「安保関連法案」に対して、法律の専門家及び全国の大学の「有志の会」が、「反対」の意思表示をする。

 「安保関連法案」を巡って、朝日新聞は2015年8月27日、「参院特別委で審議中の安全保障関連法案を巡って、元最高裁判事や元内閣法制局長官、憲法学者など法律の専門家ら約300人が26日、弁護士会館(東京都千代田区)に集まり、法案を「違憲」と指摘した上で反対の意思を示した。」、「安保関連法案に反対して、全国の大学で教員や卒業生らがつくる『有志の会』も26日、都内で共同記者会見を開いた。現時点で少なくとも108の大学が反対声明を出しており、うち80大学から教員ら250人が集まった。」と、報じた。
 この法律の専門家の集まりについて、「日弁連が専門家らを一堂に集め、立場の違いを超えて訴えようと企画。出席者の一人、中野晃一・上智大教授(政治学)は『法曹、憲法学の最高権威が並んだ。こんな場は見たこともない』」と評した。」と、伝えた。
 また、この集まりでの発言について、次のように報じた。


 「終戦時9歳だったと語り始めた元最高裁判事の浜田邦夫さんは『戦後民主主義教育の第一陣と自負する世代として容認できない』と安保法案の廃案を求めた。元最高裁判事の那須弘平さんも『法案正当化の解釈変更が広く国民に受け入れられるか、強い疑問がある』とメッセージを寄せた。
 内閣法制局長官経験者からは2人が登壇。大森政輔さんは、歴代内閣が集団的自衛権を『一貫して違憲と結論づけてきた』とした上で「(安倍政権は)閣議決定で覆し、法的安定性を自ら害した』と発言した。
 宮崎礼壹(れいいち)さんも『集団的自衛権は、自国が攻撃されていないのに他国間の紛争に介入する権利。憲法9条の容認するものであるはずがない』と指摘した。」


 さらに、「会見後には法曹以外の学者らも参加し、日比谷野外音楽堂で集会を開いた。会場内外に約4千人(主催者発表)が集まり、集会後に国会まで行進した。」。 

 この集会での次の発言を、この「安保関連法案」を考える上で、肝に銘じたい。


 「日本国憲法の体制の連続性、法的連続性が断たれるという事態は、革命もしくはクーデターだ」(石川健治・東大教授〔憲法学〕)。
 「憲法の危機のみならず、知性、学問、大学の危機だ」(上野千鶴子・東大名誉教授〔社会学〕)。

 以下、朝日新聞の引用。






朝日新聞-元最高裁判事・法律家…300人集い、安保法案「違憲」-2015年8月27日


 参院特別委で審議中の安全保障関連法案を巡って、元最高裁判事や元内閣法制局長官、憲法学者など法律の専門家ら約300人が26日、弁護士会館(東京都千代田区)に集まり、法案を「違憲」と指摘した上で反対の意思を示した。

 日弁連が専門家らを一堂に集め、立場の違いを超えて訴えようと企画。出席者の一人、中野晃一・上智大教授(政治学)は「法曹、憲法学の最高権威が並んだ。こんな場は見たこともない」と評した。

 終戦時9歳だったと語り始めた元最高裁判事の浜田邦夫さんは「戦後民主主義教育の第一陣と自負する世代として容認できない」と安保法案の廃案を求めた。元最高裁判事の那須弘平さんも「法案正当化の解釈変更が広く国民に受け入れられるか、強い疑問がある」とメッセージを寄せた。

 内閣法制局長官経験者からは2人が登壇。大森政輔さんは、歴代内閣が集団的自衛権を「一貫して違憲と結論づけてきた」とした上で「(安倍政権は)閣議決定で覆し、法的安定性を自ら害した」と発言した。

 宮崎礼壹(れいいち)さんも「集団的自衛権は、自国が攻撃されていないのに他国間の紛争に介入する権利。憲法9条の容認するものであるはずがない」と指摘した。

 会見後には法曹以外の学者らも参加し、日比谷野外音楽堂で集会を開いた。石川健治・東大教授(憲法学)は「日本国憲法の体制の連続性、法的連続性が断たれるという事態は、革命もしくはクーデターだ」。上野千鶴子・東大名誉教授(社会学)は「憲法の危機のみならず、知性、学問、大学の危機だ」と話した。会場内外に約4千人(主催者発表)が集まり、集会後に国会まで行進した。(後藤遼太)

■108大学が反対声明

 安保関連法案に反対して、全国の大学で教員や卒業生らがつくる「有志の会」も26日、都内で共同記者会見を開いた。現時点で少なくとも108の大学が反対声明を出しており、うち80大学から教員ら250人が集まった。

 「有志の会」は7月ごろから各地の大学で立ち上がり始めた。それぞれが声明文を出し、署名を集めてきたが、共同で行動するのは初めて。声明をまとめた冊子を同日、全参院議員の事務所に渡し、廃案を要請した。

 会見には創価大・創価女子短大の「有志の会」からも出席。非常勤講師の佐野潤一郎さんは、同日までに1557人の署名が集まったとした上で、「安倍政権は憲法を無視して法案を通そうとしている。我々は絶対同調できない。私たちの大学出身の公明党議員にもぜひ反対していただきたい」と話した。


by asyagi-df-2014 | 2015-08-27 09:11 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧