沖縄から-20151212沖縄の今。

 このことについて、沖縄タイムスは2015年12月12日、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で12日午前、新基地建設に反対し座り込む市民ら約130人を、機動隊が2度にわたって強制排除した。2度目の排除があった午前9時半ごろ、機動隊ともみ合いになり体調不良を訴えた男性が救急搬送された。また、排除に抵抗した別の男性は機動隊に拘束され一時基地内に連行されたが、約20分後に解放された。一方、シュワブ内の大浦湾に面した浜辺では作業員がクレーンでフロートをつり上げるといった作業を続けている。海上では目立った作業は見られない。」、と報じた。


 また、ちょっと気になる記事として、沖縄タイムスは2015年12月11日、「名護市議会定例会で10日、野党会派『礎之会』の宮城安秀議員が一般質問の中で、キャンプ・シュワブ内のクリスマス行事に参加する辺野古区の児童が乗ったバスに対し、新基地建設の反対運動に参加していた男性が罵声を浴びせたと述べた。宮城氏は辺野古区在住。児童を引率した複数の区民によると、5日午前10時過ぎ、バス3台に分かれてシュワブ内に入ろうとしたところ、男性が車窓をたたきながら侮辱する言葉を複数回発した。宮城氏は議会で『反対するのはいいが、ルールと法律、秩序を守ってやってほしい』と訴えた。クリスマス行事は、シュワブと同区が34年前から続けている。昨年までは徒歩でシュワブ内に入っていたが、同様のトラブルがあったため、ことしはバスに切り替えたという。」、と伝えた。


以下、沖縄タイムスの引用。







沖縄タイムス-辺野古新基地建設に抗議130人 2度にわたり強制排除-2015年12月12日 12:06

 【名護】沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で12日午前、新基地建設に反対し座り込む市民ら約130人を、機動隊が2度にわたって強制排除した。
 2度目の排除があった午前9時半ごろ、機動隊ともみ合いになり体調不良を訴えた男性が救急搬送された。
 また、排除に抵抗した別の男性は機動隊に拘束され一時基地内に連行されたが、約20分後に解放された。
 一方、シュワブ内の大浦湾に面した浜辺では作業員がクレーンでフロートをつり上げるといった作業を続けている。海上では目立った作業は見られない。


沖縄タイムス-辺野古抗議の男性 子どもが乗ったバスに罵声-2015年12月11日 12:18

 【名護】名護市議会定例会で10日、野党会派「礎之会」の宮城安秀議員が一般質問の中で、キャンプ・シュワブ内のクリスマス行事に参加する辺野古区の児童が乗ったバスに対し、新基地建設の反対運動に参加していた男性が罵声を浴びせたと述べた。宮城氏は辺野古区在住。

 児童を引率した複数の区民によると、5日午前10時過ぎ、バス3台に分かれてシュワブ内に入ろうとしたところ、男性が車窓をたたきながら侮辱する言葉を複数回発した。

 宮城氏は議会で「反対するのはいいが、ルールと法律、秩序を守ってやってほしい」と訴えた。クリスマス行事は、シュワブと同区が34年前から続けている。昨年までは徒歩でシュワブ内に入っていたが、同様のトラブルがあったため、ことしはバスに切り替えたという。


by asyagi-df-2014 | 2015-12-12 17:25 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧