沖縄から-沖縄県知事の辺野古米軍基地建設の埋め立て承認取り消しへの支持が広がる。

 標題について、琉球新報は2015年10月27日、「宮本憲一大阪市立大名誉教授や大江健三郎さんら県外の研究者や有識者24人が26日、名護市辺野古の埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事の決定を評価し『辺野古米軍基地建設の埋め立て承認取り消しを支持する』との声明を発表した。」、と報じた。
 琉球新報は、宮本代表の「沖縄県民は圧倒的多数で辺野古新基地建設に反対の意思を表明してきた。前知事の承認だけを根拠に埋め立てを強行するならば、この国は『民主主義国家』の看板を下ろし、正義の行われない国だと全世界に発信したのと同じだ」、と伝えた。

 2015年10月23日の行政法研究者有志一同からの「辺野古埋立承認問題における政府の行政不服審査制度の濫用を憂う」との声明に続いて、安倍晋三政権への憂慮と沖縄の闘いへの支持が広がっている。

 以下、琉球新報の引用。







琉球新報-「知事の承認取り消し支持」 大江氏ら識者24人が声明-2015年10月27日


 【東京】宮本憲一大阪市立大名誉教授や大江健三郎さんら県外の研究者や有識者24人が26日、名護市辺野古の埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事の決定を評価し「辺野古米軍基地建設の埋め立て承認取り消しを支持する」との声明を発表した。

 声明を出したのは「普天間・辺野古問題を考える会」(代表・宮本名誉教授)。作家の大江さんらも名を連ねた。衆院第2議員会館での会見には、古関彰一獨協大名誉教授、小森陽一東京大教授、西谷修立教大教授ら10人が出席した。
 宮本代表は「沖縄県民は圧倒的多数で辺野古新基地建設に反対の意思を表明してきた。前知事の承認だけを根拠に埋め立てを強行するならば、この国は『民主主義国家』の看板を下ろし、正義の行われない国だと全世界に発信したのと同じだ」と話し、翁長知事の承認取り消しを全面的に支援すると表明した。


賛同者(50音順 会見出席者は☆)


浅岡美恵(弁護士) 淡路剛久(立教大名誉教授☆) 磯野弥生(東京経済大教授) 内橋克人(評論家) 遠藤誠治(成蹊大教授) 大江健三郎(作家) 加茂利男(立命館大教授) 川瀬光義(京都府立大教授) 古関彰一(獨協大名誉教授☆) 小森陽一(東京大教授☆) 斉藤純一(早稲田大教授) 白藤博行(専修大教授) 高橋哲哉(東京大教授) 千葉真(国際基督教大教授) 寺西俊一(一橋大特任教授☆) 中野晃一(上智大教授) 西川潤(早稲田大名誉教授☆) 西谷修(立教大教授☆) 原科幸彦(東京工業大名誉教授) 人見剛(早稲田大教授☆) 前田哲夫(評論家) 間宮陽介(京都大名誉教授☆) 宮本憲一(大阪市大名誉教授☆) 和田春樹(東京大名誉教授☆)


by asyagi-df-2014 | 2015-10-27 17:09 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧