沖縄-沖縄県議会は全会一致で、米兵暴行事件で、抗議決議、意見書両案を全会一致で可決。

 沖縄県議会が抗議決議、意見書両案を全会一致で可決したことについて、沖縄タイムスは2016年3月22日、「沖縄県議会(喜納昌春議長)は22日午前、本会議を開き、那覇市内で起きた米海軍兵による暴行事件に対する抗議決議、意見書両案を全会一致で可決した。25日は米兵が所属するキャンプ・シュワブの司令官など県内の日米関係機関に直接抗議する予定。」、と報じた。
 また、その内容について、「抗議決議と意見書は被害者へ謝罪と補償、綱紀粛正・教育と休暇時の行動実態調査、日米地位協定の抜本的な改定と基地の整理縮小に加え、県の提案を踏まえた日米両政府による教育・規制の構築を要求している。」、と伝えた。


 沖縄県議会は、「県民の人権・生命・財産を守る立場」から、「米軍人による女性暴行事件に関する意見書」を全会一致で可決した。
 沖縄県議会は、「本県における復帰後の米軍構成員等による犯罪件数は、平成 27年12月末時点 で5896件にも上り、本県議会は、事件・事故が発生するたびに、綱紀粛正、再 発防止及び関係者への教育等を徹底するよう米軍等に強く抗議してきたところである。それにもかかわらず、今回、またもやこのような事件が発生したことは、米軍における再発防止への取り組みや軍人への教育のあり方が機能していないと言わざるを得ず、激しい憤りを禁じ得ない。」、とした上で、「今回の事件 に対し厳重に抗議するとともに、下記の事項が速やかに実現されるよう強く要請する。」、とした。
 その要請は、次のものである。


1 被害者及び家族への謝罪並びに完全な補償を行うこと。
2 米軍人・ 軍属等の綱紀粛正、人権に関する実効性のある教育及び休暇時等 の行動実 態調査等を行うよう求めるとともに、その内容や実施状況等を県民 に公表すること。
3 日米両政府は、米軍人・軍属等による事件・事故を防止するため、 沖縄県の提言を 受け実効性のある教育・規制のあり方を協議し、実施する仕組みを構築すること。
4 日米地位協定の抜本的な見直しを行うとともに、米軍基地を整理・縮小すること。


 以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-米兵暴行事件で抗議決議 沖縄県議会、全会一致-2016年3月22日 12:14


 沖縄県議会(喜納昌春議長)は22日午前、本会議を開き、那覇市内で起きた米海軍兵による暴行事件に対する抗議決議、意見書両案を全会一致で可決した。25日は米兵が所属するキャンプ・シュワブの司令官など県内の日米関係機関に直接抗議する予定。

 抗議決議と意見書は被害者へ謝罪と補償、綱紀粛正・教育と休暇時の行動実態調査、日米地位協定の抜本的な改定と基地の整理縮小に加え、県の提案を踏まえた日米両政府による教育・規制の構築を要求している。

 宛先は日米の首脳や関係閣僚だけでなく、県内の全ての米軍基地司令官を加え、文書を送付する。



米軍人による女性暴行事件に関する意見書


 去る3月13日、 沖縄県警は同日未明に那覇市内のホテルで発生した女性暴行 事件について、キャンプ・シュワブ所属の米海軍1 等水兵を準強姦罪の容疑で 緊急逮捕した。女性に対するこのような行為は、肉体的、精神的苦痛を与える だけではなく、人間としての尊厳をじゅうりんする極めて悪質な犯罪である。 本県における復帰後の米軍構成員等による犯罪件数は、平成 27年12月末時点 で5896件にも上り、本県議会は、事件・事故が発生するたびに、綱紀粛正、再 発防止及び関係者への教育等を徹底するよう米軍等に強く抗議してきたところ である。それにもかかわらず、 今回、またもやこのような事件が発生したこと は、米軍における再発防止への取り組みや軍人への教育のあり方が機能していないと言わざるを得ず、激しい憤りを禁じ得ない。
 よって、本県議会は、県民の人権・生命・財産を守る立場から、今回の事件 に対し厳重に抗議するとともに、下記の事項が速やかに実現されるよう強く要 請する。
               記
1 被害者及び家族への謝罪並びに完全な補償を行うこと。
2 米軍人・ 軍属等の綱紀粛正、人権に関する実効性のある教育及び休暇時等 の行動実態調査等を行うよう求めるとともに、その内容や実施状況等を県民 に公表すること。
3 日米両政府は、米軍人・軍属等による事件・事故を防止するため、 沖縄県 の提言を受け実効性のある教育・規制のあり方を協議し、実施する仕組みを 構築すること。
4 日米地位協定の抜本的な見直しを行うとともに、米軍基地を整理・ 縮小す ること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
   平成28年3月22日
                              沖縄県議会
内閣総理大臣
外務大臣 宛て
防衛大臣
沖縄及び北方対策担当大臣


by asyagi-df-2014 | 2016-03-22 16:35 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧