沖縄-1982年4月にワインバーガー米国防長官が米上院歳出委員会に提出した書面証言で、在沖縄の米海兵隊は、「日本防衛の任務は割り当てられていない」と回答。

 標題について、琉球新報は2016年7月7日、「1982年4月にワインバーガー米国防長官が米上院歳出委員会に提出した書面証言で、在沖縄の米海兵隊について『日本防衛の任務は割り当てられていない』と表明した上で、『西太平洋およびインド洋における米海軍第7艦隊の作戦領域のいかなる場所にも配備され得る』と回答していたことが分かった。」、と報じた。
 このことについて、琉球新報は、「在沖米海兵隊の駐留を巡っては沖縄の『地理的優位性』などが引き合いに出されるが、広く西太平洋やインド洋のどこでも機能し、さらに主な任務は『日本防衛』ではない実態が改めて示された。」、と伝えた。
 また、この文書は、「文書は米国防総省が作成してワインバーガー氏が署名し、米上院の公聴会に向けて提出したもの。」。
なお、「文書は6日開かれた沖縄県議会6月定例会の代表質問で、渡久地修氏(共産)が存在を質問し、県の謝花喜一郎知事公室長が国会図書館から入手し、確認したと認めた。」。


 つまり、米軍基地の沖縄駐留の意味の根拠は、既に崩壊している。


 以下、琉球新報の引用。







琉球新報-「日本防衛の任務ない」 在沖縄の米海兵隊 80年代に米国防長官が議会に回答-2016年7月7日 05:03



 1982年4月にワインバーガー米国防長官が米上院歳出委員会に提出した書面証言で、在沖縄の米海兵隊について「日本防衛の任務は割り当てられていない」と表明した上で、「西太平洋およびインド洋における米海軍第7艦隊の作戦領域のいかなる場所にも配備され得る」と回答していたことが分かった。在沖米海兵隊の駐留を巡っては沖縄の「地理的優位性」などが引き合いに出されるが、広く西太平洋やインド洋のどこでも機能し、さらに主な任務は「日本防衛」ではない実態が改めて示された。


 文書は6日開かれた沖縄県議会6月定例会の代表質問で、渡久地修氏(共産)が存在を質問し、県の謝花喜一郎知事公室長が国会図書館から入手し、確認したと認めた。

 文書は米国防総省が作成してワインバーガー氏が署名し、米上院の公聴会に向けて提出したもの。

 在沖米海兵隊の任務について、インド洋への配備をより増していく可能性を問う質問に対し、米海兵隊の任務は日本防衛ではなく、「それよりも」第7艦隊の構成要素として、太平洋地域を展開する特性を強調する回答をしている。

 謝花氏はこれに関連し「県は防衛省から示された在日米海兵隊の意義・役割について2度の質問を行い、回答を得たが、説明は十分でなく、政府は丁寧な説明を行うべきだと考えている」と述べた。

 翁長雄志知事も「米海兵隊について、ワインバーガー氏が日本を守るためではないという発言もあった」とあらためて答弁し、米海兵隊の沖縄駐留に疑問を呈した。


by asyagi-df-2014 | 2016-07-07 12:00 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧