沖縄-辺野古新基地反対、雨の中、100人座り込み。拘束、強制排除で負傷者も。

 標題について、沖縄タイムスは2016年2月1日、「名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では1日午前6時ごろから、新基地建設を阻止しようと県内外から集まった約100人が雨の中、座り込みを続けている。同7時ごろ、警視庁と県警の機動隊員がゲート前に座り込んだ市民らを強制排除し、警察車両と鉄柵で囲んだ歩道に拘束した。市民らは「拘束する法的根拠は何か」と抗議したが理由は示されず、拘束は30分近く続いた。 機動隊が工事車両用ゲート前に警察車両や隊員を配置したため、市民らは一部車道にはみ出す形で抗議行動を続けている。」、と報じた。


 以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-雨の中、100人座り込み 辺野古 拘束、強制排除で負傷者も-2016年2月1日 10:29


 【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では1日午前6時ごろから、新基地建設を阻止しようと県内外から集まった約100人が雨の中、座り込みを続けている。
 同7時ごろ、警視庁と県警の機動隊員がゲート前に座り込んだ市民らを強制排除し、警察車両と鉄柵で囲んだ歩道に拘束した。市民らは「拘束する法的根拠は何か」と抗議したが理由は示されず、拘束は30分近く続いた。
 機動隊が工事車両用ゲート前に警察車両や隊員を配置したため、市民らは一部車道にはみ出す形で抗議行動を続けている。
 同10時現在、機動隊による市民らの強制排除は計3回。もみ合いで、市民側にかすり傷や切り傷などけが人が複数出ている。


by asyagi-df-2014 | 2016-02-01 10:57 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧