原発問題-関西電力は25日、高浜原発3号機(福井県高浜町)で、原子炉への核燃料の装填作業を始めた。

 高浜3号機で燃料装填開始について、東京新聞は2015年12月25日、「関西電力は25日、高浜原発3号機(福井県高浜町)で、原子炉への核燃料の装填作業を始めた。5日間かけて燃料集合体157体を装填し、来年1月28~30日に原子炉起動で再稼働させ、2月1日ごろに発電と送電を開始する方針。4号機は2月下旬の再稼働が見込まれる。2基ではプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が使われる予定で、新規制基準施行後初めてのプルサーマル発電になる。原子力規制委員会の審査に合格した原発では、九州電力川内原発(鹿児島)に次ぐ再稼働になる公算が大きい。」、と報じた。


 以下、東京新聞の引用。







東京新聞-関電の高浜3号機で燃料装填開始 新基準後2例目の再稼働へ-2015年12月25日 17時15分


 関西電力は25日、高浜原発3号機(福井県高浜町)で、原子炉への核燃料の装填作業を始めた。5日間かけて燃料集合体157体を装填し、来年1月28~30日に原子炉起動で再稼働させ、2月1日ごろに発電と送電を開始する方針。4号機は2月下旬の再稼働が見込まれる。

 2基ではプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が使われる予定で、新規制基準施行後初めてのプルサーマル発電になる。原子力規制委員会の審査に合格した原発では、九州電力川内原発(鹿児島)に次ぐ再稼働になる公算が大きい。

 高浜3、4号機をめぐっては、福井地裁が4月に運転差し止めの仮処分決定を出した。
(共同)


by asyagi-df-2014 | 2015-12-25 20:08 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧