沖縄-北部訓練場ヘリパッド工事の実態-2016年7月21日

 2016年7月21日の沖縄を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-沖縄・高江ヘリパッドあす着工 空から資材搬入も検討-2016年7月21日 05:00
(2)琉球新報-市民ら反発、検問を阻止 沖縄・高江のヘリパッド建設問題 基地ゲート前で資材搬入警戒-2016年7月21日 05:03
(3)沖縄タイムス-沖縄・高江ヘリパッド 地元の東村長、建設容認を再表明-2016年7月21日 08:08
(4)沖縄タイムス-高江ヘリパッド、なぜ空輸検討? 搬入路に難所、崖崩れも【深掘り】-2016年7月21日 8:10
(5)琉球新報-高江強制撤去「いよいよ始まる」 市民ら警戒、応援呼び掛け-2016年7月21日 11:42
(6)沖縄タイムス-沖縄県議会、高江建設中止を求める意見書可決-2016年7月21日 16:18


 沖縄県議会は、2016年7月21日、米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対し、建設中止を求める意見書を賛成多数で可決した。
 このことについて、沖縄タイムスは、「県議会(新里米吉議長)は21日、6月定例会最終本会議で、米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対し、建設中止を求める意見書を賛成多数で可決した。意見書を提案した与党3会派の26人が賛成し、野党の自民の15人は反対、中立の公明と維新の計6人は退席した。意見書は米海兵隊がヘリパッドを使用してオスプレイの訓練を実施する点を踏まえ、県議会としてオスプレイ配備の撤回や在沖海兵隊の撤退を求める意見書を可決していると強調。住民がオスプレイの騒音や低周波音の被害を訴えていることや、機動隊による反対運動の排除を批判し、工事の中止を求めている。あて先は首相、外相、防衛相、沖縄担当相。」、と報じた。

 さて、東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設は、いよいよ強制撤去が、7月22日から始まろうとしている。
 琉球新報は、このことについて、「米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対している市民らは21日、同ゲートを封鎖するために駐車した車やテントなどの強制的な撤去が22日早朝にも始まるとの報道に警戒を強めている。21日早朝にはゲート前に約40人の市民らが集結し、『いよいよ始まる』『何としても阻止するぞ』と気勢を上げた。
 市民らはこの日午後2時からN1地区ゲート前で集会を開き、抗議行動への県民の参加呼び掛けと工事断念を訴える。千人規模を目指している。
 米軍北部訓練場のメインゲートからは21日午前5時50分ごろ、2台のトラックを含む13台が車列を組んで基地内に入った。N1地区ゲート前では21日午前8時半現在、市民らがゲートを封鎖するために止めている車両や、テントなどの撤去作業は行われていない。」、と伝えた。
 さらに、沖縄タイムスは、沖縄防衛局が建設に使う資材搬入のために空輸を検討していると報じた。



 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。







沖縄タイムス-沖縄・高江ヘリパッドあす着工 空から資材搬入も検討-2016年7月21日 05:00


 政府は20日、沖縄県の米軍北部訓練場(国頭村、東村)でヘリパッド(着陸帯)を建設するため、建設予定地への出入り口に停車している市民らの車両を22日早朝に撤去し、同日中に着工する方針を固めた。当面はN1地区で、資材を円滑に搬入するため、道路の舗装工事をする。抗議行動が続き、資材を搬入できないと判断した場合は、ヘリコプターでの運搬も視野に入れている。ヘリの使用は沖縄防衛局が20日、県環境部に文書で伝えた。

 建設に反対する市民らは21日午後2時からN1ゲート前で大規模な集会を開き、着工を前に抗議の意志を表明する。

 N1ゲート前では20日、24時間態勢で工事再開を警戒する市民らが、工事・警察車両の監視を続けた。11日の資材搬入後から最大規模となる約150人の市民が集結。「工事を止めるぞ」「森を守るぞ」とシュプレヒコールした。県議会の与党議員16人も訪れ、市民らと抗議の声を上げた。

 一方、午前10時半ごろには東村高江の新川ダムの入り口付近で、福岡県警の警察官が19日に続いて検問の準備を始めた。

 駆けつけた市民らが「違法な検問だ」「弾圧だ」と詰め寄り、30分ほどにらみ合った。この結果、警察官はバスなどに引き揚げ、検問は実施されなかった。

 政府は訓練場でのヘリパッド建設工事に加え、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内でも陸上部分の工事に着手する方針。着工は来週以降になる見通しだ。



琉球新報-市民ら反発、検問を阻止 沖縄・高江のヘリパッド建設問題 基地ゲート前で資材搬入警戒-2016年7月21日 05:03



 沖縄県の東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事に関し20日、沖縄に派遣されている警視庁や福岡県警の機動隊員らは、訓練場の各ゲート前を通る県道70号で19日に続いて検問を行おうと準備したが、市民らの反発で実施に至らなかった。建設予定地である「N1地区」のゲート前では未明から建設に反対する住民ら約100人が集結し、資材搬入などへの警戒を強めた。工事関係車両の出入りやそれに伴う機動隊の規制などはなかった。

 市民らはここ数日、工事再開に向けた沖縄防衛局の資材搬入やゲート前を封鎖するため市民が設置したテントや車の撤去を24時間体制で警戒し続けている。
 新川ダム付近の県道70号では「検問中」との標識を掲げた警察車両や検問の準備をする機動隊を市民らが確認したため、約30人が座り込んで抗議した。その後検問は実施されなかった。
 赤嶺政賢衆院議員によると、警察庁は19日の検問の理由を「状況を知らない車が近づくと危ないので情報提供をするため」と回答したという。沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんの集会あいさつでこれを知った市民からは「免許証の提示を求めたり住所を控えたりする必要はないだろう」と怒りの声と失笑が漏れた。
 午前に県議会与党議員団がゲート前を訪れて激励した。


沖縄タイムス-沖縄・高江ヘリパッド 地元の東村長、建設容認を再表明-2016年7月21日 08:08



 【東】東村の伊集盛久村長は20日、村高江周辺のヘリパッド建設について「北部訓練場過半が確実に返還されることで基地の整理・縮小につながる」と容認する姿勢を示し、「ヘリパッド工事は安全確保した上で進めていただきたい」と述べた。東村役場を同日訪ねた県議会与党会派15人に見解を示した。

 一方、ヘリパッドを使用するオスプレイに対しては41市町村の首長で配備反対を訴えた「建白書」や「機体の安全性が確認できていない」ことを理由に反対の立場を強調。その整合性について「よく矛盾と言われるが、オスプレイの安全性が確認されるまでは容認できないと言っている」とした。

 ヘリパッド建設の工事車両が高江集落内を通る可能性については「沖縄防衛局は集落内道路は使わないと言っている」と否定。また、県道70号上で機動隊による一斉検問があったことには「私の権限外で言える立場にない」とした。

 伊集村長は2007年に移設を容認し、沖縄防衛局は北部訓練場N4地区のヘリパッド工事に着手した。




沖縄タイムス-高江ヘリパッド、なぜ空輸検討? 搬入路に難所、崖崩れも【深掘り】-2016年7月21日 8:10




 【東】東村高江周辺のヘリパッド(着陸帯)建設に使う資材搬入で、沖縄防衛局が空輸を検討しているのは、市民たちの抗議活動に加え、建設予定地への陸路では崖崩れが数カ所確認され、一部で重量規制があるためだ。防衛局はN1ゲート前の市民のテントや車を機動隊の大量投入で強制撤去し、工事車両の進入路を確保するとみられるが、N1地区に至るまでに崖崩れが数カ所確認されている。八方ふさがりとなっている状況で、実際、着工するまでには道路の整備に時間を要するとみられる。

 県環境部などによると、県道70号からN1地区へ向かう進入路では3~4カ所の崖崩れがあり、赤土流出防止や大掛かりな補修工事の必要性が指摘されている。また、工事車両がすれ違う際の退避場所や転回場所も必要になるが、防衛局が県へ提出した事業行為通知書には記載されていない。防衛局は崩落場所について「板柵を設置し、補強する」と対策を示すが、環境面や安全面での不備も指摘される。

 ヘリパッド建設予定地G、H地区への陸上ルートも同様に厳しい。高江集落内を通るルートは伊集盛久東村長が拒否、防衛局も「使わない」としている。また、新川ダムの堤防上の道路を通るルートは重量規制があり、10トンを超える車両は通行できない。道路管理者の東村建設環境課は「ダムの構造上、大型トレーラーが通ることは考えにくい」としている。

 東村関係者によると、N1ゲートからN1地区への進入路は旧米軍演習道路。道幅が狭く、工事車両の行き来が難しい。防衛局が検討する空輸による資材搬入は、陸上ルートの確保の見通しがはっきりしない状況の表れともいえる。



琉球新報-高江強制撤去「いよいよ始まる」 市民ら警戒、応援呼び掛け-2016年7月21日 11:42




 【東・国頭】米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対している市民らは21日、同ゲートを封鎖するために駐車した車やテントなどの強制的な撤去が22日早朝にも始まるとの報道に警戒を強めている。21日早朝にはゲート前に約40人の市民らが集結し、「いよいよ始まる」「何としても阻止するぞ」と気勢を上げた。

 市民らはこの日午後2時からN1地区ゲート前で集会を開き、抗議行動への県民の参加呼び掛けと工事断念を訴える。千人規模を目指している。
 米軍北部訓練場のメインゲートからは21日午前5時50分ごろ、2台のトラックを含む13台が車列を組んで基地内に入った。
 N1地区ゲート前では21日午前8時半現在、市民らがゲートを封鎖するために止めている車両や、テントなどの撤去作業は行われていない。
 21日午前6時すぎ、ゲート前で始まった朝の集会で沖縄平和運動センターの山城博治議長は、県内各地の島ぐるみ会議に呼び掛け、県内各地の基地のゲート前で座り込みによる封鎖を指示したことを報告。「いよいよこの時がやってきた。機動隊と正面からはぶつからないようにしながらも、撤去させないように抗議していこう」と呼び掛けた。さらに市民らが設置した車両やテントの撤去に当たり、警察が県道を封鎖するとの報道については「何の権限があって県道の封鎖をするのか。抗議行動と併せて徹底的に追及していきたい」と力を込めた。
 東村高江の「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐育子さん(50)は「ヘリパッドができれば高江区の住民の生活がどうなってしまうか。もっともっと県民に知ってもらいたい。多くの県民に高江の闘いに手を貸してほしい」と呼び掛けた。
【琉球新報電子版】



沖縄タイムス-沖縄県議会、高江建設中止を求める意見書可決-2016年7月21日 16:18




 県議会(新里米吉議長)は21日、6月定例会最終本会議で、米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対し、建設中止を求める意見書を賛成多数で可決した。意見書を提案した与党3会派の26人が賛成し、野党の自民の15人は反対、中立の公明と維新の計6人は退席した。

 意見書は米海兵隊がヘリパッドを使用してオスプレイの訓練を実施する点を踏まえ、県議会としてオスプレイ配備の撤回や在沖海兵隊の撤退を求める意見書を可決していると強調。住民がオスプレイの騒音や低周波音の被害を訴えていることや、機動隊による反対運動の排除を批判し、工事の中止を求めている。

 あて先は首相、外相、防衛相、沖縄担当相。


by asyagi-df-2014 | 2016-07-21 18:14 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧