沖縄から-辺野古新基地建設の今後の動きは。

 辺野古新基地建設の今後の動きについて、沖縄タイムスは2015年10月29日、[Q&A」として解説しています。
 「効力停止」と「代執行について」について、次のように説明しています。


 Q 政府が行った効力停止とは何ですか。
 A 本来は行政機関の処分によって不利益を受ける国民を救済する「行政不服審査法」に定められた手続きです。今回は移設作業を進めていた防衛省が「不利益を受けた」と国土交通相に申し立てていました。国交相は防衛省の主張を認め、埋め立て承認取り消し処分の効力を停止しました。防衛省はこれで作業を再開できます。
 Q 代執行とは何ですか。
 A 国が事務を県に委ねた「法定受託事務」について、知事の執行に違法性があるなど、著しく公益を害する場合、担当大臣が知事に代わって事務手続きをすることです。前提として、大臣が是正勧告などをし、知事が従わない場合に高等裁判所へ提訴します。高裁で国が勝訴すれば代執行できます。今回のケースでは、国交相が翁長氏の承認取り消し処分を撤回することになります。


 国の姿勢については-「なぜ代執行も求めるのか」-については、「政府は、米国との信頼関係に悪影響が出て、外交・防衛上に重大な損害が生じるとしています。裁判所の判断という『お墨付き』を早く得て、移設を進めたい考えもあるとみられます。」と、説明しています。

 沖縄県の動きについては、「効力停止を不服とし、有識者でつくる第三者機関『国地方係争処理委員会』に審査を申し出ます。それでも認められなければ、効力停止の取り消しを求める訴訟を起こす見通しです。」、としています。
 また、今後の動きについては、「いずれにしても法廷闘争になりますが、こうした争いは前例が少なく、県は不利が予想されています。防衛省は29日にも本体工事に着手し、既成事実化する狙いとみられます。」、と説明されています。

 以下、沖縄タイムスの引用。






沖縄タイムス-[Q&A]辺野古取り消し停止 国の2通りの対抗措置とは-2015年10月29日 05:29

 辺野古移設をめぐり想定される流れ

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長雄志知事に対し、政府は①取り消し処分の効力停止②知事に代わって取り消し処分を撤回する「代執行」手続き―の二つの対抗措置を取りました。
 Q 複雑で難しそうですが、そもそもなぜ問題になったのですか。
 A 1995年に沖縄で米兵が少女に暴行した事件を契機に、県民の反基地感情が高まり、普天間飛行場の土地返還が96年に決まりました。国は99年、飛行場の移設先を辺野古に決めましたが、反対運動は続きました。
 Q なぜ今、問題になっているのですか。
 A 仲井真弘多前知事が2013年、政府の埋め立て申請を承認しました。反発の声が高まり、辺野古移設に反対する翁長氏が昨年の知事選で前知事を大差で破りました。翁長氏は自ら設けた有識者委員会の結論に従い、今月13日、前知事の承認に「法的な瑕疵(欠陥)がある」として承認を取り消しました。
 Q 政府が行った効力停止とは何ですか。
 A 本来は行政機関の処分によって不利益を受ける国民を救済する「行政不服審査法」に定められた手続きです。今回は移設作業を進めていた防衛省が「不利益を受けた」と国土交通相に申し立てていました。国交相は防衛省の主張を認め、埋め立て承認取り消し処分の効力を停止しました。防衛省はこれで作業を再開できます。
 Q 代執行とは何ですか。
 A 国が事務を県に委ねた「法定受託事務」について、知事の執行に違法性があるなど、著しく公益を害する場合、担当大臣が知事に代わって事務手続きをすることです。前提として、大臣が是正勧告などをし、知事が従わない場合に高等裁判所へ提訴します。高裁で国が勝訴すれば代執行できます。今回のケースでは、国交相が翁長氏の承認取り消し処分を撤回することになります。
 Q 国は作業を再開できるのに、なぜ代執行も求めるのですか。
 A 政府は、米国との信頼関係に悪影響が出て、外交・防衛上に重大な損害が生じるとしています。裁判所の判断という「お墨付き」を早く得て、移設を進めたい考えもあるとみられます。
 Q 沖縄県はどうするのですか。
 A 効力停止を不服とし、有識者でつくる第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ます。それでも認められなければ、効力停止の取り消しを求める訴訟を起こす見通しです。
 Q この問題は今後、どうなりますか。
 A いずれにしても法廷闘争になりますが、こうした争いは前例が少なく、県は不利が予想されています。防衛省は29日にも本体工事に着手し、既成事実化する狙いとみられます。(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2015-10-29 08:19 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧