マイナンバー制度の運用は、憲法が保障するプライバシー権が侵害されると、石川県内の市民ら約50人が、国に個人番号の使用差し止めなどを求め、金沢地裁に提訴。

 2015年12月1日付けの東京新聞は、マイナンバ-制度の差し止め請求が行われたことについて、「マイナンバー制度の運用が始まると憲法が保障するプライバシー権が侵害されるとして、石川県内の市民ら約50人が1日、国に個人番号の使用差し止めなどを求め、金沢地裁に提訴した。全国の弁護士や市民でつくるグループが予定する一斉提訴の第1陣。同日午前には新潟地裁でも同様の訴えがある。」、と報じた。

 以下、東京新聞の引用。






東京新聞-マイナンバーは違憲と提訴 差し止め請求、金沢地裁-2015年12月1日 11時34分


 マイナンバー制度の運用が始まると憲法が保障するプライバシー権が侵害されるとして、石川県内の市民ら約50人が1日、国に個人番号の使用差し止めなどを求め、金沢地裁に提訴した。
 全国の弁護士や市民でつくるグループが予定する一斉提訴の第1陣。同日午前には新潟地裁でも同様の訴えがある。
 金沢訴訟で原告団長を務める坊真彦さん(63)は「国に監視されていると感じることで、自由な意思に基づく行動が困難になる」と訴えている。
(共同)


by asyagi-df-2014 | 2015-12-01 17:08 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧