沖縄-20160205沖縄

 2016年2月5日、沖縄タイムスが伝える沖縄。

「名護市辺野古の新基地建設に向けた海上作業は4日、長島近くの大型作業船から海面に掘削用のくいのようなものが下ろされているのが確認された。最後のボーリング調査に着手した可能性がある。沖縄防衛局によると同調査はこれまで24カ所中、23カ所が終了。この日の作業については『答えられない』としている。コンクリートブロックの投下はなかったが、調査が終了すれば、埋め立て着工に向けた態勢が整う。」


「米軍キャンプ・シュワブゲート前には、沖縄戦後の住民の基地との戦いを追ったドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』の監督、ジャン・ユンカーマンさんがカメラマンと訪れ、座り込みを続ける人々の姿を撮影した。同映画を英語版に再編集し、米国で今春公開予定で、数日間、撮影を続けるという。ユンカーマンさんは『米国が戦後70年、沖縄を【占領】し続けているのは米市民として許せない。米国で訴えたい』と話した。」


「米共和党重鎮のマケイン米上院軍事委員長は3日の公聴会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり「発作的に繰り返される議論と後退、沖縄内の政治問題が、私や他の委員に不満の要因となっている」と述べ、いら立ちを示した。辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事らへの不満を表明した格好だ。」

 こうした状況の中で、辺野古新基地建設反対の闘いは、「多くの人を結集させ、新基地建設を阻止しよう」との呼びかけの中で、今も闘われている。
 2016年2月5日の闘い次のものである。


「名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で5日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が座り込み抗議集会を開き『多くの人を結集させ、新基地建設を阻止しよう』と呼び掛けた。」


 以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-辺野古新基地:最後の掘削着手か 埋め立てへ作業進む-2016年2月5日 07:45


 【名護】名護市辺野古の新基地建設に向けた海上作業は4日、長島近くの大型作業船から海面に掘削用のくいのようなものが下ろされているのが確認された。最後のボーリング調査に着手した可能性がある。沖縄防衛局によると同調査はこれまで24カ所中、23カ所が終了。この日の作業については「答えられない」としている。コンクリートブロックの投下はなかったが、調査が終了すれば、埋め立て着工に向けた態勢が整う。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前には、沖縄戦後の住民の基地との戦いを追ったドキュメンタリー映画「沖縄 うりずんの雨」の監督、ジャン・ユンカーマンさんがカメラマンと訪れ、座り込みを続ける人々の姿を撮影した。

 同映画を英語版に再編集し、米国で今春公開予定で、数日間、撮影を続けるという。ユンカーマンさんは「米国が戦後70年、沖縄を『占領』し続けているのは米市民として許せない。米国で訴えたい」と話した。

沖縄タイムス-進まぬ普天間、翁長知事らに不満 米公聴会でマケイン氏-2016年2月5日 09:41


 【平安名純代・米国特約記者】米共和党重鎮のマケイン米上院軍事委員長は3日の公聴会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり「発作的に繰り返される議論と後退、沖縄内の政治問題が、私や他の委員に不満の要因となっている」と述べ、いら立ちを示した。

 辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事らへの不満を表明した格好だ。

 マケイン氏は「普天間移設を含む現行計画への支持を継続する」とあらためて立場を明示した上で「安倍晋三首相がこれを履行していくと確信している」と期待感を示した。

 公聴会に招聘(しょうへい)された米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長は「先の宜野湾市長選でも(辺野古移設)支持派が勝利した」などと述べた。


沖縄タイムス-辺野古新基地:市民80人が抗議集会-2016年2月5日 09:50


 【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で5日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が座り込み抗議集会を開き「多くの人を結集させ、新基地建設を阻止しよう」と呼び掛けた。

 辺野古沖では、スパット台船と大型作業船を使ったボーリング調査などの作業の様子はみられない。市民らは悪天候のため、抗議船の出港を見合わせている。


by asyagi-df-2014 | 2016-02-05 17:15 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧