沖縄から-何とまあ、度量のない政権であることか。

 安倍晋三政権のやりたい放題について、朝日新聞は2015年10月26日、「安倍政権は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市辺野古周辺の3地区の代表者を首相官邸に招き、今年度中に振興費を直接支出することを伝えた。移設計画に反対する沖縄県と名護市の頭越しに地元と直接交渉し、移設に向けた『同意』を浮き立たせる狙いがある。」、と報じた。
 このことについて、朝日新聞は、「移設に向けた『同意』を浮き立たせる狙いがある。」、と指摘する。


 この「同意」とは、「分断」ということである。
 問題は、安倍晋三政権が、なりふり構わずに実際は地域社会の切り捨てを一方的に行ったということである。
何とまあ、度量のない政権であることか。

 以下、朝日新聞の引用。








朝日新聞-政権、辺野古3地区に直接振興費支出 県・市の頭越しに-2015年10月26日19時10分

 安倍政権は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市辺野古周辺の3地区の代表者を首相官邸に招き、今年度中に振興費を直接支出することを伝えた。移設計画に反対する沖縄県と名護市の頭越しに地元と直接交渉し、移設に向けた「同意」を浮き立たせる狙いがある。


by asyagi-df-2014 | 2015-10-26 20:57 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧