労働者派遣法改正案が与党の賛成多数で衆議院本会後で採決された。

 朝日新聞は、2015年6月19日、「派遣社員の受け入れ期間の制限を事実上なくす労働者派遣法改正案が19日午後の衆院本会議で採決され、与党の賛成多数で可決された。今後は参議院で審議されることになる。与野党で激しく対立してきた同法案は成立に近づいた。」と、報じた。

 これまでも、2度廃案になった法案が成立したことにより、このままでは労働者側はより厳しい状況に追い込まれる。、

 以下、東京新聞の引用。






朝日新聞-派遣法改正案、衆院を通過 与党の賛成多数で可決-2015年6月19日


 派遣社員の受け入れ期間の制限を事実上なくす労働者派遣法改正案が19日午後の衆院本会議で採決され、与党の賛成多数で可決された。今後は参議院で審議されることになる。与野党で激しく対立してきた同法案は成立に近づいた。

 改正案は、派遣先の会社が労働組合などの意見を聞いた上で、人を入れかえれば同じ仕事をずっと派遣社員に任せることができるようになる内容。社員の仕事が派遣に置きかわりかねないとして、一部の野党は「生涯派遣になる法案だ」などと批判している。

 法案は12日の衆院厚生労働委員会で審議が打ち切られたが、民主などが「丁寧に質疑をすべきだ」と反発。安倍晋三首相も出席して19日午前中に補充的な質疑をした。採決では民主、維新、共産が反対したが与党の賛成で可決。本会議にもはかられ、可決した。

 委員会では、派遣社員の待遇改善をめざして維新や民主が提案した「同一労働・同一賃金」を進める法案も採決。自公と維新は「待遇の均等の実現を図る」という文言に、待遇の差を認める余地を残す「均衡」の言葉を加える修正案を提出。修正を加えた案を自公と維新の賛成で可決し、本会議でも可決した。

 派遣法改正案は野党の反対が強いほか、条文ミスや衆院解散もあり、これまで2度廃案になった。今回も派遣法に関する厚労省の説明資料に不適切な記載があることが発覚したり、日本年金機構から個人情報が流出する問題が起きたりして審議は難航していた。(末崎毅)


by asyagi-df-2014 | 2015-06-19 17:03 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧