原発問題-東京電力の清水正孝社長が「炉心溶融という言葉を使うな」と指示。

 標題について、東京新聞は2016年6月16日、「東京電力が福島第1原発事故当初、原子炉の核燃料が溶ける『炉心溶融』が起きていたのに『炉心損傷』と過小評価の説明をしていた問題で、同社が原因調査を依頼していた第三者検証委員会が『当時の清水正孝社長が【炉心溶融という言葉を使うな】と社内に指示していた』との報告書案をまとめたことが16日、関係者への取材で分かった。同日午後、正式に取りまとめる。」、と報じた。
 また、「事故当時、原子炉が最も深刻な事態にあるのかは国民が注視していた。事故を過小評価するような説明に経営トップが関わっていたことが明らかになり、改めて姿勢が問われそうだ。」、と伝えた。


 以下、東京新聞の引用。






東京新聞-「溶融使うな」東電社長が指示 福島事故で第三者委が報告案-2016年6月16日 14時17分


 東京電力が福島第1原発事故当初、原子炉の核燃料が溶ける「炉心溶融」が起きていたのに「炉心損傷」と過小評価の説明をしていた問題で、同社が原因調査を依頼していた第三者検証委員会が「当時の清水正孝社長が『炉心溶融という言葉を使うな』と社内に指示していた」との報告書案をまとめたことが16日、関係者への取材で分かった。同日午後、正式に取りまとめる。

 事故当時、原子炉が最も深刻な事態にあるのかは国民が注視していた。事故を過小評価するような説明に経営トップが関わっていたことが明らかになり、改めて姿勢が問われそうだ。
(共同)


by asyagi-df-2014 | 2016-06-16 17:07 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧