沖縄-辺野古・高江から-2016年7月29日

 2016年7月29日沖縄-辺野古・高江の今を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。



(1)琉球新報-国、法軽視重ねる 県道に金網/テント撤去/協議せず伐採 北部訓練場着陸帯工事-2016年7月29日 05:04



 安倍晋三政権の無法ぶりについて、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、沖縄防衛局が取るべき手続きを経ず、法的根拠が乏しい中、工事を強行しているケースがあることが明らかになった。弁護士や専門家が指摘している違法性が疑われるケースは(1)N1地区ゲート前の県道70号に設置した金網(2)ゲート前の市民のテント撤去(3)事前の協議をせず、立木(りゅうぼく)を伐採-などが挙げられる。市民を排除し、工事を再開させることに躍起になった政府の姿勢があらためて浮き彫りになった。」、と報じた。
 具体的には、次のように指摘した。



(1)「金網はN1地区ゲート前の県道70号上に、24日までに設置されていたことが確認されている。沖縄防衛局はその金網と数メートルしか離れていない米軍北部訓練場の提供施設内にも金網を設置しており、一時、二重に金網が設置されていた。道路管理者である県の同意を得ていなかったため、県が撤去するよう指導し、沖縄防衛局は指導に従い撤去した。」
(2)「沖縄防衛局は、N1地区ゲート前に市民らが設置していたテントや私物を22日に撤去した際の法的根拠について、琉球新報社の取材に対し『担当課に確認中だ』とした。現時点で法的根拠を示せておらず事実上、法的根拠がないことを認めた形だ。」
(3)「N1地区ゲートからヘリパッド建設予定地までの進入路にある国有林野に関し、沖縄防衛局が沖縄森林管理署との事前協議をせずに道を確保する作業を進めていることが分かった。国有林野の使用承認書で定めた条項に反する疑いが持たれているが、森林管理署は、現時点で現場を確認していない。」
(4)「資機材を積んだ10トン以上の大型トラックが、新ヘリパッドが建設されるN1地区に向け、新川ダムの堤防を通る村道を通過する場合、1台ごと村に申請をしなければいけないことが分かった。N1地区裏ゲートから搬入する場合、今後1台ごとに申請手続きをするかどうかが注目される。」
(5)「現在、資機材が搬入されているN1地区ゲートに比べ、より建設現場に近いN1地区裏ゲートを通る場合は、新川ダムの堤防を通る村道か高江の集落を通る必要がある。
 高江の集落を通るルートに関しては、村も反対しており沖縄防衛局も使用を否定。N1地区裏ゲートから搬入する場合は、新川ダムの堤防を通る村道しか通路がない。」



(2)琉球新報-トラックが土砂搬入繰り返す 北部ヘリパッド建設-2016年7月29日 10:19



 琉球新報は、7月29日の高江の状況について、「国頭村と東村に広がるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事に関して、土砂を積んだ大型トラック2台が29日午前8時国ごろ、東村高江のN1地区ゲートから基地内に入った。トラック2台は搬入を繰り返し、午前10時までに8台分の土砂を搬入した。ヘリパッド建設に反対する市民ら20人以上はN1地区ゲート前に座り込み、『森を破壊するな』『土砂を入れるな』『工事強行は許さんぞ』」とシュプレヒコールを上げながら、抗議活動を続けている。」、と報じた。



(3)沖縄タイムス-高江ヘリパッド 市民ら「過剰警備」批判-2016年7月28日 11:23



 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド建設で28日午前、N1地区表側出入り口からトラックが何度も砂利を積んで搬出入する様子が確認された。トラックの搬出入時に警察が周辺の県道70号を規制。トラックの前後を警察車両が警備しており、建設に反対する市民からは、警察に対して『工事に加担して恥ずかしくないのか』との声が上がった。市民らが抗議行動するN1地区表側出入り口付近では、機動隊が一時増員され100人以上で県道脇に立って警備。市民らは『抗議行動させないのか。過剰警備だ』と批判した。」、報じた。



 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。






(1)琉球新報-国、法軽視重ねる 県道に金網/テント撤去/協議せず伐採 北部訓練場着陸帯工事-2016年7月29日 05:04



 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、沖縄防衛局が取るべき手続きを経ず、法的根拠が乏しい中、工事を強行しているケースがあることが明らかになった。弁護士や専門家が指摘している違法性が疑われるケースは(1)N1地区ゲート前の県道70号に設置した金網(2)ゲート前の市民のテント撤去(3)事前の協議をせず、立木(りゅうぼく)を伐採-などが挙げられる。市民を排除し、工事を再開させることに躍起になった政府の姿勢があらためて浮き彫りになった。

 金網はN1地区ゲート前の県道70号上に、24日までに設置されていたことが確認されている。沖縄防衛局はその金網と数メートルしか離れていない米軍北部訓練場の提供施設内にも金網を設置しており、一時、二重に金網が設置されていた。道路管理者である県の同意を得ていなかったため、県が撤去するよう指導し、沖縄防衛局は指導に従い撤去した。
 一方、沖縄防衛局は、N1地区ゲート前に市民らが設置していたテントや私物を22日に撤去した際の法的根拠について、琉球新報社の取材に対し「担当課に確認中だ」とした。現時点で法的根拠を示せておらず事実上、法的根拠がないことを認めた形だ。
 さらにN1地区ゲートからヘリパッド建設予定地までの進入路にある国有林野に関し、沖縄防衛局が沖縄森林管理署との事前協議をせずに道を確保する作業を進めていることが分かった。国有林野の使用承認書で定めた条項に反する疑いが持たれているが、森林管理署は、現時点で現場を確認していない。
 また資機材を積んだ10トン以上の大型トラックが、新ヘリパッドが建設されるN1地区に向け、新川ダムの堤防を通る村道を通過する場合、1台ごと村に申請をしなければいけないことが分かった。N1地区裏ゲートから搬入する場合、今後1台ごとに申請手続きをするかどうかが注目される。
 現在、資機材が搬入されているN1地区ゲートに比べ、より建設現場に近いN1地区裏ゲートを通る場合は、新川ダムの堤防を通る村道か高江の集落を通る必要がある。
 高江の集落を通るルートに関しては、村も反対しており沖縄防衛局も使用を否定。N1地区裏ゲートから搬入する場合は、新川ダムの堤防を通る村道しか通路がない。



(2)琉球新報-トラックが土砂搬入繰り返す 北部ヘリパッド建設-2016年7月29日 10:19



 【ヘリパッド取材班】国頭村と東村に広がるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事に関して、土砂を積んだ大型トラック2台が29日午前8時国ごろ、東村高江のN1地区ゲートから基地内に入った。トラック2台は搬入を繰り返し、午前10時までに8台分の土砂を搬入した。
 ヘリパッド建設に反対する市民ら20人以上はN1地区ゲート前に座り込み、「森を破壊するな」「土砂を入れるな」「工事強行は許さんぞ」とシュプレヒコールを上げながら、抗議活動を続けている。【琉球新報電子版】



(3)沖縄タイムス-高江ヘリパッド 市民ら「過剰警備」批判-2016年7月28日 11:23



 【東】東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド建設で28日午前、N1地区表側出入り口からトラックが何度も砂利を積んで搬出入する様子が確認された。

 トラックの搬出入時に警察が周辺の県道70号を規制。トラックの前後を警察車両が警備しており、建設に反対する市民からは、警察に対して「工事に加担して恥ずかしくないのか」との声が上がった。

 市民らが抗議行動するN1地区表側出入り口付近では、機動隊が一時増員され100人以上で県道脇に立って警備。市民らは「抗議行動させないのか。過剰警備だ」と批判した。



(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>中谷防衛相「立木伐採なし」 金網は沖縄県と調整-2016年7月29日 12:39



 【東京】中谷元・防衛相は29日の会見で、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に関する林野庁との協議について「立木を伐採する必要性は生じていないため、沖縄森林管理署長の承認は受けていない」と説明した。工事用道路として使用する必要があり、沖縄森林管理署長から国有林野の使用承認は14日に受けたという。

 沖縄防衛局が県道70号に設置し、県が指導した金網については「道路交通法の範囲でできると考えていたが、県から指摘があった。法律上の手続きについていま県と調整している」と述べた。

 建設に反対する市民が設置したテントを撤去した根拠については「防衛省設置法に基づき、着陸帯の移設工事の実施、米軍に提供している施設区域の管理を行う上で必要な措置を講じた」とした。

by asyagi-df-2014 | 2016-07-29 17:50 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧