原発問題-規制委員会は、30年越の川内原発1号機に認可の方針。

<p align="left"> 毎日新聞は2015年7月10日、川内原発1号機の30年を超える運転に関して、「原子力規制委員会は、九州電力が8月中旬の再稼働を目指す川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県、出力89万キロワット)について、30年を超える運転を今月29日にも認可することを決めた。1号機では10日未明、核燃料の装着作業が完了したが、再稼働までに認可が間に合う見通しとなった。」と、報じた。<br> これまでの「市民団体や野党の国会議員からは認可なしの再稼働に批判が相次いでおり、規制委の田中俊一委員長は6月の記者会見で『法律上の枠組みが一般的感覚としては理解しがたいことはよく分かる』と述べていた。」という状況を、再稼働にあわせた形である。<br> <br> 安倍晋三政権の再稼働ありきの姿勢に、規制委員会は、主体的に同調している。</p><p align="left"> 以下、毎日新聞に引用。<hr><br><p></p>



<p align="left"><strong>毎日新聞-川内原発1号機:30年超の運転 29日にも認可 規制委-2015年07月10日 </strong></p><p align="left"> <br> 原子力規制委員会は、九州電力が8月中旬の再稼働を目指す川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県、出力89万キロワット)について、30年を超える運転を今月29日にも認可することを決めた。1号機では10日未明、核燃料の装着作業が完了したが、再稼働までに認可が間に合う見通しとなった。<br> <br> 1号機は昨年7月に運転開始から30年を迎えた。原子炉等規制法は、30年を超えて運転する原発に対し、機器の劣化の評価や管理方針を定めることを電力会社に義務付けているが、再稼働の条件には含まれていない。</p><p align="left"> 市民団体や野党の国会議員からは認可なしの再稼働に批判が相次いでおり、規制委の田中俊一委員長は6月の記者会見で「法律上の枠組みが一般的感覚としては理解しがたいことはよく分かる」と述べていた。【酒造唯】<br></p>
by asyagi-df-2014 | 2015-07-12 16:06 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧