沖縄-土復帰前の沖縄の米軍基地に配備されていた核兵器の写真と関連資料が見つかる。

 標題について、沖縄タイムスは2016年2月20日、「本土復帰前の沖縄の米軍基地に配備されていた核兵器の写真と関連資料を19日までに、共同通信は入手した。米公文書の発掘・収集を進めるワシントンの民間研究機関『国家安全保障公文書館』から提供を受けた。米国立公文書館(メリーランド州)などに所蔵されていた。」、と報じた。
 また、このことについて、「複数の日本人専門家は、1972年までの米占領期間中に沖縄に配備されていた核兵器の写真は極めて珍しいと指摘している。米軍技師らが核弾頭を慎重に取り扱う様子が写っており、アジア最大の『核兵器庫』だった沖縄における核実戦配備の実態を生々しく伝えている。」、と伝えた。


 以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-復帰前沖縄の核兵器写真見つかる 実戦配備、生々しく-2016年2月20日 07:00


 本土復帰前の沖縄の米軍基地に配備されていた核兵器の写真と関連資料を19日までに、共同通信は入手した。米公文書の発掘・収集を進めるワシントンの民間研究機関「国家安全保障公文書館」から提供を受けた。米国立公文書館(メリーランド州)などに所蔵されていた。

 複数の日本人専門家は、1972年までの米占領期間中に沖縄に配備されていた核兵器の写真は極めて珍しいと指摘している。米軍技師らが核弾頭を慎重に取り扱う様子が写っており、アジア最大の「核兵器庫」だった沖縄における核実戦配備の実態を生々しく伝えている。


by asyagi-df-2014 | 2016-02-21 09:39 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧