米軍再編-石垣市議会は、石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、推進派1件と反対派2件の請願を賛成少数で不採択とした。

 このことについて、沖縄タイムスは2016年6月21日、「なぜ? 推進・反対両方の請願を不採択 陸自配備めぐり石垣市議会」、と見出しで伝えた。
また、「石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、石垣市議会(知念辰憲議長)は20日の6月定例会最終本会議で、推進派1件と反対派2件の請願を賛成少数で不採択とした。推進の請願は総務財政委員会が与党の賛成多数で採択したが、本会議では『議論尽くされてない』『時期尚早』などと与党の公明2人と自民1人が退席、別の自民2人が反対し委員会決定を覆した。推進の請願は、石垣島自衛隊配備推進協議会が提出。反対派は、配備予定地に近い嵩田・名蔵地区が計画中止を、八重山大地会が中山義隆市長に情報開示や賛否表明を求めていた。」、と報じた。
 さらに、「市議会勢力は与党14人、野党・中立7人。17日の総務財政委の結論を受け、議長や慎重姿勢の公明2人らを除いても採択できる-との見方はあったが、自民3人の退席・反対により8対9の賛成少数となった。」、と伝えた。


 以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-なぜ? 推進・反対両方の請願を不採択 陸自配備めぐり石垣市議会-2016年6月21日 05:17


 【石垣】石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、石垣市議会(知念辰憲議長)は20日の6月定例会最終本会議で、推進派1件と反対派2件の請願を賛成少数で不採択とした。推進の請願は総務財政委員会が与党の賛成多数で採択したが、本会議では「議論尽くされてない」「時期尚早」などと与党の公明2人と自民1人が退席、別の自民2人が反対し委員会決定を覆した。

 推進の請願は、石垣島自衛隊配備推進協議会が提出。反対派は、配備予定地に近い嵩田・名蔵地区が計画中止を、八重山大地会が中山義隆市長に情報開示や賛否表明を求めていた。

 市議会勢力は与党14人、野党・中立7人。17日の総務財政委の結論を受け、議長や慎重姿勢の公明2人らを除いても採択できる-との見方はあったが、自民3人の退席・反対により8対9の賛成少数となった。

 反対した与党市議らは取材に対し、配備反対を訴えた革新候補2人の合計票が推進派の自公候補を約4千票上回った「県議選の結果も大きい。配備に反対はしないが時期尚早。もっと住民の理解を深める努力をすべきだ」などと指摘した。

 一方、自民党石垣市支部の市議らは、採決時に支部長や幹事長らが退席・反対に回ったことを「理解できない」と反発。同日、10人中6人が脱退し、1人が青年局長の職を辞任した。


by asyagi-df-2014 | 2016-06-21 12:57 | 米軍再編 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧