沖縄-沖縄「慰霊の日」、翁長雄志沖縄県知事平和宣言と安倍晋三内閣総理大臣のあいさつを読む。

 2016年6月23日に行われた翁長雄志沖縄県知事の平和宣言と安倍晋三首相「慰霊の日」あいさつを、比べてみる。
 この両者の発言を、少し無理にではあるが、翁長雄志知事の平和宣言の分類に即して要約する。


Ⅰ.沖縄のこころとは
(知事)
「沖縄を襲った史上まれにみる熾烈(しれつ)な戦火は、島々の穏やかで緑豊かな風景を一変させ、貴重な文化遺産のほとんどを破壊し、20数万人余りの尊い命を奪い去りました。私たち県民が身をもって体験した想像を絶する戦争の不条理と残酷さは、時を経た今でも忘れられるものではありません。この悲惨な戦争の体験こそが、平和を希求する沖縄の心の原点であります。」
(首相)
①「71年前、ここ沖縄の地は、凄惨な地上戦の場となりました。20万人もの尊い命が失われ、なんの罪もない市井の人々、未来ある子供たちが無残にも犠牲となりました。沖縄の美しい海や自然、豊かな文化が、容赦なく壊されました。平和の礎(いしじ)に刻まれた方々の無念、残された人々の底知れぬ悲しみ、沖縄が負った癒えることのない深い傷を思うとき、ただただ頭(こうべ)を垂れるほかなすすべがありません。」
②「祖国の行く末を案じ、愛する家族の幸せを願いながら、戦争のために命を落とされ方々、その取り返しのつかない犠牲、そしてその後に沖縄が忍んだ苦難の歴史の上に、今私たちが享受する平和と繁栄があります。今日は静かに目を閉じて、そのことを噛みしめ、私たちがどこからきたのか、自らに問い、過去と謙虚に向き合い、平和な世界の実現に向けて、不断の努力を続けていく、その誓いを新たにする日であります。」


Ⅱ.沖縄が味わされてきた実体験
(知事)
①「戦後、私たちは、この沖縄の心をよりどころに、県民が安心して生活できる経済基盤を作り、復興と発展の道を懸命に歩んでまいりました。」
②「しかしながら、戦後71年が経過しても、依然として広大な米軍基地が横たわり、国土面積の0.6パーセントにすぎない本県に、米軍専用施設の約74パーセントが集中しています。」
③「広大な米軍基地があるがゆえに、長年にわたり事件・事故が繰り返されてまいりました。今回の非人間的で凶悪な事件に対し、県民は大きな衝撃を受け、不安と強い憤りを感じています。」
(首相)
「同時に、私たちは戦後70年以上を経た今もなお、沖縄が大きな基地の負担を背負っている事実を、重く受け止めなければなりません。私たちは今後とも国を挙げて、基地負担の軽減に、一つ一つ取り組んでまいります。そうした中で今般、米軍の関係者による卑劣極まりない凶悪な事件が発生したことに、非常に強い憤りをおぼえています。米国に対しては、私から直接大統領に、日本国民が強い衝撃を受けていることを伝え、強く抗議するとともに、実効的な再発防止など厳正な対処、対応を求めてきました。」



Ⅲ.日本への問い掛け
(知事)
①「沖縄の米軍基地問題は、我が国の安全保障の問題であり、日米安全保障体制の負担は国民全体で負うべきであります。」
②「日米安全保障体制と日米地位協定の狭間で生活せざるを得ない沖縄県民に、日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されているのでしょうか。」
③「真の意味で平和の礎(いしずえ)を築くためにも、日米両政府に対し、日米地位協定の抜本的な見直しとともに、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小など、過重な基地負担の軽減を先送りすることなく、直ちに実現するよう強く求めます。
④「特に、普天間飛行場の辺野古移設については、県民の理解は得られず、これを唯一の解決策とする考えは、到底許容できるものではありません。」
(首相)
①「米国とは、地位協定上の軍属の扱いの見直しをおこなうことで合意し、現在、米国と詰めの交渉をおこなっております。国民の命と財産を守る責任を負う政府として、二度とこうした痛ましい犯罪が起きないよう対策を早急に講じてまいります。」
②「私たちは今を生きる世代、そして明日を生きる世代のため沖縄の振興に全力で取り組み、明るい未来を切り開いてまいります。そのことが御霊にお応えすることになる、私はそのことを確信しております。」



Ⅳ.世界への投げかけ
(知事)
「世界の国々では、貧困、飢餓、差別、抑圧など人命と基本的人権を脅かす、多くの深刻な課題が存在しています。このような課題を解決し、恒久平和を実現するためには、世界の国々、そして、そこに暮らす私たち一人一人が一層協調し、平和の創造と維持に取り組んでいくことが重要であります。」
(首相)
「アジアとの玄関口に位置し、技術革新の新たな拠点でもある沖縄は、その大いなる優位性と、限りない潜在力を存分に活かし、現在飛躍的な発展を遂げつつあります。



Ⅴ.沖縄の決意
(知事)
①「私たちは、万国津梁の鐘に刻まれているように、かつて、アジアや日本との交易で活躍した先人たちの精神を受け継ぎ、アジア・太平洋地域と日本の架け橋となり、人的、文化的、経済的交流を積極的に行うよう、今後とも一層努めてまいります。」
②「戦争の経験が息づく沖縄に暮らす私たちは、過去をしっかりと次の世代に継承し、平和の実現に向けて貢献を果たす上で大きな役割を担っているのです。本日、慰霊の日に当たり、犠牲になられた全ての方々に心から哀悼の誠を捧げるとともに、平和を希求してやまない沖縄の心を礎(いしずえ)として、未来を担う子や孫のために、誇りある豊かさを作り上げ、恒久平和に取り組んでいく決意をここに宣言します。」
(首相)
「結びに、この地に眠る御霊の安らかならんこと、ご遺族の方々の御平安を、心からお祈りし、私のあいさつといたします。」




 このように並べてみると、次のようなことが見えてくる。
(1)沖縄のこころについて、知事は、「県民が身をもって体験した想像を絶する戦争の不条理と残酷さは、時を経た今でも忘れられるものではありません。この悲惨な戦争の体験こそが、平和を希求する沖縄の心の原点であります。」、と規定する。
 一方、首相が使う「戦争のために命を落とされ」と表現された「戦争」の定義には、沖縄が経験した悲惨な戦争体験をもたらした、「戦争の不条理と残酷さ」という認識が欠けている。
 つまり、安倍晋三政権の強行かつ独断的な政策は、「沖縄のこころ」を理解できていないことから、生じている。
(2)沖縄が味わされてきた実体験について、知事は、「広大な米軍基地があるがゆえに、長年にわたり事件・事故が繰り返されてまいりました。」、とその負の原因を明確にしている。また、今回の事件については、「今回の非人間的で凶悪な事件に対し、県民は大きな衝撃を受け、不安と強い憤りを感じています。」、と沖縄県民の「怒りは限度を超えた」を代弁している。
 首相は、このことについて、「私たちは戦後70年以上を経た今もなお、沖縄が大きな基地の負担を背負っている事実を、重く受け止めなければなりません。」、とし、事件については、「そうした中で今般、米軍の関係者による卑劣極まりない凶悪な事件が発生したことに、非常に強い憤りをおぼえています。」、と慨嘆しているだけでである。
 今回、知事の宣言には「構造的沖縄差別」という文言は盛り込まれてはいないが、その「構造的沖縄差別」をもたらしてきたのが、日米合作の安全保障政策であったという事実から、沖縄の米軍基地問題は、ただ単に「重く受け止めなければなりません。」という表現で終わらせることができるものではないはずである。
 まして、今回の事件の解決が、「米軍への強い抗議」「実効的な再発防止など厳正な対処、対応」で到底達成できるものではない。
(3)日本への問い掛けについて、知事は、「沖縄の米軍基地問題は、我が国の安全保障の問題であり、日米安全保障体制の負担は国民全体で負うべき」、「沖縄県民は日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されていると言えるか」、という二つの問題提起を行う。
 こうした考えに基づき、知事は、①「日米両政府に対し、日米地位協定の抜本的な見直しとともに、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小など、過重な基地負担の軽減を先送りすることなく、直ちに実現すること」、②「普天間飛行場の辺野古移設については、県民の理解は得られず、これを唯一の解決策とする考えは、到底許容できるものではないこと」、という二つの要求をこの平和宣言で日本政府に行った。
 首相は、日本政府の考え方を、「地位協定上の軍属の扱いの見直しをおこなうことで合意し、現在、米国と詰めの交渉をおこなっております。」と今回の問題の重要性を矮小化し、沖縄の米軍基地の問題の解決に向けては、自らの責任に気づかぬ姿勢をあくまで貫いている。
 結局、このことが示しているのは、最近マスメディアで流される沖縄県と政府との間意見のすれ違いとは、日本政府のごまかしに過ぎないということでしかない。
(4)世界への投げかけについて、知事は、「恒久平和を実現するためには、世界の国々、そして、そこに暮らす私たち一人一人が一層協調し、平和の創造と維持に取り組んでいくことが重要」、と小さな自治体が落とし込められた状況の中でもがき苦しんだ中で掴んだ考え方を、格調高く世界に発信している。
 首相は、「現在飛躍的な発展を遂げつつあります。」、と紹介するだけで、実はそのことの最大の弊害が米軍の沖縄基地でであるという認識に達することが、どうしてもできない。
(5)沖縄の決意について、知事は、「犠牲になられた全ての方々に心から哀悼の誠を捧げるということは、平和を希求してやまない沖縄の心を礎(いしずえ)として、未来を担う子や孫のために、誇りある豊かさを作り上げることである」という論理を明確にする中で、沖縄県が恒久平和に取り組むことを、この宣言で決意として謳った。
 首相は、単に、「この地に眠る御霊の安らかならんこと、ご遺族の方々の御平安を、心からお祈り」、とするだけで、未来を語ることはなかった。


以下、沖縄タイムス及び首相あいさつの引用。







沖縄タイムス-翁長知事の平和宣言 沖縄全戦没者追悼式-2016年6月23日




 太平洋戦争最後の地上戦の行われた沖縄に、71年目の夏が巡ってきました。
 沖縄を襲った史上まれにみる熾烈(しれつ)な戦火は、島々の穏やかで緑豊かな風景を一変させ、貴重な文化遺産のほとんどを破壊し、20数万人余りの尊い命を奪い去りました。
 私たち県民が身をもって体験した想像を絶する戦争の不条理と残酷さは、時を経た今でも忘れられるものではありません。
 この悲惨な戦争の体験こそが、平和を希求する沖縄の心の原点であります。
 戦後、私たちは、この沖縄の心をよりどころに、県民が安心して生活できる経済基盤を作り、復興と発展の道を懸命に歩んでまいりました。
 しかしながら、戦後71年が経過しても、依然として広大な米軍基地が横たわり、国土面積の0.6パーセントにすぎない本県に、米軍専用施設の約74パーセントが集中しています。
 広大な米軍基地があるがゆえに、長年にわたり事件・事故が繰り返されてまいりました。今回の非人間的で凶悪な事件に対し、県民は大きな衝撃を受け、不安と強い憤りを感じています。
 沖縄の米軍基地問題は、我が国の安全保障の問題であり、日米安全保障体制の負担は国民全体で負うべきであります。
 日米安全保障体制と日米地位協定の狭間で生活せざるを得ない沖縄県民に、日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されているのでしょうか。
 真の意味で平和の礎(いしずえ)を築くためにも、日米両政府に対し、日米地位協定の抜本的な見直しとともに、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小など、過重な基地負担の軽減を先送りすることなく、直ちに実現するよう強く求めます。
 特に、普天間飛行場の辺野古移設については、県民の理解は得られず、これを唯一の解決策とする考えは、到底許容できるものではありません。
 一方、世界の国々では、貧困、飢餓、差別、抑圧など人命と基本的人権を脅かす、多くの深刻な課題が存在しています。
 このような課題を解決し、恒久平和を実現するためには、世界の国々、そして、そこに暮らす私たち一人一人が一層協調し、平和の創造と維持に取り組んでいくことが重要であります。
 私たちは、万国津梁の鐘に刻まれているように、かつて、アジアや日本との交易で活躍した先人たちの精神を受け継ぎ、アジア・太平洋地域と日本の架け橋となり、人的、文化的、経済的交流を積極的に行うよう、今後とも一層努めてまいります。
 戦争の経験が息づく沖縄に暮らす私たちは、過去をしっかりと次の世代に継承し、平和の実現に向けて貢献を果たす上で大きな役割を担っているのです。
 本日、慰霊の日に当たり、犠牲になられた全ての方々に心から哀悼の誠を捧げるとともに、平和を希求してやまない沖縄の心を礎(いしずえ)として、未来を担う子や孫のために、誇りある豊かさを作り上げ、恒久平和に取り組んでいく決意をここに宣言します。

 平成28年6月23日 
                          沖縄県知事 翁長雄志




慰霊の日首相あいさつ-2016年6月23日



平成28年・沖縄全戦没者追悼式に臨み、沖縄戦において、戦場に斃(たお)れた御霊、戦火に遭われ亡くなられた御霊に向かい、謹んで哀悼の誠をささげますとともに、ご遺族の方々に深く哀悼の意を表します。

71年前、ここ沖縄の地は、凄惨な地上戦の場となりました。20万人もの尊い命が失われ、なんの罪もない市井の人々、未来ある子供たちが無残にも犠牲となりました。沖縄の美しい海や自然、豊かな文化が、容赦なく壊されました。平和の礎(いしじ)に刻まれた方々の無念、残された人々の底知れぬ悲しみ、沖縄が負った癒えることのない深い傷を思うとき、ただただ頭(こうべ)を垂れるほかなすすべがありません。

祖国の行く末を案じ、愛する家族の幸せを願いながら、戦争のために命を落とされ方々、その取り返しのつかない犠牲、そしてその後に沖縄が忍んだ苦難の歴史の上に、今私たちが享受する平和と繁栄があります。今日は静かに目を閉じて、そのことを噛みしめ、私たちがどこからきたのか、自らに問い、過去と謙虚に向き合い、平和な世界の実現に向けて、不断の努力を続けていく、その誓いを新たにする日であります。

同時に、私たちは戦後70年以上を経た今もなお、沖縄が大きな基地の負担を背負っている事実を、重く受け止めなければなりません。私たちは今後とも国を挙げて、基地負担の軽減に、一つ一つ取り組んでまいります。そうした中で今般、米軍の関係者による卑劣極まりない凶悪な事件が発生したことに、非常に強い憤りをおぼえています。米国に対しては、私から直接大統領に、日本国民が強い衝撃を受けていることを伝え、強く抗議するとともに、実効的な再発防止など厳正な対処、対応を求めてきました。

米国とは、地位協定上の軍属の扱いの見直しをおこなうことで合意し、現在、米国と詰めの交渉をおこなっております。国民の命と財産を守る責任を負う政府として、二度とこうした痛ましい犯罪が起きないよう対策を早急に講じてまいります。

アジアとの玄関口に位置し、技術革新の新たな拠点でもある沖縄は、その大いなる優位性と、限りない潜在力を存分に活かし、現在飛躍的な発展を遂げつつあります。私たちは今を生きる世代、そして明日を生きる世代のため沖縄の振興に全力で取り組み、明るい未来を切り開いてまいります。そのことが御霊にお応えすることになる、私はそのことを確信しております。

結びに、この地に眠る御霊の安らかならんこと、ご遺族の方々の御平安を、心からお祈りし、私のあいさつといたします。

平成28年6月23日 内閣総理大臣 安倍晋三


by asyagi-df-2014 | 2016-06-28 05:49 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧