沖縄から-沖縄からの現状の報告。

 沖縄タイムスは、2015年11月1日、次のような記事を掲載した。


 埋め立て土砂規制条例が施行されたことについて、「名護市辺野古の新基地建設など、公有水面の埋め立てに使う県外からの土砂や石材の搬入を規制する県条例が1日、施行された。特定外来生物の混入を確認できれば、翁長雄志知事が搬入中止を勧告できる。政府は来年秋にも辺野古沿岸部に土砂を投入する計画だが、条例施行で進ちょくに遅れの出る可能性もある。」、「条例は『アルゼンチンアリ』などの特定外来生物が県外産の埋め立て資材に紛れて県内に侵入するのを防ぎ、沖縄固有の生態系を守るのが目的。辺野古新基地建設、沖縄総合事務局による那覇空港第2滑走路増設が直近の対象になる。」、「新基地建設で、防衛局は県内外からダンプカー約250万台分に当たる約1644万立方メートルの土砂(岩ズリ)を買い取り、辺野古沿岸部を埋め立てる計画だ。この大半を県外から搬入する予定で、沖縄の生態系を破壊しかねない特定外来生物などが紛れ込む懸念が指摘されていた。防衛局の埋め立て申請書では、外来生物の混入を防ぐ具体的な対策が示されていなかった。」、と報じた。

 辺野古に警視庁機動隊100人が週内にも配置されることについて、「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐり、警視庁の機動隊員が11月初旬から沖縄入りし、市民らの抗議行動が続く米軍キャンプ・シュワブゲート前などの警備に当たることが31日までに分かった。複数の関係者によると派遣は少なくとも100人規模で、県外の警察官が辺野古で抗議行動に直接対応するのは初めて。国の建設強行姿勢を受けた抗議行動の激化、長期化を見据えた対応とみられ、今週中にも配置される見通し。」、と報じた。
 このことは、「軍隊を引き連れた琉球処分と同じ構図。また暴力装置で沖縄の声を圧殺するつもりだ」という沖縄平和運動センターの山城博治議長の批判が、まさしく言い当てている。


 また、2015年10月31日には、伊江島にオスプレイ駐機場の整備について、「米軍伊江島補助飛行場で海兵隊F35の訓練用に計画されている着陸帯の改修工事で、2017年に空軍横田基地へ配備予定のCV22オスプレイも収容できる駐機場の整備が盛り込まれていることが30日までに分かった。CV22の沖縄県内での訓練場所が明らかになったのは初めて。」、と伝えた。このことに関しては、「島袋秀幸村長は本紙取材に『現在のMV同様、CVの訓練も反対だ。地元に情報提供がないままに工事が進められ、基地機能が強化されるのは遺憾だ』と答えた。F35訓練に反対決議している村議会や飛行場に隣接する区も『さらなる強化は許せない』と強く反発している。」、との地元の声を報じている。

 以下、沖縄タイムスの引用。








沖縄タイムス-辺野古新基地に生態系保護で壁 埋め立て土砂規制条例が施行-2015年11月1日 08:12


 名護市辺野古の新基地建設など、公有水面の埋め立てに使う県外からの土砂や石材の搬入を規制する県条例が1日、施行された。特定外来生物の混入を確認できれば、翁長雄志知事が搬入中止を勧告できる。政府は来年秋にも辺野古沿岸部に土砂を投入する計画だが、条例施行で進ちょくに遅れの出る可能性もある。

 「あらゆる手段で新基地阻止」を掲げる翁長知事を側面支援する狙いで県議会与党が提案し、7月に成立した。新基地建設に歯止めをかける知事権限の一つとして期待する声がある。

 条例は「アルゼンチンアリ」などの特定外来生物が県外産の埋め立て資材に紛れて県内に侵入するのを防ぎ、沖縄固有の生態系を守るのが目的。辺野古新基地建設、沖縄総合事務局による那覇空港第2滑走路増設が直近の対象になる。

 1日から、埋め立て事業者は県外から土砂などを搬入する90日前までに、採取地ごとに特定外来生物の有無や防除策を県に届け出なければならない。県は外来生物混入の恐れがあれば現地で立ち入り調査、必要に応じて搬入中止の勧告もできる。従わない事業者名は公表されるが、勧告に強制力はない。

 新基地建設で、防衛局は県内外からダンプカー約250万台分に当たる約1644万立方メートルの土砂(岩ズリ)を買い取り、辺野古沿岸部を埋め立てる計画だ。この大半を県外から搬入する予定で、沖縄の生態系を破壊しかねない特定外来生物などが紛れ込む懸念が指摘されていた。

 防衛局の埋め立て申請書では、外来生物の混入を防ぐ具体的な対策が示されていなかった。


沖縄タイムス-辺野古に警視庁機動隊100人 抗議激化に対応、週内にも配置-2015年11月1日 08:16

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐり、警視庁の機動隊員が11月初旬から沖縄入りし、市民らの抗議行動が続く米軍キャンプ・シュワブゲート前などの警備に当たることが31日までに分かった。複数の関係者によると派遣は少なくとも100人規模で、県外の警察官が辺野古で抗議行動に直接対応するのは初めて。国の建設強行姿勢を受けた抗議行動の激化、長期化を見据えた対応とみられ、今週中にも配置される見通し。

 他県の警察からの応援部隊の派遣は昨年初夏ごろから続いているという。だが、ゲート前などの抗議行動への対応はこれまで県警だけで当たっており、応援部隊は辺野古警備により人員を割かれた県警に替わって県内の他の重要施設などに配置されていたという。

 県警関係者によると辺野古での警備人員は、大規模集会や抗議行動の激化などが予想される際に現場の状況や情勢などを踏まえ対応を検討。これまでの増員では、県内各署の署員が一時的に当てられたという。

 辺野古の新基地建設をめぐっては県と国の対立が続く。翁長雄志知事は前知事による埋め立て承認を取り消したが、石井啓一国土交通相がその効力を止める「執行停止」を決定。10月29日には沖縄防衛局が埋め立て本体工事に着手した。

 県警の人員だけでは長期化が見込まれる抗議行動への対応は「限界」との判断から、県公安委員会が辺野古警備への応援部隊を要請したとみられている。派遣された警視庁の機動隊員らは警察法60条に基づき、県警の指揮下で警備に当たる。

 警視庁機動隊員の沖縄入りについて、沖縄平和運動センターの山城博治議長は「軍隊を引き連れた琉球処分と同じ構図。また暴力装置で沖縄の声を圧殺するつもりだ」と批判。「運動は新しい局面に入る。県民にゲート前への結集を呼び掛けたい」と語った。



沖縄タイムス-伊江島にオスプレイ駐機場 横田のCV22訓練へ 来春着工か-2015年10月31日 09:30

 【伊江】米軍伊江島補助飛行場で海兵隊F35の訓練用に計画されている着陸帯の改修工事で、2017年に空軍横田基地へ配備予定のCV22オスプレイも収容できる駐機場の整備が盛り込まれていることが30日までに分かった。CV22の沖縄県内での訓練場所が明らかになったのは初めて。(伊集竜太郎)

 島袋秀幸村長は本紙取材に「現在のMV同様、CVの訓練も反対だ。地元に情報提供がないままに工事が進められ、基地機能が強化されるのは遺憾だ」と答えた。F35訓練に反対決議している村議会や飛行場に隣接する区も「さらなる強化は許せない」と強く反発している。

 複数の関係者によると、来月上旬に同工事の入札が行われ、12月にも契約予定。資材調達などの調整に数カ月から半年程度かかるとされ、現場での工事着手は来春~6月以降、17年7月までには完了するとみられている。

 本紙が入手した図面は「海軍の基準に従ってCV22オスプレイとF35を収容できる駐機場」と明記。揚陸艦での離着陸訓練を想定したもので、激しいジェット噴射に耐えられるよう耐熱の特殊コンクリートなどで舗装する。関係者は「現在のアルミ板を使った着陸帯に比べ、かなり強度がある。半永久的に使うのだろう」と話した。

 CV22は空軍仕様の特殊作戦用垂直離着陸輸送機。低空飛行など過酷な条件下の運用が想定されている。現在普天間飛行場に配備しているMV22よりも事故率が高く、安全性を懸念する声が根強くある。F35は最新鋭ステルス戦闘機で、岩国基地に早ければ来年にも配備される見通し。伊江島でも訓練する戦闘攻撃機AV8Bハリアーの後継で、騒音が大きく米国でも基地周辺住民が反発している。

 CV22については、県内の基地や訓練場での訓練が計画されているが、中谷元・防衛相は16日の閣議後会見で、具体的な訓練場や詳細な訓練内容は「米側から説明を受けておらず承知していない」と述べるにとどまっている。

 伊江島の改修工事は2015会計年度(14年10月~15年9月)国防権限法案で約3568万5千ドル(約43億円)が計上されている。


by asyagi-df-2014 | 2015-11-01 17:44 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧