沖縄-北部訓練場ヘリパッド工事の実態-2016年7月24・25日

 2016年7月24日、25日沖縄を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。



(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>防衛局、搬入口の抗議テント撤去を要請-2016年7月24日 05:01



 沖縄タイムスは、安倍晋三政権の「蛮行」の様子について、「東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設予定地、N1地区の裏側出入り口にある市民側のテントと車について、沖縄防衛局が8月5日までの撤去を求めたことが分かった。7月22日に職員と作業員が訪れてテントと車ごと囲むようにフェンスを作り、「要請」文を貼り付けた。N1地区への出入り口2カ所のうち表側(県道70号沿い)のテントは同様の要請の後、22日に撤去された。裏側では機動隊車両や民間警備員も24時間態勢の常駐を始めていて、市民は「ここも撤去して両側から資材を搬入するつもりだ」と警戒を強めている。」、と報じた。
 また、「この日はN1地区表側出入り口、G・H両地区出入り口、北部訓練場メインゲートの3カ所に監視カメラが新たに設置された。現場周辺の県道70号を完全に封鎖する交通規制はなかったが、福岡県警の機動隊員が19、22両日に続いて新川ダム入り口で検問を実施。車を止め、行き先や目的を詳しく聞き出そうとしたが、市民が反発すると引き下がった。」、と伝えた。
 さらに、「表側のテントや内部の備品は防衛局が持ち去ったままで、23日も市民側に返却などの連絡はない。現場は県道区域。防衛局は撤去の法的根拠について、本紙の問い合わせにも回答していない。三宅俊司弁護士は23日、現場の集会で『防衛局には何の権限もない。明らかな窃盗行為だ』と指摘した。」、と報じた。



(2)沖縄タイムス-高江ヘリパッド、30人座り込み 工事車両確認されず-2016年7月24日 11:35



 高江の24日の様子について、沖縄タイムスは、「午前11時現在、約30人が出入り口の向かい側で座り込み、全国から来た機動隊員らに「ここにヘリパッドを造る必要があるのか。なぜ私たちが反対しているのか知ってほしい」と訴えた。同出入り口からの工事車両の搬出入は確認されていないが、22日に設置されたゲート内で、沖縄防衛局の腕章を着けた数人が作業する様子がみられた。ゲート前に機動隊車両など4台が停車し、民間の警備員や機動隊員が警備している。」、と報じた。



(3)琉球新報-高江に全国から支援続々 市民「ありがたい」-2016年7月25日 05:01



 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事が再開された問題で、建設に反対する市民らに対し、全国各地から支援物資が続々と届いている。市民らがN1地区ゲート前を封鎖するために駐車していた車両やテントが撤去され、資機材が搬入された22日以降、さらに支援物資が増えた。東村高江の『ヘリパッドいらない市民の会のメンバーは「勇気づけられる。本当にありがたい。今後の闘いに役立てたい』と感謝していた。」、と報じた。
 また、「支援物資は水などの飲料やカップラーメン、菓子類などさまざまで、段ボール箱に『座り込みテント』宛てで届いたり『住民の会』のメンバーの自宅などに届いたりしている。支援物資には『諦めないで頑張って』などのメッセージが添えられたものもあるという。支援物資が入った段ボールは数十箱にも上る。『住民の会』の伊佐育子さん(50)は『今後の運動の支えになるもので本当にありがたい』と強調した。」、と伝えた。



(4)琉球新報-高江、大型トラックが砂利を搬入 環境家批判「やんばるの森に異物」-2016年7月25日 11:25



 琉球新報は、この工事の問題について、「『奥間川流域保護基金』の伊波義安代表は『砂利を運ぶということは、やんばるの森に異物を持ち込むということだ。これだけで自然破壊につながる』と強調。『なぜこのような貴重な自然を破壊するために大量の機動隊を導入するのか』と憤った。」、と伝えた。



(5)沖縄タイムス-高江、建設予定地への道路を整備 市民と機動隊の衝突なし-2016年7月25日 13:53



 沖縄タイムスは、2016年7月25日の状況と闘いについて、「東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド建設で25日午前、建設予定地のN1地区につながる出入り口では、10台以上のトラックが砂利を運び、建設予定地までの道路整備などの作業を進めた。 100人を超える機動隊や警備員が警戒に当たる中で、工事に反対する市民ら約40人は「工事をやめろ」「森を壊すな」と抗議。市民と機動隊の衝突などはなかった。」、と報じら。



 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。






(1)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>防衛局、搬入口の抗議テント撤去を要請-2016年7月24日 05:01



 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設予定地、N1地区の裏側出入り口にある市民側のテントと車について、沖縄防衛局が8月5日までの撤去を求めたことが分かった。7月22日に職員と作業員が訪れてテントと車ごと囲むようにフェンスを作り、「要請」文を貼り付けた。

 N1地区への出入り口2カ所のうち表側(県道70号沿い)のテントは同様の要請の後、22日に撤去された。裏側では機動隊車両や民間警備員も24時間態勢の常駐を始めていて、市民は「ここも撤去して両側から資材を搬入するつもりだ」と警戒を強めている。

 表側のテントや内部の備品は防衛局が持ち去ったままで、23日も市民側に返却などの連絡はない。現場は県道区域。防衛局は撤去の法的根拠について、本紙の問い合わせにも回答していない。三宅俊司弁護士は23日、現場の集会で「防衛局には何の権限もない。明らかな窃盗行為だ」と指摘した。

 この日はN1地区表側出入り口、G・H両地区出入り口、北部訓練場メインゲートの3カ所に監視カメラが新たに設置された。

 現場周辺の県道70号を完全に封鎖する交通規制はなかったが、福岡県警の機動隊員が19、22両日に続いて新川ダム入り口で検問を実施。車を止め、行き先や目的を詳しく聞き出そうとしたが、市民が反発すると引き下がった。



(2)沖縄タイムス-高江ヘリパッド、30人座り込み 工事車両確認されず-2016年7月24日 11:35



 午前11時現在、約30人が出入り口の向かい側で座り込み、全国から来た機動隊員らに「ここにヘリパッドを造る必要があるのか。なぜ私たちが反対しているのか知ってほしい」と訴えた。同出入り口からの工事車両の搬出入は確認されていないが、22日に設置されたゲート内で、沖縄防衛局の腕章を着けた数人が作業する様子がみられた。

 ゲート前に機動隊車両など4台が停車し、民間の警備員や機動隊員が警備している。



(3)琉球新報-高江に全国から支援続々 市民「ありがたい」-2016年7月25日 05:01



 【東・国頭】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事が再開された問題で、建設に反対する市民らに対し、全国各地から支援物資が続々と届いている。市民らがN1地区ゲート前を封鎖するために駐車していた車両やテントが撤去され、資機材が搬入された22日以降、さらに支援物資が増えた。東村高江の「ヘリパッドいらない市民の会」のメンバーは「勇気づけられる。本当にありがたい。今後の闘いに役立てたい」と感謝していた。

 支援物資は水などの飲料やカップラーメン、菓子類などさまざまで、段ボール箱に「座り込みテント」宛てで届いたり「住民の会」のメンバーの自宅などに届いたりしている。支援物資には「諦めないで頑張って」などのメッセージが添えられたものもあるという。支援物資が入った段ボールは数十箱にも上る。「住民の会」の伊佐育子さん(50)は「今後の運動の支えになるもので本当にありがたい」と強調した。


(4)琉球新報-高江、大型トラックが砂利を搬入 環境家批判「やんばるの森に異物」-2016年7月25日 11:25



 【国頭・東】国頭村と東村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に関して、N1地区ゲート内に、25日午前8時から10時45分までに大型車両1台が少なくとも6回、砂利を搬入した。搬入された砂利はゲートの入り口付近に置かれ、それをゲート内の重機がならす作業が確認された。

 N1ゲート前で座り込んだ市民ら約40人は「ヘリパット建設許さんぞ」「工事をやめろ」「トラックを入れるな」などと声を上げ、ヘリパッド建設反対を訴えた。
 「奥間川流域保護基金」の伊波義安代表は「砂利を運ぶということは、やんばるの森に異物を持ち込むということだ。これだけで自然破壊につながる」と強調。「なぜこのような貴重な自然を破壊するために大量の機動隊を導入するのか」と憤った。
【琉球新報電子版】



(5)沖縄タイムス-高江、建設予定地への道路を整備 市民と機動隊の衝突なし-2016年7月25日 13:53



 【東】東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド建設で25日午前、建設予定地のN1地区につながる出入り口では、10台以上のトラックが砂利を運び、建設予定地までの道路整備などの作業を進めた。

 100人を超える機動隊や警備員が警戒に当たる中で、工事に反対する市民ら約40人は「工事をやめろ」「森を壊すな」と抗議。市民と機動隊の衝突などはなかった。

by asyagi-df-2014 | 2016-07-25 17:00 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧