沖縄から-辺野古埋め立て承認取り消し、今月中旬に手続き開始へ

 最後の集中協議も平行線に終わった中で、沖縄県の対応について、朝日新聞は2015年9月10日、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、翁長雄志(おながたけし)知事は移設予定地の名護市辺野古の埋め立て承認を取り消す手続きを今月中旬に開始する方針を固めた。県関係者が9日、取材に明らかにした。辺野古移設をめぐる県と国の対立は決定的な段階に入る。」と、報じた。
 一方、沖縄タイムスは2015年9月10日、安倍晋三政権側の対応について、「菅義偉官房長官は10日の会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐって、翁長雄志知事が近く前知事による埋め立て承認取り消しを表明するとの見通しについて、『おととしに仲井真(弘多)前知事から埋め立て承認をいただいており、行政的判断を示されてる。行政の継続性という観点から既に承認されてる埋め立て工事を進めてくということには変わりない』と述べ、移設作業を進める考えを示した。」と、伝えた。
 朝日新聞は、安倍晋三政権の今後の対応について、「政府は今秋にも辺野古の埋め立てに着手する構えで、承認取り消しを受けて行政不服審査法に基づく不服審査請求などの対抗措置を取るとみられる。」との見込みを伝えた。

 確かに、このままでは法廷闘争になる可能性が高い。
 
 以下、朝日新聞及び琉球新報の引用。







朝日新聞-辺野古埋め立て承認取り消し、今月中旬に手続き開始へ-2015年9月10日08時33分

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、翁長雄志(おながたけし)知事は移設予定地の名護市辺野古の埋め立て承認を取り消す手続きを今月中旬に開始する方針を固めた。県関係者が9日、取材に明らかにした。辺野古移設をめぐる県と国の対立は決定的な段階に入る。

普天間、最後の集中協議も平行線 知事、徹底抗戦を表明

 翁長氏は今月下旬にスイス・ジュネーブで開かれる国連人権理事会に出席し、辺野古移設への反対を訴える予定。関係者によると、沖縄を出発する19日より前に手続きに入る。

 具体的には、承認を取り消す前の手続きとして、移設計画の事業主体である沖縄防衛局の意見を聴く作業に入る。これに要する期間は1カ月程度と想定しており、翁長氏が実際に取り消しを宣言するのは来月中旬以降の見込み。

 移設作業を1カ月中断して政府と県が辺野古移設の是非を議論した集中協議が7日、平行線のまま終了。対話を続けることでは合意したものの、政府は近く移設作業を再開すると表明した。これを受け、すでに承認を取り消す方針を固めていた翁長氏は具体的な手続きに乗り出す必要があると判断したとみられる。

 政府は今秋にも辺野古の埋め立てに着手する構えで、承認取り消しを受けて行政不服審査法に基づく不服審査請求などの対抗措置を取るとみられる。最終的には法廷闘争になる可能性が高い。

■辺野古移設を巡る動き
9月12日   沖縄県の埋め立て予定地周辺の海底調査終了見込み
  13日以降 中断していたボーリング調査を国が再開
  18日ごろ 沖縄県定例議会開会
  19日 翁長知事が国連人権理事会へ出発
  21、22日 国連人権理事会で演説
  30日 ボーリング調査期限


沖縄タイムス-菅氏、辺野古承認手続き「瑕疵はない」 移設作業進める考え-2015年9月10日 15:14

 【東京】菅義偉官房長官は10日の会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐって、翁長雄志知事が近く前知事による埋め立て承認取り消しを表明するとの見通しについて、「おととしに仲井真(弘多)前知事から埋め立て承認をいただいており、行政的判断を示されてる。行政の継続性という観点から既に承認されてる埋め立て工事を進めてくということには変わりない」と述べ、移設作業を進める考えを示した。

 また、承認手続きの瑕疵(かし)に関し、「沖縄県の職員が審査した上で時間をかけて判断された。瑕疵はないということに全く変わりはない」と強調した。


by asyagi-df-2014 | 2015-09-10 16:10 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧