について「振興額と振興策は違う次元の話だ」とも指摘。会見に先立つ4日午前に菅義偉官房長官が「リンク論」を認める考えを示したことを引き合いに「私も全く同感だ」と同調した。
 佐藤栄作元首相の密使として沖縄返還交渉に携わった故・若泉敬氏に師事していたことに触れ「国会議員になる時に大いなる影響を与えた方だ。その思い、志を引き継ぎたい。沖縄の振興策を第一義的に考えていく」と意欲を語った。
 一方、稲田朋美防衛相も4日、報道各社の共同インタビューで、菅義偉官房長官が基地と振興のリンクを明言したことに対して「長官が述べられた通り」と同調した。


(2)琉球新報-露骨な「兵糧攻め」 政権、島尻氏落選で方針転換 沖縄県は冷静さ保つ-2016年8月5日 05:02


 菅義偉官房長官らによる米軍基地と振興政策の「リンク」容認発言で4日、沖縄県内に激震が走った。官邸による初めてのリンク論明言について政府関係者は、島尻安伊子前沖縄担当相が参院選で落選した事に起因すると指摘した上で、淡々とこう語った。「沖縄に関して失うものはない。(もう後戻りできない)ルビコン川を渡ったのだから」

 リンク論容認への転換の背景について、官邸関係者は「基地とリンクするとか、しないということが厳密には問題ではない。予算を減らすことが目的だ」と解説する。
 関係者は、昨年の2016年度予算編成まで官邸を中心に予算を削減する方向で調整していたが、島尻氏の沖縄担当相就任によって「事情が変わった」と打ち明ける。16年度予算は、14年末に就任した翁長雄志知事が初めて編成に関わった予算。官邸は当初から沖縄振興での知事への「兵糧攻め」を考えていた。
 別の官邸関係者はリンク論について「パンドラの箱だった」と語る。菅氏は参院選直後、従来からの方針通りに振興を進めることについて否定的な考えを内閣府沖縄担当部局の幹部に伝え、ついには4日の記者会見で質問に答える形で自ら基地と振興のリンクを持ち出した。
 ただ、「リンク論」の理屈付けは準備が整っていなかった。菅氏の発言前、ある関係者はリンク論の容認について「国会答弁の形になるのか、時期は分からないが政府方針を改めて(リンク論を)出すことになる」と語り、リンク論の容認はまだ先になると見通しを語っていた。そのため、従来から政策を転換する理屈は整わず、菅氏が記者会見で急きょ持ち出したのが「跡地利用」との関連性だったと事情を明かす。
 一方、こうした国の強硬姿勢にも県は冷静さを保っている。県幹部は「原発を受け入れる自治体への電源交付金はまさに振興策とリンクしている。だが、沖縄振興特別措置法はそういう事情でできたものではない」と沖振法の性格を指摘する。その上で「一つ一つに批判して声を上げるよりも、しっかり法の趣旨に基づいて必要額を訴えることが大事だ。政府も冷静になって考えて正常化を考えた方がいい」と語った。
 翁長知事は10日、次年度予算と税制改正の要請で上京し、政府と折衝する考えだ。県と政権幹部が直接顔を合わせる予算折衝で両者の発言が注目される。
(池田哲平、島袋良太)


(3)琉球新報-法の理念と乖離 安倍政権の沖縄予算減額方針-2016年8月5日 05:03


 菅義偉官房長官が沖縄の米軍基地と沖縄振興政策の「リンク論」を認め、従来の政府方針を撤回したのは、沖縄関連予算の大幅な減額や、沖縄関連の税制優遇制度延長を厳格に判断することを見通しているからだ。基地と振興を切り離すとしてきた従来の政府方針を撤回し、完全に沖縄を組み敷く姿勢を明確に打ち出した。県に対する再提訴に加え、東村高江周辺のヘリパッド新設強行、名護市辺野古陸上部の工事再開と三正面攻勢の姿勢を見せる政府だが、さらに基地と振興のリンク論で追い打ちをかける格好だ。

 関係者によると、前沖縄担当相の島尻安伊子氏が落選したことで、政府・与党内に「これ以上沖縄を優遇する必要はない」との意見が強まり始めている。本年度の予算は3350億円だが、政府内には「300億円の上積みはいらない」(自民党関係者)との声があり、那覇空港滑走路増設の工事費を含めて3千億円台をわずかに超えればよいとの見方もある。振興策を切り詰めることで、県内での翁長雄志知事の求心力を弱める狙いがある。
 8月末に次年度の概算要求を控え、5日には米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を巡り、国が提起した不作為の違法確認訴訟の第1回口頭弁論が開かれる。それを前にリンク論を認めて、知事に“脅し”をかけることで、県との折衝で優位に立ちたい思惑も透けて見える。
 一方で菅氏は、沖縄振興計画に明記された沖縄の「社会的事情」に跡地利用や基地負担軽減も含まれているとして、リンク論の理屈付けを図った。だが、振興計画の根拠法となる沖縄振興特別措置法は法律の目的として、沖縄の特殊な事情に鑑みるとともに「沖縄の自主性」を尊重することも理念化されている。
 鶴保庸介沖縄担当相は4日の会見で、基地に対する翁長知事の姿勢が振興策に影響を与えるかを問われ「基地の問題に対する態度をリンクさせようとする情勢を私はつくりたくない」と否定した。だが、菅氏らが振興を盾に米軍基地に反対する翁長知事の姿勢に揺さぶりをかけていることは事実であり、その姿は沖縄振興特別措置法の理念とは大きく懸け離れたものだと言わざるを得ない。(池田哲平)


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>事前協議なしの立木伐採「遺憾」 稲田防衛相-2016年8月5日 12:42


 【東京】稲田朋美防衛相は5日の閣議後会見で、東村高江のヘリパッド建設を巡り、沖縄防衛局が、一部で沖縄森林監督署との事前協議をせず立木を伐採していたと明らかにし「あってはならない遺憾なことだ。今後の工事については、こういうことがないように注意をしながら事業を進める必要がある」と述べた。

 東村が移設を容認しながら、オスプレイの配備には反対していることについては「地元の難しい課題はある。地元のみなさんの不安については、一つ一つ粘り強く説明していく必要がある」とし、北部訓練場の一部返還で在沖米軍基地の約2割が減少し負担軽減につながることを訴え理解を促す考えを示した。

 県道70号区域から撤去されたテントと、経済産業省前にあり撤去のため係争中の脱原発のテントの対応の違いについては「(高江は)防衛省設置法の定める必要な措置をおこなった。法的な根拠がないということではない。経産省前のテントに関しては、詳細について知らないので、答える立場にはない」との回答にとどめた。


(5)沖縄タイムス-辺野古、再び法廷闘争 高裁那覇支部、9月に判決-2016年8月5日 16:41


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国が翁長雄志知事の対応が違法であることの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、福岡高裁那覇支部で開かれた。翁長知事が意見陳述し「政府は沖縄の民意を無視し、過重な基地負担を将来にわたって固定化し続けようとしている」と国の強硬姿勢を批判した。話し合いによる決着の見通しが立たない中、異例の法廷闘争が再び始まった。

 国側は3月に和解した前段訴訟と争点が変わらず「主張は尽くされた」として早期の判決を求めた。高裁那覇支部は次回期日の19日で結審した上で、判決を9月16日に言い渡すことを決めた。(共同通信)


(6)琉球新報-「立ち入り禁止」に市民ら抵抗 N1地区裏ゲート-2016年8月5日 14:03


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事に反対する市民らが泊まり込を市んでいるN1地区裏ゲートで、5日午前9時半すぎ、沖縄防衛局の職員約十数人が「立ち入り禁止」と書かれた紙民のテントや車両に貼り付けに来た。市民らは「何を張りに来たんだ」「勝手に立ち入り禁止にするな」などと抵抗し、一時もみ合いになった。

 その際、市民らは防衛局職員と思われる男性2人を約10分間囲い込んで身分証の提示を強く求めるなどし、混乱した。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「N1地区ゲートに設置していたテントも防衛局が勝手に持っていった。根拠を示せなければ泥棒と同じだ」と激しく抗議した。

 市民らは工事車両の出入りを阻止するため、裏ゲートに設置したテントなどを沖縄防衛局が警察が撤去しないか、24時間態勢で警戒している。


by asyagi-df-2014 | 2016-08-05 18:32 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧