沖縄問題-菅官房長官は「工事は予定通り(集中協議の)1カ月が終わったら再開する」と。双方の主張は大きく隔たったまま。

 政府と沖縄県の協議について、琉球新報は2015年8月30日、「米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐる県と政府の集中協議の第4回会合が29日、那覇市内のホテルで開かれた。協議に先立って菅義偉官房長官と意見交換した自民県連の具志孝助幹事長によると、菅官房長官は県連役員らに『工事は予定通り(集中協議の)1カ月が終わったら再開する』と述べた。協議最終回の第5回を前にした4回目の会合でも、双方の主張は大きく隔たったままだ。」と、報じた。
 また、沖縄県側については、「翁長雄志知事は協議終了後、『協議が延期されなければそこからの対応になる。ありとあらゆる手段を使って辺野古に基地は造らせないということはしっかり持っている』と述べ、期間終了後、辺野古埋め立ての知事承認を取り消すことを示唆した。」と、伝えた。
 普天間飛行場の5年以内の運用停止の問題については、「辺野古移設との関連を尋ねた翁長知事に対し、菅氏は「お互い考え方が違う」などと述べるにとどめ、5年以内運用停止は辺野古移設が前提であることを否定はしなかったという。」とも。
 さらに、今後の協議については、「翁長知事は協議後、記者団に『いずれにしろ厳しい状況だというのははっきりしている。話し合いは今後もシビアになる』と述べた。菅氏は『危険性除去の方法について著しく距離がある』と述べた。」と、報じた。

 翁長沖縄県知事には、辺野古問題『世界は見ている』とする海外著名人の声明を、もしも迷うような時があれば、「苦渋の選択」という迷路に入り込まないために、刻んでいてほしい。


 「翁長知事が埋め立て承認取り消しをしないようなことがあったら、それは違法なプロジェクトに加担するということになる。もちろん翁長知事はそれを分かっているはずであり、決定的な行動に出ないことが沖縄社会に爆発を引き起こすであろうことも分かっているはずだ。
 沖縄の人々は、知事が無条件で妥協や取引も全く伴わない埋め立て承認取り消しを行うことを求め、期待していることを明白にしている。
 我々は沖縄の人々のこの要望を支持する。」


 世界は見ている。
 私達も見ている。

 以下、琉球新報の引用。






琉球新報-菅氏、工事再開を明言 第4回協議 知事、取り消し示唆-2015年8月30日


 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐる県と政府の集中協議の第4回会合が29日、那覇市内のホテルで開かれた。協議に先立って菅義偉官房長官と意見交換した自民県連の具志孝助幹事長によると、菅官房長官は県連役員らに「工事は予定通り(集中協議の)1カ月が終わったら再開する」と述べた。
 協議最終回の第5回を前にした4回目の会合でも、双方の主張は大きく隔たったままだ。翁長雄志知事は協議終了後、「協議が延期されなければそこからの対応になる。ありとあらゆる手段を使って辺野古に基地は造らせないということはしっかり持っている」と述べ、期間終了後、辺野古埋め立ての知事承認を取り消すことを示唆した。
 普天間飛行場移設問題の原点について、サンフランシスコ講和条約で沖縄が日本から切り離されたことや米軍による土地の強制接収などによる「(県民の)魂の飢餓感が原点だ」とする翁長知事に対し、菅氏は「19年前の橋本・モンデール会談が原点だ」と説明した。
 普天間飛行場の5年以内の運用停止について、辺野古移設との関連を尋ねた翁長知事に対し、菅氏は「お互い考え方が違う」などと述べるにとどめ、5年以内運用停止は辺野古移設が前提であることを否定はしなかったという。
 米軍北部訓練場の早期返還について、菅氏は返還の条件とされる高江ヘリパッド建設に根強い反対の声があることを挙げ、県に協力を求めた。翁長知事は要請を受けたとの形にとどめ、「今、応えるわけにはいかない」と返答した。
 翁長知事は協議後、記者団に「いずれにしろ厳しい状況だというのははっきりしている。話し合いは今後もシビアになる」と述べた。菅氏は「危険性除去の方法について著しく距離がある」と述べた。


by asyagi-df-2014 | 2015-08-31 05:25 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧