原発問題-川内原発差し止め棄却、最高裁への特別抗告などの手続きを取らない。

 標題について、東京新聞は2016年4月8日、「九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の周辺住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、住民側弁護団は8日、請求を棄却した福岡高裁宮崎支部決定に対し、最高裁への特別抗告などの手続きを取らないと明らかにした。」、と報じた。
 また、「ある弁護団関係者は『最高裁でも退けられた場合、全国の原発差し止め訴訟などの判断に影響が及ぶ可能性がある』と理由を話した。弁護団は『現在、鹿児島地裁で審理中の(差し止めを求めた)本訴訟で高裁支部決定の誤った考え方を論破し尽くしたい』とするコメントを発表した。」、と続けた。


 以下、東京新聞の引用。







東京新聞-川内原発差し止め棄却、抗告せず 「本訴訟で誤った考え論破する」-2016年4月8日 13時32分


 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の周辺住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、住民側弁護団は8日、請求を棄却した福岡高裁宮崎支部決定に対し、最高裁への特別抗告などの手続きを取らないと明らかにした。

 ある弁護団関係者は「最高裁でも退けられた場合、全国の原発差し止め訴訟などの判断に影響が及ぶ可能性がある」と理由を話した。弁護団は「現在、鹿児島地裁で審理中の(差し止めを求めた)本訴訟で高裁支部決定の誤った考え方を論破し尽くしたい」とするコメントを発表した。
(共同)


by asyagi-df-2014 | 2016-04-09 20:16 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧