沖縄-7月から騒音を伴う重機を使った工事再開の可能性が高まっているため、 高江ヘリ着陸帯反対の抗議の声を挙げる。

 標題について、琉球新報は2016年7月2日、「米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で1日、新設に反対する市民ら少なくとも約180人が東村の米軍北部訓練場のゲート前で抗議の声を上げ、今後は24時間態勢で『N1ゲート』を中心に監視していくことを確認した。」、と報じた。
 このことについて、「国の特別天然記念物『ノグチゲラ』などの営巣期にあたる3~6月の間、工事は行われておらず、今月から騒音を伴う重機を使った工事再開の可能性が高まっている。ヘリパッド新設は6カ所を予定しており、そのうち2カ所が完成した2014年7月以降、工事が止まっている。政府は新設するヘリパッドの完成を前提に北部訓練場の一部を年内に返還する意向を示している。」、と伝えた。
 また、「ヘリパッドいらない住民の会の伊佐真次さんは『新しいヘリパッド2カ所が完成後、訓練が激化している。これ以上のヘリパッドが造られれば、住民の生活にさらなる被害が出る』と指摘。さらに『やんばる国立公園』の指定が決まったことに触れ『今後は世界自然遺産に向けて動くようだが、オスプレイの基地があり、銃声が聞こえる自然遺産なんてあり得ない』と憤りを見せた。」、「沖縄平和運動センターの山城博治議長は『本島最大で唯一の手つかずの自然が残るやんばるの森。それを壊して、戦争の準備を進めるのか』と声を荒らげた。」、と報じた。


 確かに、「オスプレイの基地があり、銃声が聞こえる自然遺産なんてあり得ない」。


 以下、琉球新報の引用。







琉球新報-高江ヘリ着陸帯反対に180人 市民ら工事再開を警戒-2016年7月2日 05:00



 【東・国頭】米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で1日、新設に反対する市民ら少なくとも約180人が東村の米軍北部訓練場のゲート前で抗議の声を上げ、今後は24時間態勢で「N1ゲート」を中心に監視していくことを確認した。国の特別天然記念物「ノグチゲラ」などの営巣期にあたる3~6月の間、工事は行われておらず、今月から騒音を伴う重機を使った工事再開の可能性が高まっている。

 ヘリパッド新設は6カ所を予定しており、そのうち2カ所が完成した2014年7月以降、工事が止まっている。政府は新設するヘリパッドの完成を前提に北部訓練場の一部を年内に返還する意向を示している。

 ヘリパッドいらない住民の会の伊佐真次さんは「新しいヘリパッド2カ所が完成後、訓練が激化している。これ以上のヘリパッドが造られれば、住民の生活にさらなる被害が出る」と指摘。さらに「やんばる国立公園」の指定が決まったことに触れ「今後は世界自然遺産に向けて動くようだが、オスプレイの基地があり、銃声が聞こえる自然遺産なんてあり得ない」と憤りを見せた。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「本島最大で唯一の手つかずの自然が残るやんばるの森。それを壊して、戦争の準備を進めるのか」と声を荒らげた。


by asyagi-df-2014 | 2016-07-03 12:30 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧