沖縄-翁長雄志沖縄県知事は首相官邸で安倍晋三首相と会談し、オバマ米大統領と面談する機会を設けるよう求めた。

 標題について、沖縄タイムスは2016年5月23日、「沖縄県の翁長雄志知事は23日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、元海兵隊で米軍属の男による女性遺体遺棄事件に抗議した。翁長氏は冒頭、『事件は基地あるゆえの犯罪であり、大きな怒りと悲しみを禁じ得ない』と指摘。沖縄の現状を伝えるため、今週来日するオバマ米大統領と面談する機会を設けるよう求めた。安倍首相からは綱紀粛正やケネディ米駐日大使への抗議したことなどの言及はあったが、面会要請についての応答はなかったという。」、と報じた。
 また、「『安倍内閣はできることはすべてやるといつも枕ことばのように言うが、できないことはすべてやらないとしか聞こえない』『地位協定の下では、米国から日本の独立は神話であると言われているような気がする』などと強い憤りを示し、地位協定の改定を求めた。」、と翁長雄志沖縄県知事の言葉を伝えた。


 以下、沖縄タイムスの引用。








沖縄タイムス-翁長知事「オバマ大統領と話す機会を」 安倍首相に申し入れ-2016年5月23日 11:39



 【東京】沖縄県の翁長雄志知事は23日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、元海兵隊で米軍属の男による女性遺体遺棄事件に抗議した。翁長氏は冒頭、「事件は基地あるゆえの犯罪であり、大きな怒りと悲しみを禁じ得ない」と指摘。沖縄の現状を伝えるため、今週来日するオバマ米大統領と面談する機会を設けるよう求めた。安倍首相からは綱紀粛正やケネディ米駐日大使への抗議したことなどの言及はあったが、面会要請についての応答はなかったという。

 翁長知事は「安倍内閣はできることはすべてやるといつも枕ことばのように言うが、できないことはすべてやらないとしか聞こえない」「地位協定の下では、米国から日本の独立は神話であると言われているような気がする」などと強い憤りを示し、地位協定の改定を求めた。

 会談には菅義偉官房長官も同席した。


by asyagi-df-2014 | 2016-05-23 13:45 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧