沖縄から-米陸軍UH60ヘリ墜落(2)

 米陸軍UH60ヘリの墜落の続報として、沖縄タイムスは2015年8月13日、次のように報じた。

 「防衛省によると、事故機に陸自隊員2人が搭乗し、1人が骨折の疑い、1人は裂傷のけがを負った。訓練に参加していたという。2人はいずれも2曹の男性で、国際平和協力活動やテロ対策などの専門部隊「中央即応集団」に所属する40歳と33歳。」

 管官房長官との初協議を前にした翁長沖縄県知事は、「会談冒頭に『やっぱり基地のそばに住んでいる人には大変なこと』と基地被害の実態を突きつけた。会談後、記者団の質問にも『車の交通事故も日常的だが、(日米安保条約上の過重負担で)こういうことが起こるのは、やはりそこに住んでいる人間からするととても耐えられない』と訴えた。」と、伝えた。

 また、このヘリ墜落事故については、米メディア等も報道した。
さらに、「米軍の戦闘機F16が11日、ドイツ南部で墜落した。操縦士は墜落直前にパラシュートを使って脱出し、軽傷を負った。」と、報じた。

 以下、沖縄タイムスの引用。






沖縄タイムス- 米軍ヘリが墜落 沖縄・伊計島沖 6人重軽傷、陸自隊員も-2015年8月13日 07:20


 12日午後1時45分ごろ、米陸軍所属のH-60型ヘリコプターがうるま市伊計島の南東約14キロの沖合で、米海軍の輸送艦「レッド・クラウド」への着艦に失敗し、墜落した。尾翼部分が折れるなど機体が損傷、乗員17人が救助された。在日米軍の発表では、負傷した6人がキャンプ瑞慶覧の海軍病院に搬送された。日本側には、けが人は7人と伝えられている。事故は名護市辺野古の新基地建設問題で翁長雄志知事と菅義偉官房長官が初協議を開く直前に起きた。

 防衛省によると、事故機に陸自隊員2人が搭乗し、1人が骨折の疑い、1人は裂傷のけがを負った。訓練に参加していたという。2人はいずれも2曹の男性で、国際平和協力活動やテロ対策などの専門部隊「中央即応集団」に所属する40歳と33歳。

 事故機は輸送艦の甲板上に横たわっている。第11管区海上保安本部によると、米軍から事故機はUH60ヘリコプターという情報を受けたという。

 一方、同日午後1時20分ごろ、米軍嘉手納基地から米本土所属とみられるMH60ヘリ3機が読谷方面へ離陸し、同4時前に2機だけが基地に戻ったのが確認された。3機の機体には61~63の番号が書かれていた。海保の撮影した事故機には「63」の数字が確認でき、事故機はUH60ではなく、MH60の可能性がある。

 目撃者によると、同機は約3週間前に嘉手納基地に飛来し、訓練を続けていたという。所属は不明。

 海保には午後3時ごろ、キャンプ瑞慶覧の憲兵隊から「名護市からうるま市の沖合にヘリコプターが落ちた。救助を要請する」と通報があった。ヘリ2機、巡視船艇4隻を現場付近に派遣し、捜索に加わった。

 沖縄防衛局は午後3時45~50分ごろ、県やうるま市、沖縄市、北谷町など関係自治体に「嘉手納基地沖に米軍機が墜落した」と情報を送った。県は情報収集した上で、13日にも原因究明と公表、再発防止の徹底を申し入れる。

 翁長知事は、菅官房長官と初協議を開く直前に連絡を受けた。会談冒頭に「やっぱり基地のそばに住んでいる人には大変なこと」と基地被害の実態を突きつけた。

 会談後、記者団の質問にも「車の交通事故も日常的だが、(日米安保条約上の過重負担で)こういうことが起こるのは、やはりそこに住んでいる人間からするととても耐えられない」と訴えた。

 菅官房長官は「極めて遺憾で、米側に迅速な情報提供と原因究明、そして再発防止を強く申し入れた」と語った。

 沖縄での米軍機の墜落事故は1972年の本土復帰以降、46件目。11年前の2004年8月13日には、普天間飛行場に隣接する沖縄国際大でヘリ墜落事故が起きている。


沖縄タイムス-ヘリ墜落:米メディアも速報 沖縄県民の反基地運動に言及-2015年8月13日 07:40


 米主要局NBCテレビやFOXニュースは「米陸軍ヘリが着艦訓練中に墜落、乗員17人のうち7人負傷」などと事故の概要を速報。米主要紙USAトゥデーは「米陸軍ヘリが艦船上にハードランディング(急激に降下したたきつけられるような着艦)」と報じた。

 ロイター通信は「事故は、議論を呼んでいる米海兵隊飛行場の移設問題をめぐり、日本の中央政府と沖縄県知事が協議を始める直前に起きた」と指摘した上で、「多くの住民が米軍基地を事故や犯罪、汚染などと関連づけている」などと説明。米軍準機関紙「星条旗」は「沖縄でのヘリの運用は、抗議運動で議論の対象となってきた問題で、今回のような事故は2014年と13年に起きている」と述べ、「今週起きた米軍の事故は、ドイツ南部のF16墜落に続いて2件目」と報じた。

 英BBCニュースは「沖縄で新基地建設計画が予定されているが、県当局者らは反対している」と事故が政府と県の集中協議が始まる直前に起きた点に注目。AP通信は「日米両政府は1996年に米軍普天間飛行場の移設計画を立案したが、沖縄県民は懸念している」と多くの住民が新基地建設に反対する理由を説明した。


沖縄タイムス-独でも米軍機墜落 訓練のF16操縦士軽傷-2015年8月13日 07:40


 【平安名純代・米国特約記者】米軍の戦闘機F16が11日、ドイツ南部で墜落した。操縦士は墜落直前にパラシュートを使って脱出し、軽傷を負った。

 米空軍によると、墜落したのはドイツ西部トリーア近隣のシュパンダーレム米空軍基地の所属機で、通常訓練中だった。墜落原因など詳細は不明。

 米CNNなど複数のメディアによると、戦闘機はドイツ南部バイエルン州バイロイト近くの森林地帯に墜落。パイロットはパラシュートで脱出後、近くの森林に着地したところを保護された。また墜落現場周辺で火災が発生したため、地元警察当局と消防隊が消火活動に当たっている。

 F16をめぐる事故は頻出。7月7日には米サウスカロライナ州で米空軍F16と民間小型機が空中衝突し2人が死亡、6月27日にはアリゾナ州で夜間訓練中に墜落している。嘉手納基地には6月から米バーモント州空軍所属のF16戦闘機10機が配備されている。


沖縄タイムス- ヘリ墜落の原因は低空飛行中クレーン接触か 制圧訓練で事故-2015年8月13日 12:59


 沖縄県うるま市沖で訓練中の米陸軍ヘリコプターが米艦船上へ墜落した事故で、ヘリは何者かに乗っ取られた船を制圧するとの想定で訓練を行っていたことが13日、日本政府関係者への取材で分かった。

 ヘリは低空飛行中に船の甲板上のクレーンなどに接触して墜落したとみられ、在日米軍は当時の状況や事故原因を調べている。

 また、搭乗していて負傷した陸上自衛隊の2人が、中央即応集団の中でテロ・ゲリラ対処などを担う特殊部隊「特殊作戦群」所属であることも判明した。

 関係者によると、訓練は米陸軍特殊部隊員がヘリから降下し、武装勢力から船を奪還する内容。陸自特殊部隊員は、米陸軍特殊部隊の作戦、訓練を学ぶ研修の一環として搭乗していた。

 海上保安庁などによると、事故は12日午後1時46分ごろ発生。うるま市の伊計島から南東約14キロの太平洋上で、訓練中の米陸軍ヘリが、米艦船の甲板上に墜落した。ヘリには17人が乗っており、陸自隊員2人を含む6人がけがをした。(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2015-08-13 14:02 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧