原発問題-佐賀県知事が「玄海免震棟建設すべき」と表明。

 標題について、佐賀新聞は2016年1月21日、「佐賀県の山口祥義知事は20日、九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)の免震重要棟建設を再検討していることに関し、『やるといったものはやるべき。信頼関係の問題だ』と、計画通り建設すべきとの考えを示した。仮に耐震施設などに変更する場合は『安全性が向上するという理由をしっかり説明しなければいけない』と指摘した。」、と報じた。
 九州電力の動きについては、「九電は昨年末、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の免震重要棟建設を撤回し、既に完成している代替緊急時対策所を継続使用して新たに耐震構造の支援棟を建設する計画への変更を公表した。玄海原発でも、免震棟計画を再検討していることを明らかにしている。」。と伝えた。
 また、佐賀県知事の考え方について、「『川内原発の計画変更について原子力規制委員会への説明をしっかり見ていく』と今後の九電の対応を注視していく考えを強調した。」、と報じた。


 以下、佐賀新聞の引用。







佐賀新聞-玄海免震棟建設すべき 知事が表明-2016年01月21日 12時12分


 佐賀県の山口祥義知事は20日、九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)の免震重要棟建設を再検討していることに関し、「やるといったものはやるべき。信頼関係の問題だ」と、計画通り建設すべきとの考えを示した。仮に耐震施設などに変更する場合は「安全性が向上するという理由をしっかり説明しなければいけない」と指摘した。

 九電は昨年末、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の免震重要棟建設を撤回し、既に完成している代替緊急時対策所を継続使用して新たに耐震構造の支援棟を建設する計画への変更を公表した。玄海原発でも、免震棟計画を再検討していることを明らかにしている。

 山口知事は、免震重要棟に関し「事故時の対応拠点として、一元的に対応できることが重要」との認識を示した。玄海原発については「検討中と聞いている。九電は自分たちの安全対策の考え方をしっかり説明すべき」と述べた。

 その上で「川内原発の計画変更について原子力規制委員会への説明をしっかり見ていく」と今後の九電の対応を注視していく考えを強調した。


by asyagi-df-2014 | 2016-01-23 18:07 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧