報道写真家の福島菊次郎さんが死去。

 報道写真家の福島菊次郎さんが、亡くなった。
 毎日新聞は、2015年9月25日、「福島菊次郎さん94歳=反骨の報道写真家」の訃報として、次のように掲載した。


訃報:福島菊次郎さん94歳=反骨の報道写真家
 広島の被爆者や公害、原発事故などを通して「戦後日本」「権力」を問い続けた反骨の報道写真家、福島菊次郎(ふくしま・きくじろう)さんが24日、脳梗塞(こうそく)のため死去した。94歳だった。本人の遺志で葬儀は行わない。
 山口県下松(くだまつ)市生まれ。戦時中は広島の部隊にいたが、原爆投下時は宮崎にいたため被爆を免れた。復員後、郷里の下松で時計店を営みながら写真撮影を独学し広島に通い、激痛に苦しむ被爆者の姿などを撮った写真集「ピカドン ある原爆被災者の記録」を1960年に発表し、日本写真批評家協会賞特別賞を受賞した。
 61年に上京し、プロの写真家となり学生運動や三里塚闘争、公害などを題材にした写真を総合雑誌に発表。82年、郷里近くの無人島へ移住。88年、がんで胃の3分の2を摘出しながら、昭和が終わった89年から「戦争責任展」「写真で見る日本の戦後展」を全国各地で開催。執筆活動も始め、2003年から「写らなかった戦後」シリーズを出版した。
 90歳となった11年、東日本大震災と福島第1原発事故を機に「広島と同じ過ちが繰り返される」との思いにかられ、福島などで被災農民らを撮影した。


 生前、講演会で一度だけお会いすることができた覚えがある。
 2013年の 『証言と遺言』デイズ ジャパン と、那須圭子さんの『My Private Fukushima―報道写真家 福島菊次郎とゆく』 が、私の福島さんとの最後の出会いになった。
 「反骨」という言葉そのものの人生ではなかったか。
 あらためて、瞑目。


by asyagi-df-2014 | 2015-09-26 08:58 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧