沖縄-ちょっと気になる石垣市の事情。

 沖縄タイムスが伝えた次の記事は、沖縄の民意のすごさを感じさせるものであった。


「県高野連の又吉忠理事長は沖縄タイムスの取材に『同じ日に多くの人が集まる二つの大会を行うのは実務的に厳しいだろう』と説明。事件について『あってはならない事件。県民として(被害者が)自分の娘だったらなどと想像すると(県民大会で抗議する)思いは皆同じだ』と話した。」


 このことに関して、石垣市議会が、「全国高校野球選手権沖縄大会1回戦を当初の予定通り沖縄セルラースタジアム那覇で行えるよう、19日の米軍属の事件に抗議する県民大会会場(奥武山陸上競技場)の変更を求める要請決議案を与党の賛成多数で採択した。」、と沖縄タイムスは報じた。このこと自体は、冷静に受け取るべきものである。
 ところが、沖縄タイムスは2016年6月8日、「『球児のため』の決議が日付間違い 頭抱える石垣市議会」、と伝えた。それは、「大会初日を『19日』と誤認。市内3高校など離島高の初戦は『18日』で、事務局は『大きな思い違い。現時点で送付はできない』と頭を抱えている。」、というレベルのものであった。
 沖縄タイムスは、この決議採択の事情を、「議員提出議案で、採決は自民や公明など保守系で占める与党13人が賛成し、野党・中立の7人が反対。公明の1人は退席した。野党市議は『関係者や父母から正式な要請もなく、全県民が怒り心頭の中で開く大会に水を差す提案はおかしい』と批判。退席した与党市議は『野球関係者や球児にも影響が出る。政治的思惑を交えるべきではない』と指摘した。」、伝えている。


 石垣市のこうした事情は、何を意味しているのであろうか。
 「政治的思惑を交えるべきではない」と指摘する側の「政治的思惑」やそのための稚拙な手法が、透けて見えるようでは困る。
 日本・沖縄は、大事な時を迎えている。


 以下、沖縄タイムスの引用。






沖縄タイムス-沖縄の高野連が配慮 県民大会に球場提供「思いは同じ」-2016年5月29日 08:36



 6月19日に米軍属の事件に抗議する沖縄県民大会を計画する「オール沖縄会議」は28日までに、会場を沖縄セルラースタジアム那覇に変更する方向で調整に入った。県高校野球連盟が県民大会に配慮し、同球場で予定していた全国高校野球選手権沖縄大会1回戦の数試合を別球場の日程に組み込む。関係者が明らかにした。

 県民大会は球場に隣接する奥武山運動公園陸上競技場で予定されていた。

 県高野連の又吉忠理事長は沖縄タイムスの取材に「同じ日に多くの人が集まる二つの大会を行うのは実務的に厳しいだろう」と説明。事件について「あってはならない事件。県民として(被害者が)自分の娘だったらなどと想像すると(県民大会で抗議する)思いは皆同じだ」と話した。


沖縄タイムス-「球児のため」の決議が日付間違い 頭抱える石垣市議会-2016年6月8日 10:32



 【石垣】石垣市議会(知念辰憲議長)は7日開会の6月定例会で、全国高校野球選手権沖縄大会1回戦を当初の予定通り沖縄セルラースタジアム那覇で行えるよう、19日の米軍属の事件に抗議する県民大会会場(奥武山陸上競技場)の変更を求める要請決議案を与党の賛成多数で採択した。離島球児らが初戦を同球場で行えないと懸念したものだったが、大会初日を「19日」と誤認。市内3高校など離島高の初戦は「18日」で、事務局は「大きな思い違い。現時点で送付はできない」と頭を抱えている。

 宛先は県高野連理事長とオール沖縄会議共同代表。事務局は、「そもそもの趣旨が違ってくる。このままでは送付できない」とし、今後、文面修正などで調整するという。

 議員提出議案で、採決は自民や公明など保守系で占める与党13人が賛成し、野党・中立の7人が反対。公明の1人は退席した。

 野党市議は「関係者や父母から正式な要請もなく、全県民が怒り心頭の中で開く大会に水を差す提案はおかしい」と批判。退席した与党市議は「野球関係者や球児にも影響が出る。政治的思惑を交えるべきではない」と指摘した。


by asyagi-df-2014 | 2016-06-09 17:14 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧